駆使とは?

く‐し【駆使】

[名](スル)

追いたてて使うこと。こき使うこと。「使用人を駆使する」

自由自在使いこなすこと。「最新技術を駆使する」


かり‐つか・う ‥つかふ 【駆使】

〔他ハ四〕 追いまわして使う。

観智院三宝絵(984)中「外国より来れる人あれば其の名をたづね注して雑役におほせてかりつかひ調(てう)庸を付


く‐し【駆使】

〔名〕

① (━する) 追いたてて使うこと。

続日本紀和銅二年(709)一〇月丙申「容浮浪逃亡仕丁、私以駈使」

丸善三越1920)〈寺田寅彦〉「此等人々を駆使して居る家主が」〔古詩‐為焦仲卿妻作詩

② (━する) 思いのままに使うこと。自由自在使いこなすこと。

一年有半(1901)〈中江兆民〉二「善く文字を駆使して左右宜し

仏家や寺などで、使用する者。

庭訓往来(1394‐1428頃)「禅家方者〈略〉従僧・駆使」


駆使

読み方:クシ(kushi)

追い立てて使うこと


駆使

出典:『Wiktionary』 (2014/03/24 09:55 UTC 版)

名詞

 使(くし)

  1. 追い立て使うこと。
  2. 思い通り使いこなすこと。

発音

く↗し↘
く↘し

動詞

活用

サ行変格活用
駆使-する



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「駆使」の関連用語

駆使のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



駆使のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの駆使 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS