無代とは?

む‐だい【無代】

代価いらないこと。無料


む‐たい【無体/無代/無台】

[名・形動古くは「むだい」とも》

無理なこと。無法なこと。また、そのさま。「—を働く」「—な所業

無体)形のないこと。無形

ないがしろにすること。おろそかにすること。また、そのさま。

仏法を—にし、逆罪を相招く」〈盛衰記・二四〉


む‐だい【無代】

〔名〕 =むだいか無代価

江戸から東京へ(1921)〈矢田挿雲〉七「水戸家所有であったのを移転の際〈略〉無代(ムダイ)で下げ渡されたものださうで」


む‐たい【無体・無代・無台】

〔名〕 (古くは「むだい」とも)

ないがしろにすること。無視すること。軽蔑すること。無にすること。むだにすること。〔色葉字類抄(1177‐81)〕

② (形動) 無理なこと。無法なこと。また、そのさま。

平家13C前)四「よもその物無台にとらへからめられはせじ、入道に心ざしふかい物也」

③ (形動とりわけはなはだしいさま。むやみ。また、副詞的に用いられて、少しも。全然。

塵袋(1264‐88頃)七「琴にはたまのことちに、あなを、あけて、絃をつらぬきたるとかや。無題にたふるることもなくて、よきにこそ」

④ (形動) 全くできないさま。

滑稽本八笑人(1820‐49)初「むだッ口やへらず口は、わる達者だが、少しまじめな事は無体(ムテヘ)なもんだぜ」

(5) (無体) 体をなさないこと。まとまった形になっていないこと。体系的でないこと。

至花道(1420)二曲三体の事「二曲三躰よりは入門せで、はしばし物まねをのみたしなむ事、無躰(ムタイ)枝葉稽古なるべし

(6) 仏語実体がないこと。実在しないもの。無。

清原宣賢式目抄(1534)一条「神は無方無体なれとも、人心に誠あれは、必す感応する所あり」

[補注]語源については「ないがしろ」に「無代」を当て音読したという説と仏教語の「無体」に由来するという二説がある。後者は、法相宗論理許される法を「有体」、論理許されない法を「無体」といい、ここから広く道理の通らないこと」の意で「無体」が用いられ、その結果、「無理無体」といった表現現われたとする


無代

読み方:ムダイ(mudai)

(1)悔ること。ないがしろにすること。軽んじること。
(2)無法、無理。
(3)無駄にすること。
(4)実体がないこと。
(5)江戸語でまったく、全然、どだいなどの意味。

別名 無体無台




品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「無代」の関連用語

無代のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



無代のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS