西川 如見とは? わかりやすく解説

にしかわ‐じょけん〔にしかは‐〕【西川如見】

[1648〜1724江戸中期天文地理学者長崎の人。名は忠英。号、求斎(ぐりんさい)。宋学天文暦算を学び儒教的自然観をとりつつ実証主義的見地展開した晩年徳川吉宗仕えた。著「華夷通商考」「町人嚢(ちょうにんぶくろ)」「天文義論」など。


西川 如見 (にしかわ じょけん)

1648〜1724 (慶安元年享保9年)
天文地理学者庶民心情も、世界の地理も、どちらも深く理解した町人学者
天文地理学者長崎生まれ儒学南蛮天文・暦学・地理学などを修めた著した町人嚢」「百姓嚢」では、町人農民道徳平易に説いている。その一方、「増補華夷通称考」では中国西洋南洋風土文化国別にまとめるなど、長崎得た知識をもとに天文、暦、地理関連の先駆的な著述活動行った徳川吉宗招かれ江戸に赴き、天文地理講義行った

 年(和暦)
1651年 (慶安4年) 慶安の御触書公布 3才
1659年 (万治2年) 江戸城本丸造営竣工 11
1663年 (寛文3年) 武家諸法度改定 15才
1681年 (天和元年) 護国寺建立 33才
1682年 (天和2年) 江戸大火八百屋お七火事 34
1687年 (貞享4年) 生類憐みの令 39
1698年 (元禄11年) 江戸大火勅額火事 50
1702年 (元禄15年) 赤穂浪士討ち入り 54
1703年 (元禄16年) 江戸開府100年 55
1705年 (宝永2年) 御蔭参り流行 57
1707年 (宝永4年) 富士山噴火 59
1718年 (享保3年) 御蔭参り流行 70
1719年 (享保4年) 相対済し令 71
1720年 (享保5年) 江戸大火 72
1720年 (享保5年) 江戸町火消しいろは組設置 72
1722年 (享保7年) 小石川病所設置 74


林 鳳岡 1644年1732年 (正保元年享保17年) +4
松尾 芭蕉 1644年1694年 (正保元年元禄7年) +4
徳川 綱吉 1646年1709年 (正保3年宝永6年) +2

西川如見

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/28 04:08 UTC 版)

西川 如見(にしかわ じょけん、慶安元年(1648年) - 享保9年8月10日1724年9月26日))は、江戸時代中期の天文学者。父は同じく天文学者の西川忠益。母は石山宗林の娘。肥前長崎の商家に生まれ育った。名は、忠英、通称は次郎右衛門。別名は恕軒、恕見。居号は求林斎、金梅庵、淵梅軒。


注釈

  1. ^ 上巻では「中華十五省」について、下巻では「外国」(朝鮮・琉球・台湾・ベトナム中北部)と「外夷」(唐人と交易関係のある国(東南アジアの諸国))について、日本からの道程、気候、物産、風俗などを記している[1]
  2. ^ 本書の原本となったのは、長崎清館の大通事の林道栄『異国風土記』(1688年成立)であった[1]
  3. ^ 元禄8年(1695年)に刊行された初版『華夷通商考』について、西川如見は、草稿が自身に無断で出版されたものだと主張し、宝永5年(1708年)に自ら刊行した『増補華夷通商考』を定本としている[2]
  4. ^ 増補部分で、横文字または、無文字の国(ヨーロッパ・アフリカ・南北アメリカなど)について述べ、世界地理書として体系を整えた。増補内容は、在華イタリア人宣教師ジュリオ・アレニの漢訳世界地理書『職方外記中国語版英語版』(明代1623年刊)に拠っている。

出典

  1. ^ a b c 岡田俊裕 2011年 47ページ。
  2. ^ 有坂隆道. “華夷通商考”. 世界大百科事典 第2版. コトバンク. 2020年11月8日閲覧。
  3. ^ 田尻佐 編『贈位諸賢伝 増補版 上』(近藤出版社、1975年)特旨贈位年表 p.41
  4. ^ 8 天経或問”. 東京大学附属図書館. 2020年12月13日閲覧。
  5. ^ 1-1 江戸時代の天文学書”. 神戸大学附属図書館. 2020年12月13日閲覧。
  6. ^ 「崎友会」と「長崎人会」のこと長崎県文化振興課
  7. ^ 西川忠亮『人事興信録』初版 [明治36(1903)年4月]
  8. ^ 西川忠亮(読み)にしかわ ちゅうりょうコトバンク
  9. ^ a b 西川忠亮『人事興信録』第4版 [大正4(1915)年1月]


「西川如見」の続きの解説一覧

「西川 如見」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



西川 如見と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

西川 如見のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



西川 如見のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
江戸net江戸net
Copyright (C) 2022 財団法人まちみらい千代田 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの西川如見 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS