須弥壇とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 須弥壇の意味・解説 

須弥壇

読み方:すみだんしゅみだん

寺院仏堂において、仏像安置するための台。上に本尊を載せ、下には鎮壇具埋められていることが多い。

しゅみだん [2][0]

仏堂内で、仏像安置する台。須弥山をかたどったものといわれ、四角八角円形などの形のものがある仏の座須弥座すみだん

すみ だん [2]須弥

しゅみだん須弥壇

須弥壇

読み方:スミダン(sumidan)

仏像安置する台。

別名 須弥座


須弥壇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/03 13:34 UTC 版)

須弥壇(しゅみだん)とは、仏教寺院において本尊を安置する場所であり、仏像等を安置するために一段高く設けられた場所のこと。須弥山に由来する。 須弥壇の上は仏の領域とされ、壇上に直接諸仏を安置する場合と、厨子宮殿(くうでん)を置いて、その中に仏像等を安置する場合がある。和様禅宗様、折衷様がある。形態として床に直接置く背丈の高いものと、上置式の背丈の低いものがあるが、前者が圧倒的に多く、後者は日蓮正宗以外では殆ど用いられていない。






「須弥壇」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「須弥壇」の関連用語

須弥壇のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



須弥壇のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの須弥壇 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS