甲子園での活躍とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > ウィキペディア小見出し辞書 > 甲子園での活躍の意味・解説 

甲子園での活躍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/04 07:28 UTC 版)

清原和博」の記事における「甲子園での活躍」の解説

全国から精鋭の集まPL学園野球部にあって1年生から4番打者務めエース桑田と共に甲子園大会に5季連続出場果たす。1年生の夏に優勝2年生春・夏は共に準優勝3年生の春はベスト43年生の夏は2度目優勝経験している。 なお、3年生1985年夏の甲子園準々決勝では5回裏に高知市立高知商業高等学校中山裕章から「甲子園史上最大とされる本塁打飛距離140 m)を打ったが、清原自身は後年にこの本塁打を「(野球人生で)最も記憶に残る一発」「(甲子園で)僕が打った中では一番大きホームランだと思う」と振り返っている。 特に清原桑田2人は「KKコンビ」と呼ばれ後に桑田清原世代呼ばれるうになるこの世代を代表する人物となった後にプロ入りした松山秀明今久留主成幸内匠政博も、共に活躍した個人として甲子園通算13本塁打放つなど(第66回大会で香川伸行記録更新)、高校通64本塁打記録3年夏の決勝戦でこの試合2本目当時の1大会で新記録となる5号放った際、植草貞夫は「甲子園清原のためにあるのか!」と実況した。 3年生春の浜松商戦同年夏の東海大学山形高等学校戦(共に大量得点差のついた最終回)では監督中村順司懇願し投手として登板させてもらった。しかし、その初球カーブ投じたことに対し、同試合球審務めていた西大立目永から「真ん中、まっすぐ放りなさい!」と指導されエピソード残されている。 豪快な本塁打など、試合での活躍多くの伝説生んだが、練習に対する姿勢真摯だった。3年春のセンバツ準決勝では渡辺智男に3三振完璧に抑えられチーム1-3敗れ高校3年間で唯一甲子園大会決勝に進むことができなかった。清原試合ベンチで涙を流したが、その日学校戻ってからの夜、監督中村誰もいないはずの室内練習場明かりがついているのを見つけて中をのぞいてみると、上半身裸清原湯気のような汗を流しながら一人で黙々とバッティング練習をしていたというエピソードがある。

※この「甲子園での活躍」の解説は、「清原和博」の解説の一部です。
「甲子園での活躍」を含む「清原和博」の記事については、「清原和博」の概要を参照ください。


甲子園での活躍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/13 21:13 UTC 版)

沢村栄治」の記事における「甲子園での活躍」の解説

京都商業学校現在の京都先端科学大学付属高学校)に進学するが、野球部設立されたばかり沢村一人に頼るワンマンチームであった。それでも、1933年春の選抜チームとして甲子園初出場果たし、いきなり準々決勝まで進む。準々決勝では明石中学楠本保投げ合うが、1-2敗れた。 翌1934年春・夏連続甲子園出場する。春は2回戦明石中学再戦中田武雄投げ合うが、1-2とまたも惜敗喫した。夏の京津大会京都予選準々決勝となる京都一工戦では27アウト中で23個もの三振奪った。この試合では「ボール当てた音だけでも聞かせてくれ」と相手チーム応援席から声が飛び、六回に打たれ初の内野ゴロ歓声上がったという。夏の甲子園では、藤村富美男擁する呉港中学並んで優勝候補挙げられるが、1回戦鳥取一中に対して10三振外野フライ0個に抑え込むも、序盤不調突かれ1-3敗れる。鳥取一中沢村攻略のため、打撃練習では投手通常より1メートル手前から投げたとされるまた、同年秋に藤井寺球場行われた市岡中学との定期戦では、9回までに25三振奪い、さらに延長16日没コールドまでに36三振という記録残している。 当時沢村慶応大学野球部監督であった腰本寿から指導を受けて右打ちから左打ち転向している。腰本は沢村打力目を付け将来慶応四番打たせるつもりであり、沢村自身慶応大学への進学望んでいた。

※この「甲子園での活躍」の解説は、「沢村栄治」の解説の一部です。
「甲子園での活躍」を含む「沢村栄治」の記事については、「沢村栄治」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「甲子園での活躍」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

甲子園での活躍のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



甲子園での活躍のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの清原和博 (改訂履歴)、沢村栄治 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS