環境放射線とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 自然科学 > 物理学 > 放射線 > 環境放射線の意味・解説 

環境放射線

人間生活空間にある様々な放射線。これらの放射線源には,宇宙線大地及び食物からの自然放射線と,エックス線利用核実験及び原子力発電所などによる人工放射線の3通りあります

環境放射線


環境放射線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/06/30 13:35 UTC 版)

環境放射線(かんきょうほうしゃせん、: background radiation / environmental radiation)とは、生活環境[1]中にある放射線を言う[2]




[ヘルプ]
  1. ^ 環境基本法では、「生活環境」という表現で常識的な意味で理解される範囲に加えて「人の生活に密接な関係のある財産ならびに人の生活に密接な関係のある動植物及びその生育環境」をも含めて指している 環境省ホームページ内『「生活環境」の範囲について』
  2. ^ 大阪府環境モニタリングシステム|モニタリンについて|環境放射線とは
  3. ^ UNSCEAR "Sources and Effects of Ionizing Radiation" 339頁 閲覧 2011-6-29
  4. ^ 放射線医学総合研究所 UNSCEAR 2008 report 8頁 閲覧 2011-6-29
  5. ^ 文部科学省 身の回りの放射線 閲覧2011-6-29
  6. ^ Open Source Radiation Safety Training”. プリンストン大学. 2011年6月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年6月29日閲覧。
  7. ^ 飯田博美 編、『放射線概論』、通商産業研究社、2005年7月20日 ISBN 4-86045-101-5
  8. ^ UNSCEAR 「2008 科学添付資料 Annex B Table 11」閲覧2011-10-20
  9. ^ a b c 自然放射線”. 電気事業連合会. 2017年6月30日閲覧。
  10. ^ 文部科学省原子力教育支援情報提供サイト 閲覧2011年6月25日(UTC)
  11. ^ a b c d 身の回りの放射線
  12. ^ 高度情報科学技術研究機構、「放射線源からの集団実効線量の推定」
  13. ^ McBride, J. P.; Moore, R. E.; Witherspoon, J. P.; Blanco, R. E. (1978). “Radiological Impact of Airborne Effluents of Coal and Nuclear Plants”. Science 202 (4372): 1045–50. Bibcode 1978Sci...202.1045M. doi:10.1126/science.202.4372.1045. PMID 17777943. 
  14. ^ Radiation Effects Research Foundation
  15. ^ 国際医療福祉大学、鈴木元「UNSCERの2008年度レポート」
  16. ^ 日本アイソトープ協会(1992) pp.166-172
  17. ^ または環境放射線モニタリング(environmental radiation monitoring)
  18. ^ 米ソなどが実施した核実験に伴う放射性降下物(fallout;フオールアウト)と自然放射線(Natural backgroundradiation)の調査
  19. ^ 昭和32年版 原子力白書(第5章2節 放射能調査)昭和33〜34年版 原子力白書(第7章1節 概説)
    及び当時の基本方針は、昭和37年版 原子力白書(第7章1節 基本方針の策定)


「環境放射線」の続きの解説一覧



環境放射線と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「環境放射線」の関連用語

環境放射線のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



環境放射線のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
九州環境管理協会九州環境管理協会
財団法人 九州環境管理協会(以下、「当協会」とします)ホームページに記載されている全ての文章、写真その他の画像等の著作権は、すべて当協会に帰属します。これらを無断で転載・複製することは、私的使用または引用として使用する場合を除き、著作権法で禁止されています。
内閣府原子力委員会内閣府原子力委員会
Copyright (C) 2019 Atomic Energy Commission of Japan. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの環境放射線 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS