謀計とは?

ぼう‐けい【謀計】

はかりごと相手をだます計略謀略。「謀計をめぐらす


ぼう‐けい【謀計】

〔名〕

はかりごと相手をだます計略。てだて。謀略

続日本紀天平宝字八年(764)九月丙午「若有勇士。自能謀計、急為剪除者、即当重賞

平治(1220頃か)中「経宗・惟方の謀計はあらはれけるにや」〔呉越春秋勾践帰国外伝

江戸時代犯罪一つ謀書・謀判をはじめ、謀略をめぐらした犯罪総称。特に、公儀幕府に対して行なったものは「重き謀計」と称された。

禁令考‐後集第四・巻三二・寛保二年(1742)二月二九日「初箇条科人文言謀計と書改、末之重き謀計は相除可申候」


謀計

作者森岡浩之

収載図書星界の断章 2
出版社早川書房
刊行年月2007.3
シリーズ名ハヤカワ文庫JA




謀計と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「謀計」の関連用語

謀計のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



謀計のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS