無いとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 状態 > 無い > 無いの意味・解説 

な・い【無い】

[形][文]な・し[ク]

物事存在しない。「あやしい節は—・い」「読書飽きることは—・い」

持っていない。「金が—・い」「子供が—・い」「信用が—・い」「品が—・い」「魅力が—・い」

時間数量などが、その表示された数に達していない。「開演まで五分も—・い」「海岸まで一〇〇メートルと—・い」

気持ちをもたない。心がはっきりしていない。「正体—・く酔っている」「まるでやる気が—・い」

経験ていない。「見たことが—・い」

同じ物が二つ存在しない類がない。「またと—・い珍品

(「亡い」とも書く)すでに死んで、この世にいない。「母の—・い子」「私は—・い者と考えください

留守である。不在である。

老いらくの来むと知りせば門さして—・しと答へて逢はざらましを」〈古今・雑上〉

形容詞型・形容動詞活用の語の連用形に付いて、打消しの意を表す。「あの映画おもしろく—・い」「そんな話は聞きたく—・い」「後悔なんて君らしくも—・い」「人が言うほどきれいで—・い」「申し出受け入れられそうに—・い」「見た目ほど忙しいようでは—・い」

㋑(「…ないではない」「…ないこともない」などの形で)すっかり否定しきらないで、いくらか認めるさま。「言い分わからないでも—・い」「条件によっては承知できないことも—・い」

㋒(「…ではないか」などの形で)確認したり念を押したりする意を表す。「あれほど説明したでは—・いか」「やればできるじゃ—・いか」

㋓(「…しようではないか」などの形で)勧誘したり催促したりする意を表す。「ともに頑張ろうでは—・いか」「やってみせようじゃ—・いか」

㋔(「…のではない」などの形で)否定禁止の意を表す。「人をからかうものでは—・い」「頭で覚えるんじゃ—・い、からだで覚えるんだ」

㋕(「…ともなく」などの形で)はっきりしないままそれが行われるさま。「聞くとも—・く話を聞く」「降るとも—・く降り続く

㋖(「お…でない」などの形で)禁止の意を表す。「調子に乗っておふざけで—・い」

10 名詞に付いて、否定の意を含む形容詞をつくる。「こころ—・い」「違い—・い」「面目(めんぼく)—・い」

[派生] なげ形動なさ[名]

[下接句] 味も素っ気もない(あり)の這(は)い出る隙(すき)もない・合わせる顔がない生きた空がない痛くも痒(かゆ)くもない一言(いちごん)もない応接に暇(いとま)がない・影も形もない神も仏もない薬にしたくもない芸がない是非もない・只(ただ)より高いものはない・血も涙もない取り付く島がない鰾膠(にべ)もない・根も葉もない恥も外聞もない非の打ち所がない方図(ほうず)がない枚挙に遑(いとま)がない・身の置き所がない・身も(ふた)もない・身も世もない・見る影もない・目がない・元(もと)も子もない・油断も隙もない欲も得もない・埒(らち)もない・立錐(りっすい)の余地もない・渡る世間に鬼はない・瓜(うり)に爪(つめ)あり爪に爪なし可もなく不可もなし稼ぐに追いつく貧乏なし顔色なし眼中人無し看板に偽りなし鬼神横道(おうどう)なし・国に二君なし恋に上下の差別なし恒産なきものは恒心なし・触らぬ神に祟(たた)りなし・三界に家無し山中暦日なし死人に口なし備えあれば患(うれ)いなし・大事の中に小事なし玉磨かざれば光なし・天に二日(にじつ)無し名ありて実なし武士に二言無し目に一丁字なし名所に見所なし名物に旨(うま)い物なし本木(もとき)にまさる末木(うらき)なし・野(や)に遺賢無し勇将の下に弱卒無し行くとして可ならざるはなし


な・い【無・莫・勿・毋・无・亡】

〔形口〕 [文]な・し 〔形ク〕

[一] 存在しない

① …が存在しない所有しない。具備しない。

古事記(712)上・歌謡「汝を置(き)て 男は那志(ナシ)」

源氏100114頃)帚木なよびかにをかしきことはなくて」

② (①の特殊な場合

(イ) 家にいない。不在である。

古今(905‐914)雑上・八九五おいらくのこむとしりせばかどさしてなしとこたへてあはざらましをよみ人しらず〉」

源氏100114頃)夕顔少将のなき折に見すれば心うしと思へど」

(ロ) (亡) 世にない。故人になっている。→亡き

万葉(8C後)三・四四六吾妹子が見し鞆の浦のむろの木は常世にあれど見し人そ奈吉(ナキ)」

土左(935頃)承平四年一二二七日「あるものと忘れつつなほなき人をいづらと問ふぞ悲しかりける」

抽象的事柄について、その実現の否定表わす

(イ) 実現しない。事が起こらない。主として「…することなし」の形で、用言の意味を打ち消す。

書紀720雄略一三年三月・歌謡「馬の八匹(やつぎ)は 惜しけくも那斯(ナシ)」

源氏100114頃)明石「行ひより外のことなくて月日を経るに」

(ロ) 主として「…せずといふことなし」「…せざるはなし」などの形で、二重否定から「すべて…する」の意を表わす

守護国界陀羅尼経平安中期点(1000頃)四「難行苦行したまふこと経すといふこと靡(ナシ)」

(ハ) (「なきようなり」の形で) 正体がない。魂を失っている。

源氏100114頃)賢木「なかばはなきやうなるみけしきの、心ぐるしければ」

(ニ) 世間からみすてられている。→なき(無)になす。

源氏100114頃)薄雲中頃身のなきに沈み侍りしほど」

事実がない。無実である。不当である。→なき(無)名。

大鏡(12C前)二「なきことよりかくつみせられ給ふを」

(5) またとない。外にない。比べものがない

十訓抄(1252)一〇「なきすき者にて、朝夕琴をさしおく事なかりけり」

引越やつれ(1947)〈井伏鱒二〉巣館「いい年して、みっともないったらないわ」

[二] 補助的に用いて否定の意を表わす

形容詞活用連用法を受ける。

源氏100114頃)柏木年頃下の心こそ懇に深くなかりしか」

副詞「さ」「かく」などを受ける。→さなきだにさもない

(10C終)四一「よる鳴くもの、なにもなにもめでたし。ちごどものみぞさしもなき」

③ 「である」の打消。あらず。

(イ) 体言に付いた助動詞「なり」「だ」、また、形容動詞連用法を受ける。

*竹取(9C末‐10C初)「ここにつかはるる人にもなきにねがひをかなふること嬉しさ

(ロ) 打消の語に付いた助動詞「だ」の連用法を受ける。全くは否定せず、いくぶん存在認めるさま。…しないわけではない

多情多恨(1896)〈尾崎紅葉〉前「気拙くないでも無かった折から

(ハ) 「ではないかじゃないか)」の形で、動詞形容詞終止形形容動詞語幹および体言を受けて、予想外事に驚いた気持相手判断同意求め、また問いただし、詰問する気持表わす

洒落本辰巳之園(1770)「お前はさっき来なさうたじゃねエか」

(ニ) 「ではないかじゃないか)」の形で、動詞未然形助動詞「う」「よう」の付いたものを受けて、相手同意求め勧誘する気持表わす

洒落本売花新駅(1777)楼上興「コレむすこ、たれぞ呼にやろうではねえか」

用言に付いた連語「のだ」の連用法を受ける。

(イ) 否定的説明。「それはほめるのではない、けなすのだ」

(ロ) 禁止言いきかせ。「泣くんじゃないよ」「見るんじゃない」

(5) 接頭語「御(お・おん・ご)」を冠した動詞連用形に付いた助動詞「だ」の連用法を受ける。

(イ) 「お…だ」の打消。「…しない」「…していない」の意の尊敬語

滑稽本素人狂言紋切形(1814)上「イイエおまへは三升をおほめでないから、私もほめません」

(ロ) いくらか礼儀のある禁止同輩または目下用いる。

滑稽本浮世風呂(1809‐13)二「おめへも亭主を持ったら弓断をお仕でないよ」

(6) 接頭語「御(お・おん・ご)」を冠した動詞連用形に付いて、敬意のある打消表わす

寛永刊本蒙求抄1529頃)七「下の邪正を、御知りなうてはぢゃそ」

(7) 引用表わす助詞「と」を受ける。

(イ) 「と」が動詞活用終止形に付く。その事態が起こっていないこと、また、自覚また確認できないことを表わす

万葉(8C後)二・二一二「衾道(ふすまぢ)を引出の山に妹を置きて山路を行けば生けりとも無(なし)」

(ロ) 「と」が動詞活用終止形に付く。明確でないさまでその事態の起こっていることを表わす。「だれ言うとなく」「聞くともなし聞いていた」「降るともなき春の雨

(ハ) 「と」が体言または引用句に付く。それと指定しないこと、限定されないさまを表わす。「大小」「昼夜」など対語に付くもの、「いつとなく」「どことなく」「そこはかとなく」など不定の語に付くものも多い。

万葉(8C後)一二・三一九六「春日野浅茅が原におくれ居て時そとも無(なし)あが恋ふらくは」

(8) 他動詞連用形助詞「て(で)」の付いたものを受ける。動作が起こらなかった状態にあることを表わす。「名前はまだつけてない」「届は出してないが、休むつもりだ」「見てもない手紙には返事書きようがない」

