妙とは?

たえ〔たへ〕【妙】

形動[文]ナリ

思議なまでにすぐれているさま。何ともいえないほど美しいさま。「妙なる楽の音」

きわめてじょうずなさま。

「歌にあやしく―なりけり」〈古今仮名序


みょう〔メウ〕【妙】

[名・形動

いうにいわれぬほどすぐれていること。きわめてよいこと。また、そのさま。「演技の妙」「自然の妙」「言い得て妙だ」

思議なこと。奇妙なこと。また、そのさま。「妙な事件」「夜中妙な音がする」「妙に憎めない人」

《「妙」の字を分解すると「少女となるところから》寺の囲い女僧侶たちの間で用いた語。

庫裡(くり)から―が粗忽(そこつ)に出でて言ひけるは」〈咄・醒睡笑・三〉


みょう【妙】

常用漢字] [音]ミョウ(メウ)(呉) ビョウ(ベウ)(漢) [訓]たえ

言うに言われぬほど美しい。「妙音美妙

深く味があるきわめて巧みである。「妙案妙手妙味妙薬軽妙玄妙巧妙神妙(しんみょう)・神妙(しんびょう)・精妙絶妙即妙・微妙・霊妙」

うら若い。「妙齢

変わっている。不思議だ。「奇妙・珍妙

名のり]ただ・たゆ


みょう 【妙】

仏教用語梵語サットsat薩と音写)の漢訳で、不可思議絶対で、非常に優れていることをいう。簡単に表現できない世界。微妙とも。

読み方:みょう

  1. 僧侶の間にて若い女、又は情婦のことをいふ。女の戒名によく妙の字を用ふ、又妙法の妙の字であるからいつたもの。お説教の時、妙の字を説くに「妙の字は若き女のもつれ髪、いふにいはれず、とくにとかれず」といふ歌をよく用ふ。〔僧侶語〕
  2. 〔僧〕僧侶間にて若い女のことを云ふ。又は情婦のこと。
  3. 僧侶の間にて若い女、又は情婦のことをいふ。女の戒名によく妙の字を用ふ。又妙法の妙の字であるからいつたもの。お説教の時、妙の字を説くに「妙の字は若き女のもつれ髪いふにいはれず、とくにとかれず」といふ歌をよく用ふ
  4. 坊主仲間で若い女のことや情夫のことをいふ。
  5. 僧侶の妾を云ふ。醒酔笑に、或る檀那寺参りしばらく雑談し、たちさまに「明日無菜の斎(とき)を申さん」と云へば、庫裡(くり)からめう忽に出ていひける、「幸の事や明日お坊様精進の日ぢや」とある。又めうは妙で分析すれば少女となる。
  6. 徳川時代、寺の隠し妻広く用ゐられたり。
  7. 坊さんの間で若い女、又は情婦のことをいう。女の戒名によく妙の字を用いるし、又妙法の妙の字から来たもの。お説教のとき、妙の字を説くに「妙の字は若い女のもつれ髪、いうにいわれず、とくにとかれず」という歌をよく用いる。〔僧侶
  8. 坊さんの間で若い女、又は情婦のことをいう。女の戒名によく「妙」の字を用いるし、又妙法からきたもの。お説教のとき、妙の字をとくに「妙の字は若い女のもつれ髪、いうにいわれず、とくにとかれず」という歌をよく用いる。

分類 僧、僧侶僧侶

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

読み方:ミョウ(myou)

所在 青森県八戸市

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

出典:『Wiktionary』 (2020/03/21 15:12 UTC 版)

発音

形容動詞

  1. みょう普通でない道理に合わない。不思議だ。奇妙だ。

名詞

  1. みょう巧みであること。優れていること。

熟語


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「妙」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

妙のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



妙のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
中経出版中経出版
Copyright (C) 2020 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2020 株式会社皓星社 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2020 Weblio RSS