出端とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 時期 > おり > 出端の意味・解説 

で‐は【出端】

《「でば」とも》外へ出るきっかけ

跳ね返されて、―を失って、ごうと吼(ほ)えている」〈漱石坑夫

《「でば」とも》外出する手段交通の便。

「わざわざこんな―の悪い処へ引込んで」〈荷風腕くらべ

能で、神・鬼精・霊などの後ジテツレ登場するときに用いる囃子(はやし)。

歌舞伎で、主役などの登場また、その際所作下座音楽

舞踊的な芸能で、登場するとき、また、退場するときの舞踊・音楽など。出羽。⇔入端(いりは)。

《「でば」とも》ちょうど出るおり。出しな。出ばな。

あれあれ、いま月の―ぢゃ」〈和泉流狂・吹取り〉


で‐はな【出端】

《「でばな」とも》

(「出鼻」とも書く)出ようとしたとたん。また、出たとたん。「出端に門前でばったり会う」

(「出鼻」とも書く)物事のやりはじめ。また、やりはじめの勢いの盛んな時期。「事業の出端からつまずく」

出花(でばな)


出端

読み方:でばな

  1. お茶のことをいふ。お茶出立が一番おいしいから。俗に鬼も十八番茶も出ばな」といふから。一般に用ふ。〔犯罪語〕
  2. お茶のことをいふ。お茶といへばお茶挽く事に聞え縁起が悪いから出花(客がつくこと)といつたものである。「あがりばな」の条を参照せよ。〔花柳語〕
  3. お茶のことをいふ。お茶といへばお茶挽く事に聞え縁起が悪いから出花(客がつくこと)といつたものである。「あがりばな」の条を参照せよ。
  4. 〔隠〕花柳界にてお茶のこと。お茶といふとお茶挽く事に聞え縁起が悪いので、「客がつく」を意味する出花といつたもの。
  5. お茶のことをいふ。お茶といふと茶を挽く事に聞え縁起が悪いからである。
  6. お茶のこと。〔花柳界

分類 犯罪語、花柳界花柳

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



出端と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「出端」の関連用語

出端のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



出端のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
皓星社皓星社
Copyright (C) 2020 株式会社皓星社 All rights reserved.

©2020 Weblio RSS