[語誌](1)もともと「なし(ない)」は、事物存在表わす「あり」の対義語にあたる。(一)上代から用いられ、「あり」の打消にあたる「あらず」が、「美しく(は)あらず」「木に(は)あらず」のように補助的な用法主とするのと用法分けあっていた。
(2)(二)補助的な用法は、新たに発達しだしたもので、(7)の「と」を受ける例は「万葉集」などにも見られ比較早いが、その他の①「美しく(は)なし」、②「さ(も)なし」、③「木に(は)なし」などの用法は、平安時代にはきわめてまれである。一般には中世以後発達して、「あらず」と交替するようになった
(3)語の一部として「ない」の用いられることがある。「心ない」「情けない」「さりげない」など。ただし、「はしたない」などの類の「ない」は、形容詞作る接尾語であって、この形容詞の「ない」とは別ののである考えられる。→接尾語「ない」。
(4)活用形として「なく・なし・なき・なけれ」のほか、上代には未然形已然形に「なけ」がある。「万葉三四二一」の「わがへには故はなけども子らによりてぞ」など。なお、副詞法の「なく」にあたるところに、「なしに」が用いられることがある。→なけなくに
(5)「あり」の結合した「なかり」は、上代には連用形「なかりけり・なかりし」、終止形わぎもこに恋ひすべなかり」、連体形ほととぎす無かる国・すべ無かるべし」、已然形「神は無かれや」、命令形「浦吹く風の止む時無かれ」などの例があるが、平安時代には、補助活用としてもっぱら未然形「無からむ」など、連用形「無かりけり」など、連体形「無かるべし」などの助動詞への連接形が用いられ、また特に命令形「なかれ」は、「きることなかれ」「見るなかれ」など禁止の語として、特別の用法をもつようになった。→なかれ。
(6)中世以降口語では、連体形「なき」の音便形「ない」を終止法、連体法用いることが普通になった。この「ない」は、江戸語では口頭でしばしば「ねえ」となっている。また、江戸語では、「なし」が次のように終止や「か」を付け質問用いられる。「洒・辰巳之園」の「主はなんと深川へいく気はなしか」、「滑・浮世風呂‐二」の「出好(でずき)での、内に尻が居(すは)る間なしさ」など。
(7)「ない」は、様態の助動詞「そうだ」に続くとき、語幹から接尾語「さ」を介して続く。
(8)「でない」その他否定叙述のため補助的に用いられる「ない」「なし」を、品詞分類上で助動詞とする説もある。ただし、用法上は、「知らない」「見せられない」などの「ない」と混同することはできない
(9)他動詞を受ける「てない」に対して現代口語としては、「見てる」「咲いてる」などの否定の「見てないとわからない」「花はまだ咲いてなかったよ」などがあるが、これらは、「ている」「ていない」などの融合した形で、区別される必要がある。→てる。
(10)「…たことはない」という表現は、経験のないことを表わす。「見たことも聞いたこともない」など。また、「…することはない」には、「…するほどのことはない」と同じく、することが不必要、しないほうがよいことを表わす場合がある。「洒・世説新語茶粋事」の「ばかな泣事アねへ」や「たけくらべ樋口一葉〉一〇」の「喧嘩相手に成るといふ事は無い」など。また、「…までもない」は、することが不必要、しないでもちろん十分の意を表わす。「言うまでもなく」「考えるまでもない」など。
(11)「…よりない」は、「…よりほかはない」「…しかない」と同じ意味に用いられる。「贅沢貧乏森茉莉〉」の「だが何処豪華なのか、といふことになると、首を捻るよりない」など。
(12)「もないものだ」は相手のことばについて、「とはよく言えたものだ」「と言う義理はないはず、すじみちがちがう」とそしる表現。「にごりえ樋口一葉〉一」の「後にも無(ナ)いもんだ来る気もない癖に」など。
(13)補助的に用いる「ない」「なし」を助動詞とする説もある。→ない〔助動〕。
(14)已然形「なけれ」に助詞「ば」「ど」などが付いて、「なけねば」「なけねど」「なけにゃ」などの形に変化した例もみられる。「吉田全盛太夫なれば、これ程まだ五つもなけねば請出されぬ」〔伎・傾城江戸桜‐中〕、「凄い程器量がようなけにゃ、うつらぬ物ぢゃ」〔咄・軽口大黒柱‐五〕、「無理ではなけねど無分別」〔浄・持丸長者金笄剣‐五〕など。


無い

出典:『Wiktionary』 (2018/07/06 05:41 UTC 版)

漢字混じり表記

(ない)

  1. ない 参照



無いと同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「無い」の関連用語

無いのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



無いのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの無い (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS