金輪際とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > > 金輪際の意味・解説 

こん りんざい [3] 【金輪際】

( 名 )
〘仏〙 大地の下百六十由旬深さにある金輪の底。世界の果て。 「下化衆生を表して-に及べり/謡曲山姥
( 副 )
(下に打ち消しの語を伴って絶対二度と繰り返さないという強い決意確信を表す。決して。 「 -助けてやるものか」
どこまでもとことん。 「聞きかけたことは-聞いてしまはねば気がすまぬ/滑稽本膝栗毛 6


金輪際

読み方:コンリンザイ(konrinzai)

物事極限


金輪際

読み方:コンリンザイ(konrinzai)

底の底まで、とことん


金輪際

作者車谷長吉

収載図書金輪際
出版社文藝春秋
刊行年月2002.11
シリーズ名文春文庫


金輪際

読み方:こんりんざい

  1. 仏説大地厚さ一百六十旬ある其底のこと。
  2. 底の底まで、どこまでもの意。仏説に、大地六十由旬の底に金輪があるということから出た語。

分類 東京

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

須弥山

(金輪際 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/07/08 22:35 UTC 版)

須弥山(しゅみせん、旧字体:須彌山サンスクリット:Sumeru)は、古代インド世界観の中で中心にそびえる山。インド神話メール山スメール山(su- は「善」を意味する接頭辞)の漢字音訳語。






「須弥山」の続きの解説一覧





金輪際と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「金輪際」の関連用語

1
決して 国語辞典
100% |||||

2
二度と 国語辞典
100% |||||








10
58% |||||

金輪際のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



金輪際のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2018 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの須弥山 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS