プレート境界型地震とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > プレート境界型地震の意味・解説 

プレート境界型地震

読み方:プレートきょうかいがたじしん
別名:プレート間地震境界型地震海溝型地震

プレート活動により生じる地震総称。主に大陸プレート海洋プレート境界において、沈み込むプレートに引きずられてひずみが生じたプレート元に戻ろうとするはたらきによって生じる。

プレート境界型地震のうち、海溝またはトラフ震源とする地震を、特に「海溝型地震」と呼ぶ。チリ地震スマトラ島沖地震三陸沖地震明治三陸地震昭和三陸地震東北地方太平洋沖地震)などが、海溝型地震該当する。大規模なプレート境界型地震の多く海溝型地震である。

海溝型地震の他に、ヒマラヤ山脈のように造山運動を行っているプレート境界面で発生するタイプのものもプレート境界型地震に含まれる

過去発生したプレート境界型地震には、1923年関東大震災を引き起こし関東地震や、2011年3月東日本大震災を引き起こし東北地方太平洋沖地震などが挙げられる。一般的には、プレート境界型地震の規模は「直下型地震」よりも大規模になりやすいとされる。

また、海溝発生するプレート境界型地震は、アウターライズ地震呼ばれるプレートの海側の隆起地帯アウターライズ)で起きる地震を引き起こしすいとされる。アウターライズ地震揺れそのもの小さいが大津波引き起こす例えば、昭和三陸地震明治三陸地震により生じたアウターライズ地震だったと言われている。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「プレート境界型地震」の関連用語

プレート境界型地震のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



プレート境界型地震のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.

©2020 Weblio RSS