神迎えとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 行事 > 祭り > 神迎えの意味・解説 

かみ‐むかえ〔‐むかへ〕【神迎え】

陰暦10月晦日(みそか)、または11月1日に、出雲大社から帰ってくるという神を迎えること。また、その祭り。《 冬》「はらはらとはしる雑仕や―/青畝」⇔神送り


神迎え

作者松葉瀬昭

収載図書小説選集 第3集
出版社会事務局
刊行年月2007.12


神迎え

読み方:カミムカエ(kamimukae)

陰暦十一月朔日をいう。八百万神出雲大社から帰られるとされた

季節

分類 宗教




神迎えと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「神迎え」の関連用語

神迎えのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



神迎えのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.

©2020 Weblio RSS