馬王堆帛書とは?

馬王堆帛書

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2012/08/13 05:38 UTC 版)

1973年12月馬王堆三号漢墓から出土した帛書はくしょ)で、12万余字に及ぶ厖大な量である。帛とは絹のことで、紙が普及するまでは竹簡木簡などの他に絹が使用されていたことを証明している。絹は保存が困難で伝来するものは稀であり、重大な発見となった。内容は、天文星占に関するもの、医学に関するもの、陰陽五行に関するものなどで、これらは前漢文帝12年紀元前168年)の遺物とみられている。これに書かれた文字は、「篆書から隷書に至る過渡的段階にあるもの。」といわれているが、「篆隷中間書というはっきりしないものではなく正しく整形した一書体に定着した新書体である。」との見解もある。

※この「馬王堆帛書」の解説は、「中国の書道史」の解説の一部です。» 「中国の書道史」の概要を見る

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「馬王堆帛書」の関連用語

1
74% |||||


3
74% |||||

4
32% |||||

5
18% |||||


7
12% |||||

8
8% |||||

9
8% |||||

10
8% |||||

馬王堆帛書のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



馬王堆帛書のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの中国の書道史 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2019 Weblio RSS