抱擁とは?

抱擁

作者津島佑子

収載図書夢の記録
出版社文芸春秋
刊行年月1988.12


抱擁

作者北方謙三

収載図書恋愛小説名作館 1
出版社講談社
刊行年月1995.5

収載図書抱擁―北方謙三恋愛小説
出版社徳間書店
刊行年月2001.12
シリーズ名徳間文庫


抱擁

作者鈴木光司

収載図書生と死幻想
出版社幻冬舎
刊行年月1995.11


抱擁

作者中津攸子

収載図書怨霊忠臣蔵異次元からの交信
出版社彩図社
刊行年月2000.7
シリーズ名ぶんりき文庫


抱擁

作者菅浩江

収載図書永遠の森博物館惑星
出版社早川書房
刊行年月2000.7

収載図書永遠の森博物館惑星
出版社早川書房
刊行年月2004.3
シリーズ名ハヤカワ文庫JA


抱擁

作者横山秀夫

収載図書影踏み
出版社祥伝社
刊行年月2007.2
シリーズ名祥伝社文庫


ハグ

(抱擁 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/05/08 21:15 UTC 版)

ハグ (hug) または抱擁(ほうよう)とは、一人または数人の他人をで抱え込むかその周りに腕を回すことを通常伴う愛撫の形態である。抱きしめること。幼児語では「ぎゅう」とも。


  1. ^ Kathleen Keating (1994), The Hug Therapy Book, Hazelden PES, ISBN 1568380941 
  2. ^ “Cuddle”, WordNet 3.0, Princeton University, http://dictionary.reference.com/browse/cuddle 2008年3月10日閲覧。 
  3. ^ Jim Grace; Lisa Goldblatt Grace (1998), The Art of Spooning: A Cuddler's Handbook, ISBN 0762402709 


「ハグ」の続きの解説一覧

抱擁

出典:『Wiktionary』 (2010/09/07 11:48 UTC 版)

名詞

抱 擁ほうよう

  1. 親しみ愛情を持って)だきかかえること。

語源

関連語

動詞

活用

サ行変格活用
抱擁-する





固有名詞の分類


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「抱擁」の関連用語

抱擁のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



抱擁のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのハグ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの抱擁 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2018 Weblio RSS