ネコの文化とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > ネコの文化の意味・解説 

ネコの文化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/10 15:24 UTC 版)

この記事では人類(ねこ)との関わり合い中で生まれたネコの文化について、文化風習、創作物、あるいは日常生活での関係について解説する。




注釈

  1. ^ ボストン美術館所蔵の『四季山水屏風』に「蔵三」印などで知られる不詳の画家。

出典

  1. ^ Walton, Marsha (April 9, 2004). Ancient burial looks like human and pet cat - CNN.com 2007-11-23.
  2. ^ a b 平岩 1998, pp. 14-17, 「日本猫の古記録」
  3. ^ a b 愛犬の友編集部 1990, pp. 19-20, 平岩由伎子「日本猫の歴史」
  4. ^ 【信貴山展】信貴山縁起絵巻には、猫が描かれています(尼公の巻)。実は、この猫、日本最古の「絵に描かれた猫」なんです。絵巻のどの場面に描かれているかは、会場で!”. 奈良国立博物館公式Twitterアカウント. 2016年4月11日閲覧。
  5. ^ 『今昔物語集』26巻。
  6. ^ 『今昔物語集』28巻31。
  7. ^ 藤原 2014, pp. 80-82, 「綱につながれて飼われる猫」.
  8. ^ a b 平岩 1998, pp. 228-234, 「益獣としての猫(四)」
  9. ^ 上田穰「歴史家の見た御伽草子『猫のさうし』と禁制」『奈良県立大学研究季報』2003年12月。
  10. ^ 田中貴子『猫の古典文学誌』〈講談社学術文庫〉、2014年。
  11. ^ 愛犬の友編集部 1990, p. 22, 平岩由伎子「日本猫の歴史 - 混血を促した条件」.
  12. ^ バーバラ・ホーランド『猫のことなら―生態と行動 歴史と伝承』心交社、1992年、154-155頁。
  13. ^ 須磨章『猫は犬より働いた』柏書房、2004年、145-149頁。
  14. ^ 文化財指定庭園 名勝 仙巌園 猫神神社
  15. ^ 渡辺世祐『豊太閤の私的生活』講談社、1980年、318-319頁。(初版は創元社から1939年に発行)
  16. ^ 三谷一馬『彩色江戸物売図鑑』〈中公文庫〉、1996年。ISBN 4-12-202564-8
  17. ^ 落合延孝『猫絵の殿様―領主のフォークロア』吉川弘文館、1996年。
  18. ^ 桐野作人『猫の日本史』洋泉社、2016年。
  19. ^ a b 藤原 2014, pp. 8-16.
  20. ^ エドニー 1995, p. 21.
  21. ^ 「猫アレルギーにさようなら?=スイス社、ワクチン開発」時事通信(2019年08月16日)2019年8月24日閲覧および同記事を典型した『日経産業新聞』2019年8月23日「猫アレルギー、ワクチン効果」(先端技術面)。
  22. ^ 『動物の保護及び管理に関する世論調査』内閣府政府広報室
  23. ^ ペットフード協会平成24年平成24年全国犬猫飼育実態調査結果
  24. ^ 3p:東京都における猫の飼育実態調査の概要
  25. ^ 東京都における猫の飼育実態調査の概要
  26. ^ 乳児の泣き声が父親・母親に及ぼす心理生理的影響(コミュニケーションの心理及び一般)
  27. ^ 日刊ゲンダイ - たま駅長が火付け役 「ネコノミクス」の恐るべき経済効果 2016年2月15日
  28. ^ JCASTテレビウォッチ - きょうは「猫の日」!ネコノミクス2兆円超・・CM、書籍、カフェ大人気 2016/2/22 11:58
  29. ^ 『ネコのいる風景』Facebook - 猫をテーマにした人気のSNSサイト
  30. ^ 「猫飼う人限定の賃貸 ガトスアパートメント、高くても入居待ち状態」『日経MJ』2018年3月26日(ライフスタイル面)
  31. ^ a b 日本と世界の猫のカタログ '95、p.116
  32. ^ エドニー 1995, p. 178.
  33. ^ 平岩 1998, pp. 209-210, 「猫と三味線」.
  34. ^ 安藤優一郎「曲淵景漸」『朝日日本歴史人物事典』朝日新聞社。
  35. ^ 丹野顯「曲淵甲斐守景漸—北町奉行・田沼意次も松平定信も頼りにした奉行」『江戸の名奉行 43人の実録列伝』 文春文庫。
  36. ^ 第19回 昔の日本人もこっそり獣肉を食べていた”. 日国サーフィン. ジャパンナレッジ (2011年1月18日). 2017年2月9日閲覧。
  37. ^ express.DE Essen Schweizer Katzen? 2011-01-20
  38. ^ スイスの動物保護団体、犬猫食の禁止を請願 国民の3%が食べる”. フランス通信社 (2014年11月26日). 2017年5月25日閲覧。
  39. ^ ネコがまたぐと死者生き返る!?言い伝え検証(岐阜新聞WEB2019年2月10日記事)
  40. ^ a b 鈴木棠三『日本俗信辞典 動・植物編』角川書店、1982年、448-457頁。ISBN 978-4-04-031100-5
  41. ^ 水木しげる『水木しげるの憑物百怪』下、小学館小学館文庫〉、2005年、112-115頁。ISBN 978-4-09-404703-5
  42. ^ 福田晃「猫檀家」『日本昔話事典』稲田浩二他編、弘文堂、1977年、704-706頁。ISBN 978-4-335-95002-5
  43. ^ 立川水天宮 阿豆佐味天神社 猫返し神社
  44. ^ ペット用語事典犬・猫編、P. 303
  45. ^ 柳田國男・民俗学研究所『綜合日本民俗語彙〈第3巻〉』平凡社、1985年(初1955)、p15。
  46. ^ 福田晃、真鍋昌弘、常光徹『口頭伝承<トナエ・ウタ・コトワザ>の世界 』三弥井書店〈講座日本の伝承文学 第9巻〉、2003年、p83。
  47. ^ ネコ貸します、ロシア最大手銀が新サービスAFP 2014年8月30日
  48. ^ 2典プロジェクト編 「ぬこ」 『2典 第3版』 宝島社、2005年、396-397頁。ISBN 4-7966-4754-6 
  49. ^ 田代島の紹介 - 石巻市
  50. ^ 岩合光昭の世界ネコ歩き - NHK松山放送局、2013年9月22日放送
  51. ^ 住民15人に猫100匹! 猫好きが悶える猫島 - 『週刊朝日』2013年11月11日
  52. ^ 6 places where cats outshine tourist attractions - CNNニュース、2013年11月11日
  53. ^ 行きたい海外の猫スポット、1位は地中海のマルタ島-HIS調査
  54. ^ SNSで大人気! 「行ってみたい! 世界の猫スポット」読売新聞
  55. ^ なぜ日本全国に人と猫が共存する「猫の島」がたくさんあるのか? - OFFICE-SANGA、マイナビニュース、2013年5月17日[信頼性要検証]
  56. ^ Kagamaster, Allie. “History of Library Cats”. Cat Fancy. BowTie, Inc.. 2013年6月20日閲覧。
  57. ^ エルミタージュ美術館を守る名物ネコたち、ロシアAFP通信
  58. ^ トニー・イェンドレイ&志村博「Cambridge Cats ケンブリッジの誇り高き猫たち」『SINRA』1998年7月号、新潮社、114-117頁。
  59. ^ 高橋素子『科学・178の大疑問』講談社〈ブルーバックス〉、1998年7月、121頁。ISBN 4062572214
  60. ^ 蒲原聖可『サプリメント事典』平凡社、2004年、320頁。
  61. ^ “Gardening guru Eion Scarrow passes away”. ワイカトタイムズ英語版. (2014年4月29日). http://www.stuff.co.nz/waikato-times/news/8610024/Gardening-guru-Eion-Scarrow-passes-away 
  62. ^ Cat ownership and the Risk of Fatal Cardiovascular Diseases. Results from the Second National Health and Nutrition Examination Study Mortality Follow-up Study.”. J Vasc Interv Neurol. 国立生物工学情報センター (2009年1月). 2016年6月25日閲覧。
  63. ^ 夏休みの自由研究に!! ブラックライトで光る世界”. 徳島県立博物館. 2016年6月27日閲覧。
  64. ^ 原文「二月(註:十二月)六日。朕閑時述猫消息曰。太宰少弐源精秩満来朝所献於先帝。 愛其毛色之不類。餘猫皆浅黒色也。此独深黒如墨。為其形容悪似韓盧。 長尺有五寸高六寸許。其屈也。小如秬粒。其伸也。長如張弓。眼精晶熒如針芒之亂眩。耳鋒直竪如匙上之不搖。 其伏臥時。團圓不見足尾。宛如堀中之玄璧。其行歩時。寂寞不聞音声。恰如雲上黒竜。 性好道行暗合五禽。常低頭尾著地。而曲聳背脊高二尺許。毛色悅澤蓋由是乎。亦能捕夜鼠捷於他猫。 先帝愛翫數日之後賜之于朕。朕撫養五年于今。毎旦給之以乳粥。豈啻取材能翹捷。誠因先帝所賜。雖微物殊有情於懐育耳。 仍曰。汝含陰陽之氣備支竅之形。心有必寧知我乎。猫乃歎息舉首仰睨吾顔。似咽心盈臆口不能言。」- 『三代御記逸文集成』ISBN 4336004706


「ネコの文化」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ネコの文化」の関連用語

ネコの文化のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ネコの文化のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのネコの文化 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS