タイマンとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > タイマンの意味・解説 

タイマン

別表記:対マン

助太刀無用の1対1喧嘩1対1で何かを行うことを「サシで」と言うこともあるが、こちらは「差し向かい」の略とされる。

たいまん

不良少年少女が用いる語で、一対一喧嘩(けんか)のこと。決闘罪決闘に当たる場合がある。

一対一での勝負交渉一騎打ち

[補説] manmanからできた語か。


たい‐まん【怠慢】

[名・形動然しなければならないことをしないこと。なまけて、おろそかにすること。また、そのさま。「怠慢な行政」「職務怠慢


タイマン

名前 Tieman

決闘

(タイマン から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/08 16:02 UTC 版)

決闘(けっとう、: duel  発音[ヘルプ/ファイル])とは、名誉の獲得・回復、紛争の解決、恨みを晴らすなどの目的で当事者双方が同意して、あらかじめ了解し合ったルールに基づいて行う闘争のことをいう[2]。「果合(はたしあい)」と同義である[3]


  1. ^ a b 藤野幸雄 2006, pp. 165-166.
  2. ^ a b c d e f g h i j k 日本大百科全書(ニッポニカ)、精選版 日本国語大辞典『決闘』 - コトバンク
  3. ^ 精選版 日本国語大辞典『果合』 - コトバンク
  4. ^ a b 藤野幸雄 2006, p. 59.
  5. ^ 藤野幸雄 2006, p. 58-59.
  6. ^ a b 藤野幸雄 2006, p. 59-60.
  7. ^ 加藤文元 2010, p. 265.
  8. ^ 藤野幸雄 2006, p. 69.
  9. ^ a b c 藤野幸雄 2006, p. 74.
  10. ^ a b 藤野幸雄 2006, pp. 16/77.
  11. ^ 藤野幸雄 2006, pp. 17/105.
  12. ^ a b 藤野幸雄 2006, p. 35.
  13. ^ a b 藤野幸雄 2006, p. 78.
  14. ^ a b 藤野幸雄 2006, p. 178.
  15. ^ a b 藤野幸雄 2006, pp. 78/178.
  16. ^ a b “「タイマンしよう」 高1の2人、決闘の疑いで書類送検”. 朝日新聞. (2019年10月30日). https://www.asahi.com/articles/ASMBZ5DNSMBZUTIL04J.html 2021年8月5日閲覧。 
  17. ^ a b 藤野幸雄 2006, p. 57.
  18. ^ 藤野幸雄 2006, pp. 59-61.
  19. ^ 藤野幸雄 2006, p. 61.
  20. ^ 藤野幸雄 2006, pp. 61-62.
  21. ^ 藤野幸雄 2006, p. 62.
  22. ^ F・W・メイトランド『イングランド憲法史』創文社、1981年、P.13。
  23. ^ 藤野幸雄 2006, pp. 66.
  24. ^ カー p. 34, 35
  25. ^ 穂積重遠著『法窓夜話』三八章 "決闘裁判"
  26. ^ 藤野幸雄 2006, p. 34.
  27. ^ 加藤文元 2010, p. 267.
  28. ^ 藤野幸雄 2006, p. 95-96.
  29. ^ 藤野幸雄 2006, p. 97-100.
  30. ^ 山田勝 1992, p. 78.
  31. ^ モネスティエ 1999, p. 408.
  32. ^ 藤野幸雄 2006, p. 77.
  33. ^ a b 藤野幸雄 2006, p. 105.
  34. ^ 藤野幸雄 2006, p. 17.
  35. ^ 山田勝 1992, p. 73.
  36. ^ モネスティエ 1999, p. 182.
  37. ^ 山田勝 1992, p. 29.
  38. ^ 加藤文元 2010, p. 266.
  39. ^ 藤野幸雄 2006, p. 18-19.
  40. ^ 藤野幸雄 2006, p. 32.
  41. ^ モネスティエ 1999, p. 420.
  42. ^ Rudolf Virchow アメリカ国立生物工学情報センターPMC 2008年9月
  43. ^ このほか日本語文献での紹介として薄田泣菫茶話』「謡曲を武器に」(大阪毎日新聞 1916年9月4日夕刊 → 青空文庫)、植松黎(編)『ポケット・ジョーク 6 ギャンブル』(角川文庫、1981年)p.180「見えない武器」がある。
  44. ^ 山田勝 1992, p. 20.
  45. ^ 山田勝 1992, p. 20-21.
  46. ^ 山田勝 1992, p. 122-124.
  47. ^ a b 日本大百科全書(ニッポニカ)、百科事典マイペディア『決闘罪』 - コトバンク
  48. ^ a b モネスティエ 1999, p. 445.
  49. ^ 藤野幸雄 2006, p. 36.
  50. ^ a b c 藤野幸雄 2006, p. 37.
  51. ^ a b 藤野幸雄 2006, p. 38.
  52. ^ a b 藤野幸雄 2006, p. 39.
  53. ^ 藤野幸雄 2006, p. 40.
  54. ^ 藤野幸雄 2006, p. 42.
  55. ^ 藤野幸雄 2006, p. 44.
  56. ^ a b c 藤野幸雄 2006, p. 45.
  57. ^ 藤野幸雄 2006, p. 51.
  58. ^ a b 藤野幸雄 2006, p. 52.
  59. ^ 藤野幸雄 2006, p. 51-52.
  60. ^ 藤野幸雄 2006, p. 45-46.
  61. ^ a b c d e 藤野幸雄 2006, p. 46.
  62. ^ a b c d 藤野幸雄 2006, p. 47.
  63. ^ 藤野幸雄 2006, p. 48.
  64. ^ 藤野幸雄 2006, p. 48-49.
  65. ^ a b 藤野幸雄 2006, p. 49.
  66. ^ a b c 藤野幸雄 2006, p. 50.
  67. ^ 藤野幸雄 2006, p. 53-54.
  68. ^ 藤野幸雄 2006, p. 54-55.
  69. ^ 藤野幸雄 2006, p. 55.
  70. ^ a b 藤野幸雄 2006, p. 205.
  71. ^ 藤野幸雄 2006, pp. 205-206.
  72. ^ 藤野幸雄 2006, pp. 208-209.
  73. ^ a b c 藤野幸雄 2006, p. 208.
  74. ^ モネスティエ 1999, p. 351.
  75. ^ 藤野幸雄 2006, p. 209-210.
  76. ^ 藤野幸雄 2006, p. 207.
  77. ^ a b 藤野幸雄 2006, p. 194.
  78. ^ 藤野幸雄 2006, p. 196.
  79. ^ 藤野幸雄 2006, p. 197.
  80. ^ 山田勝 1992, p. 192.
  81. ^ 藤野幸雄 2006, p. 203-204.
  82. ^ 藤野幸雄 2006, p. 204.
  83. ^ ガース・ド・ラ・ビュイーニュ「狩猟の物語」(1359-1377)およびガストン・フェビュス「狩猟の書」(1387-1391)にこの挿話がある。頼順子「中世後期の戦士的領主階級と狩猟術の書」(Journal of History for the Public, Vol. 2, 2005, pp. 127-148)[1]PDF.P.7
  84. ^ ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典『三十人合戦』 - コトバンク
  85. ^ Jean Froissart's Chronicles Amiens ms. version.
  86. ^ a b 藤野幸雄 2006, p. 92.
  87. ^ モネスティエ 1999, p. 146.
  88. ^ a b c モネスティエ 1999, p. 147.
  89. ^ a b 藤野幸雄 2006, p. 93.
  90. ^ a b c d “巌流島(下関市) 地名に残った敗者・小次郎”. 産経新聞. (2015年10月6日). https://www.sankei.com/article/20151006-AGKTBOSZUZKXPD23LF2LUCOMI4/ 2021年8月4日閲覧。 
  91. ^ 久保三千雄 1998, pp. 95-96.
  92. ^ 久保三千雄 1998, p. 92.
  93. ^ 加来耕三 2003, p. 202.
  94. ^ 加来耕三 2003, p. 211.
  95. ^ 加藤竹彦 (2014年). “悲劇のヒーローか、「巌流島の決闘」”. 国際社会経済研究所. 2021-0816閲覧。
  96. ^ 加来耕三 2003, p. 194.
  97. ^ 「異説「巌流島」」吉村豊雄(文学部教授、熊本大学附属図書館報 2002.10)[2]
  98. ^ 斎藤茂 1975, pp. 687-688.
  99. ^ 斎藤茂 1975, pp. 687-688, 岡本和明 1999, pp. 206-207, 池波正太郎他 1999, p. 220-222
  100. ^ 岡本和明 1999, pp. 206-207, 池波正太郎他 1999, p. 220
  101. ^ 藤野幸雄 2006, pp. 108-115.
  102. ^  この記事にはアメリカ合衆国内で著作権が消滅した次の百科事典本文を含む: Chisholm, Hugh, ed. (1911). "Tierney, George". Encyclopædia Britannica (英語) (11th ed.). Cambridge University Press.
  103. ^ 藤野幸雄 2006, pp. 168-169.
  104. ^ 藤野幸雄 2006, pp. 123.
  105. ^ 藤野幸雄 2006, pp. 116-117.
  106. ^ 加藤文元 2010, p. 273.
  107. ^ 加藤文元 2010, p. 274.
  108. ^ 加藤文元 2010, p. 281-282.
  109. ^ 藤野幸雄 2006, pp. 150/188.
  110. ^ 江上照彦 1972, p. 255-256.
  111. ^ 江上照彦 1972, p. 261.
  112. ^ 藤野幸雄 2006, p. 138.




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「タイマン」の関連用語

タイマンのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



タイマンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2021 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの決闘 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS