無学とは?

む‐がく【無学】

[名・形動

学問知識のないこと。また、そのさま。ぶがく。「無学な自分恥じる

仏語煩悩を断ち尽くし、もはや学ぶべきもののな境地阿羅漢果(あらかんか)。「無学位」「無学果」⇔有学(うがく)。


うがく・むがく 【有学・無学】

仏教で、煩悩が断じ切れず、まだ学修することが残っているのを有学といい、学修することがなくなった聖者境地を無学という(一般にいう無学とは逆)。有学は非学とも。

無知

(無学 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/12 10:24 UTC 版)

無知(むち)は、知識のないこと。または知恵のないこと。


  1. ^ 納富信留 (2017年). “哲学の誕生 UTokyo BiblioPlaza”. www.u-tokyo.ac.jp. 東京大学. 2020年10月9日閲覧。
  2. ^ docta ignorantia』 - コトバンク


「無知」の続きの解説一覧

無学

出典:『Wiktionary』 (2018/07/06 05:42 UTC 版)

名詞・形容動詞

(むがく)

  1. 学問を修めていないこと。
  2. 仏教)もはや学ぶ必要がない域に達していること。1とは正反対の意味である。cf.無学祖元

対義語




無学と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「無学」の関連用語

無学のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



無学のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
中経出版中経出版
Copyright (C) 2021 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの無知 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの無学 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 Weblio RSS