尾形 乾山とは?

おがたけんざん をがた- 【尾形乾山】 ○

1663~1743江戸中期陶工京都の人。光琳の弟。野々村仁清影響京都鳴滝開窯閑雅琳派風の絵付けに、ときに詩歌を賛した独自の色絵陶器乾山風)を作る晩年江戸に出、一時下野しもつけ)国でも作陶。絵にもすぐれ「花籠図」「八ッ橋図」は有名。

尾形乾山

読み方オガタケンザン

1663~1743(寛文3~寛保3)江戸中期京都陶工仁清師事、陶法を学んだ。元禄12年(37歳)鳴滝泉谷に築窯。この窯が京都の乾(北西)に当たるので乾山を窯名とし、みずからも乾山と号し、陶磁器焼いた。得意としたのは白化粧鉄絵染付を使って表現する装飾画風のもので、色絵にも新意匠を生み出し朝鮮中国オランダ渡米陶器模写する研究心旺盛で、磁器京都では初めて焼いている。仁清木米乾山我が国三大陶工と呼ぶひともある。

尾形乾山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/03 02:44 UTC 版)

尾形 乾山(おがた けんざん、 寛文3年(1663年) - 寛保3年6月2日1743年7月22日)は、江戸時代の陶工、絵師。名は惟充。通称は権平、新三郎。号は深省、乾山、霊海、扶陸・逃禅、紫翠、尚古斎、陶隠、京兆逸民、華洛散人、習静堂など。一般には窯名として用いた「乾山」の名で知られる。


  1. ^ 尾形乾山 おがた-けんざん デジタル版日本人名大辞典+Plus
  2. ^ 長谷川公之『贋作 汚された美の記録』 2000年 アートダイジェスト ISBN 4-900455-50-4
  3. ^ 大宮知信『スキャンダル戦後美術史』、2006年
  4. ^ 青柳[2000:228]


「尾形乾山」の続きの解説一覧



尾形 乾山と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「尾形 乾山」の関連用語

尾形 乾山のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



尾形 乾山のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
陶芸三昧陶芸三昧
Copyright 2020 TOUGEIZANMAI All rights reserved.
陶芸三昧陶芸用語辞典
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの尾形乾山 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS