変とは?

へん【変】

【一】[名]

事態移り変わること。変化すること。

不意に風雨の—に出逢うことも」〈鉄腸雪中梅

急に異常な事態の起こること。また、その事態。「承久(じょうきゅう)の変」「万一変に備える」

音楽で、本来の音より半音低いことを示す語。フラット。⇔嬰(えい)。

【二】形動[文]ナリ

普通と違っているさま。ようすがおかしいさま。「変な服装」「車の調子が変だ」

思いがけないさま。「事件変な方向発展した」


へん【変〔變〕】

[音]ヘン(呉)(漢) [訓]かわる かえる

学習漢字4年

それまでとは別の状態になる。かわる。かえる。「変化変革変形変更変色変身変遷変動一変応変激変神変千変転変豹変(ひょうへん)・不変

突然起こる異常な出来事。「変乱異変凶変事変政変・大変・天変地異

普通でない。「変死変人

音楽で、本位音より半音低い音。「変音変記号


読み方:ヘンhen

浄土もしくは地獄の相状を描いた図。

別名 変相図(へんそうず)


異、変

【英】Allo-
読み方:い、へん

異なること、変わることを意味する接頭語

作者綱淵謙錠

収載図書
出版社中央公論社
刊行年月1988.3

収載図書
出版社中央公論社
刊行年月1995.1
シリーズ名中公文庫

収載図書
出版社中央公論新社
刊行年月2001.9
シリーズ名Chuko on demand books


作者車谷長吉

収載図書現代小説 1999
出版社徳間書店
刊行年月1999.5

収載図書金輪際
出版社文藝春秋
刊行年月2002.11
シリーズ名文春文庫


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/16 02:06 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

(へん)

音楽

♭(フラット)と同じ意味をもつ変。
    フラットとは 半音上げるという意味。

関連項目



出典:『Wiktionary』 (2020/03/07 02:11 UTC 版)

発音

名詞

  1. ヘン政治上の事件

形容動詞

  1. かわった奇妙な。
  2. おかしい不審な。

活用

変-だ 形容動詞活用日本語活用
活用
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形
だろ だっ

なら 無し
活用形基礎的結合
意味 語形 結合
推量意志 変だろう 未然形 + う
過去・完了 変だった 連用形 + た
否定 変でない 連用形 + ない
自動詞 変になる 連用形 + なる
言い切り 変だ 終止形のみ
名詞 変なこと 連体形 + こと
仮定条件 変ならば 仮定形 + ば
様態 変そうだ 語幹 + そうだ

動詞

文語変ず/(口語変じる

  1. ヘン変化する。

接頭辞

  1. 音楽半音下がった。フラットの。

熟語

外部リンク


出典:『Wiktionary』 (2020/03/25 02:05 UTC 版)

発音

熟語



※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「変」の関連用語

変のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



変のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
国立医薬品食品衛生研究所国立医薬品食品衛生研究所
COPYRIGHT (C) 2021 National Institute of Health Sciences ALL RIGHTS RESERVED.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの変 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)、 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS