夜の鼓とは?

夜の鼓

原題:
製作国:日本
製作年:1958
配給:松竹
スタッフ
監督:今井正 イマイタダシ
製作:山田典吾 ヤマダテンゴ
脚本:橋本忍 ハシモトシノブ

新藤兼人 シンドウカネト
撮影:中尾駿一郎 ナカオシュンイチロウ
音楽:伊福部昭 イフクベアキラ
美術:水谷浩 ミズタニヒロシ
編集:河野秋和 コウノアキカズ
録音:空閑昌敏 
照明:平田光治 ヒラタミツハル
キャスト(役名
三國連太郎 ミクニレンタロウ (小倉彦九郎)
有馬稲子 アリマイネコ (妻お種)
雪代敬子 ユキシロケイコ (妹お
中村万之助  (弟文六)
森雅之 モリマサユキ (宮地右衛門
(未定)  (磯部右衛門
殿山泰司 トノヤマタイジ (政山三五平
日高澄子 ヒダカスミコ (妻おゆら)
毛利菊枝 モウリキクエ (祖母
松本染升 マツモトセンショウ (成山太夫
東野英治郎 トウノエイジロウ (黒川左衛門
菅井一郎 スガイイチロウ (太田四郎兵衛
柳永二郎 ヤナギエイジロウ (米林外記
島田屯  (仲間又平
奈良岡朋子 ナラオカトモコ (女中おりん)
陶隆 スエタカシ陶隆司 (間瀬平馬)
浜村純 ハマムラジュン (和久田市之進)
解説
近松門左衛門の『堀川波の鼓』より、「張込み」の橋本忍と、「禁じられた唇」の新藤兼人脚本執筆、「純愛物語」のコンビ今井正監督中尾駿一郎撮影したもの主演は「白い悪魔」の森雅之、「黒い花粉」の有馬稲子、「美徳のよろめき」の三國連太郎。ほかに雪代敬子日高澄子東野英治郎菅井一郎柳永二郎など。
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されていますので、ご注意ください
鳥取藩御納戸役小倉彦九郎は、主君と共に参勤交代在京すること一年カ月の後、懐しの国許へ向った。彦九郎は江戸での加増を、一刻も早く家で待っている愛妻のお種にしらせようと心をはやらせた。帰国してしばらくたつと、彦九郎は何か周囲変な様子に感づいた。義兄の政山三五平をたずねるが、妹のおゆらも、義母お菊も、口を濁して語ろうとしない。彦九郎はそこで伯父黒川左衛門ところに行った。又左衛門苦い顔しながらお種と鼓師宮地右衛門不義密通が、家中知れわたっていることを告げた。彦九郎は家にもどってお種を激しく詮議したが、彼女の目には一点の影もなかった。何事もなかったという妻の申開きに、彦九郎は安心するのだった。しかし人の噂一向におさまらない遂に左衛門中心に家族会議を開くことになった。それが終ったあと、問いつめる彦九郎に、お種は語った。彼女の実家での祭りの日、源右衛門を招いていた。酒を飲みすぎたお種は、以前から彼女にいい寄っている磯部右衛門はねつけた。刃物でおどかす床右衛門前に屈しかけた時、近づいた人影--源右衛門現場口封じと、彼女自身の酒の勢いで彼に身を任してしまった。一晩中お種を責めつづけた彦九郎も、朝になって落着きをとりもどした。妻の過ちを許そうと思いなおしたが、武家社会しきたりはそうさせなかった。死にたくないと叫び逃げるお種を、彦九郎は後から斬り殺した。京都堀川--彦九郎が源右衛門の家の前に弟と共に立っていた。不意を衝かれた源右衛門もろくも討れてしまう。集る群集の中で、彦九郎は「妻仇討ち」の成就を叫んだが、その頬は、何故かゆがんでいた。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「夜の鼓」の関連用語

夜の鼓のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



夜の鼓のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社

©2019 Weblio RSS