段取りとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > 段取 > 段取りの意味・解説 

だん‐どり【段取り】

芝居などで、筋の展開や組み立てのしかた。

物事を行う順序手順また、その準備。「式の段取りをつける」


たん‐どり【反取り/段取り】


だん‐どり【段取】

〔名〕

芝居小説などで、筋の運び按配。もと歌舞伎楽屋通言

評判記戯作評判花折紙(1802)上「見立名物紙によする左のごとし 極上上吉 傾城虎之巻金魚ぬけめのないたんとりの檀紙

戯作三昧1917)〈芥川龍之介〉二「一旦つかまって拷問された揚句に荘介に助けられる。あの段どりが実に何とも申されません」

一般物事を進めていく手順また、そのための用意工夫

形影夜話(1810)下「塩梅美きとても、出し場のだんどりを考へ勧めざる時は、腹合応ぜず無興なること同事なり」

あやしやな1889)〈幸田露伴〉一「泣く泣く野辺の送りといふ段取りになって」


たん‐どり【反取・段取】

〔名〕 江戸時代徴租法の一つ田畑上中下等級ごとに一反歩当たりの斗代石盛=標準収穫量)を決め、これにその年の免(租率)を乗じて年貢取米決定する法。関東多く行なわれたのに対し、関西では厘付取(りんづけどり)租法(=村高に免を乗じて取米決める法)が一般的であった。

御触書寛保集成二三正徳三年(1713)四月田畑石盛反取等之次第


段取り

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

だんどり 段取り

支障なく工事着手したり、円滑に進められるように事前に準備計画を行うこと。 建設工事では、工事工程基づいて資材労務仮設機械などの計画立て手配すること。

段取り

作業の手順。又作業手順決めることを段取りを決めと言う


段取り

作者エリザベス・ボウエン

収載図書あの薔薇を見てよ―ボウエン・ミステリー短編集
出版社ミネルヴァ書房
刊行年月2004.8
シリーズ名MINERVA世界文学




段取りと同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「段取り」の関連用語

段取りのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



段取りのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ダイキン工業ダイキン工業
Copyright (C) 2021 DAIKIN INDUSTRIES, ltd. All Rights Reserved.
建機プロ建機プロ
Copyright (c) 2021 SHIN CATERPILLAR MITSUBISHI LTD.All rights reserved.
キャタピラージャパン建機プロ -次世代の砕石業研究会-
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS