譴責とは?

けん責

読み方:けんせき
別表記:譴責

失敗や不正などを厳し咎めること。または、組織における懲戒処分方法のうち、始末書を書かせるなどして強く戒めること。懲戒解雇出勤停止といった一連の懲戒処分の中では、けん責処分は最も軽微処分であるといえる

けん せき [0]

スル
不正・過失失敗などをとがめしかること。 怠業のかどで-する
きびしく責めること。責めうながすこと。督促
戒告」の旧称


譴責

読み方:ケンセキ(kenseki)

不正・過失失敗などをとがめしかること


譴責

・譴責とは懲戒処分一種で、そのうち最も軽く職務上の義務違反に対し将来戒める行為を指す。
始末書顛末書)を提出させる際には戒告の語が用いられる。軽い違背行為に対して行われる処分ではあるが、違背行為反覆防止したり、重い処分警告
行うといった意味もある。
懲戒行使にあたって就業規則での規定が必要で、理由となる事由とこれに対す懲戒種類程度明記されてなければならない


譴責

読み方:ケンセキ(kenseki)

罪、過失をとがめて叱り責めること。

別名 鑓責


譴責

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2011/11/07 11:53 UTC 版)

譴責(けんせき)とは、規則に反した者や信用失墜行為を行った者などに対し、始末書を書かせて提出させ、戒めること。官吏に対する一番緩い叱責であり、法令上では戒告として扱われる。




「譴責」の続きの解説一覧

譴責

出典:『Wiktionary』 (2017/06/24 08:28 UTC 版)

名詞

けんせき

  1. 不正過失咎めること。
  2. 公務員などの業務違反について警告し、将来戒めること。

翻訳

発音

け↗んせき

動詞

活用

サ行変格活用
譴責-する

翻訳




品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「譴責」の関連用語

譴責のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



譴責のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
人事コンサルティングのアクティブ アンド カンパニー人事コンサルティングのアクティブ アンド カンパニー
Copyright© 2020 Active and Company Ltd. All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの譴責 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの譴責 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS