臼杵磨崖仏とは?

臼杵磨崖仏

読み方:ウスキマガイブツ(usukimagaibutsu)

大分県臼杵にある彫刻の名称。


臼杵磨崖仏 (大分県)

名称
臼杵磨崖仏
区分
国宝
所在地
大分県臼杵市

資料一覧
解説
臼杵市深田地区所在する磨崖仏群。熔結凝灰岩露出した丘陵斜面開鑿し,大略四群(古園山王山ホキ第一群・同第二群)に大別され,全体で八龕,五十九躯を数える。大半平安時代後期頃に造られ,豊後地方最大規模にして出来映え優れた作例として貴重。

臼杵磨崖仏

主名称: 臼杵磨崖仏
指定番号 121
枝番 00
指定年月日 1995.06.15(平成7.06.15)
国宝重文区分 国宝
部門種別 彫刻
ト書
員数
時代区分 平安鎌倉
年代
検索年代
解説文: 臼杵石仏は、豊後地方集中して存在する平安時代磨崖仏のなかで最大規模誇り、かつ出来ばえが最も優れた石仏群として広く知られている。これらは丘陵斜面の熔結凝灰岩露出した部分開鑿して造られたもので、大略四群(古園山王山ホキ第一群、同第二群)に分かれており、いずれも比較浅めの龕を穿って高肉彫の手法で計五九躯の仏体刻み出している。その造営に関する史料は知られていないが、作風からみて、平安後期にその規模大半をそなえ、鎌倉時代一部追加されたと思われる
 古園石仏丈六金剛界大日如来像を中心に仏・菩薩天部左右六体ずつ並べる構成になり、その張りのある堂々とした造形や、中尊および菩薩の一体の頭部を完全に岩から離して丸彫りとし、各像とも岩層の足りない下半身一部を別材から造り足す技法を用いるなど、石仏群中で最も注目すべき存在である。山王山石仏丈六如来坐像左右脇侍如来像を配する三尊で、やや素作風平安後期のこの地方における石仏造像水準示している。ホキ石仏第一群の第一・二龕はともに五尺超える如来坐像三体並置し、前者ではその左右脇侍菩薩立像各一体が添えられている。同第二第一龕は丈六定印阿弥陀坐像両脇侍立像を配する三尊像である。これらは温雅藤原様式示し当代木彫像の優品較べ遜色のない作行を見せている。
 本石仏群は昭和三十七年重要文化財指定された当時、すでに経年による損傷甚しく、頭部仏体一部を割落するものも少なくなかった。昭和五十五年度から平成五年度にかけて行われ美術工芸品としての保存修理によりそれらは小断片に至るまで母岩接合復元することができ、四群それぞれ面目一新した。その結果、龕の前面に仮に置かれていた頭部復位された古園石仏大日如来像をはじめ、これらの彫刻作品としての偉容全貌がここに明らかになり、今回国宝指定運びとなったものである

臼杵磨崖仏
附 日吉塔、嘉応二年在銘五輪塔
承安二年在銘五輪塔

名称: 臼杵磨崖仏
 附 日吉塔、嘉応二年在銘五輪塔
 承安二年在銘五輪塔
ふりがな うすきまがいぶつ つけたり ひよしとう、かおうにねんざいめいごりんとう、じょうあんにねんざいめいごりんとう
種別 特別史跡
種別2:
都道府県 大分県
市区町村 臼杵市大字前田深田中尾
管理団体 臼杵市(昭10・1・7)
指定年月日 1934.01.22(昭和9.01.22)
指定基準 史3
特別指定年月日 昭和27.03.29
追加指定年月日 平成10.09.11
解説文: 臼杵市西方約4粁の距離にあたり臼杵川支流深田川挾み起伏する凝灰岩丘陵に刻せられているもので、字古園観音木原大日及び南津留大字中尾山王ホキ地域にまたがっている。字古園存する磨崖仏は、その北に対す丘陵にあり、いづれもその岩壁に仏・■等を半肉彫している。壁面並に彫像亀裂を生じ、造像にも破壊毀損しているものがあるが、その数頗る多く中にも古園本尊大日首部、及び■像、ホキ弥陀觀音勢至三尊山王隠れ地蔵如きは優秀なものである。字観音存する磨崖仏は、大日山西南丘陵亭ヶ鼻の末端にあり、丘陵を穿って2個の■洞を作り、一洞には法師坐像を、一洞には眞野長者夫妻坐像を置き、共にこの地の磨崖仏群像彫作に関係している伝説存する。字木原磨崖仏は、亭ヶ鼻の東方低地道路の傍にあり、凝灰岩をもって彫作している二王立像で、その作は簡素である。字大日存する磨崖仏は、俗に門前と称さる丘陵末端にあり凝灰岩岩壁に仏佛・■等を半肉彫したもので、岩貭粗鬆の爲彫像破壊甚しいが、不動立像及び脇侍二像は比較的よく保存している。
これらの磨崖仏は、ほぼ平安時代から鎌倉時代わたって彫作されたものとみなされるが、中にも平安時代の作に見るべきもの多くわが国におけるこの種の磨崖仏としてきわめて優秀なものであり、學術上の価値が特に深い。
なお日吉塔は木原にあり、阿蘇熔岩で作られた宝篋印塔で、その作精巧であり、鎌倉時代遺品認められる五輪塔南津留村中尾の丘陵上にあり、一基には承安二年の銘を存し、一基には嘉応二年の銘を存し、共に阿蘇熔岩で作られた供養塔である。
史跡名勝記念物のほかの用語一覧
特別史跡:  キトラ古墳  安土城跡  一乗谷朝倉氏遺跡  臼杵磨崖仏  遠江国分寺跡  王塚古墳  岩橋千塚古墳群

臼杵磨崖仏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/02/23 09:30 UTC 版)

臼杵磨崖仏(うすきまがいぶつ)は、大分県臼杵市にある磨崖仏である。一般には臼杵石仏(うすきせきぶつ)の名で知られている。1952年(昭和27年)に国の特別史跡に指定され、1995年(平成7年)には、磨崖仏として日本初、彫刻として九州初の国宝に指定された[注 1]


注釈

  1. ^ 指定対象は臼杵市深田にある4群59躯。
  2. ^ 毎日新聞社『重要文化財』第6巻、同社『国宝・重要文化財大全』第4巻(彫刻下巻)を見ると、この菩薩像は別途保管されている頭部のみが現存している。
  3. ^ 1962年(昭和37年)の重要文化財指定時の員数は60躯であったが、国宝指定時に59躯に変更された。国宝指定以前の図録(毎日新聞社『重要文化財』第6巻)と比較すると、ホキ石仏第二群第二龕の天部像(原形とどめず)が国宝指定対象からはずされている。
  4. ^ 毎日新聞社『国宝・重要文化財大全』第4巻(彫刻下巻)を見ると、この毘沙門天像は壁面に像の痕跡を残すのみである。

出典

  1. ^ 石仏は何を語るか 石仏観光センター
  2. ^ 平成29年9月15日文部科学省告示第118号
  3. ^ 臼杵石仏 金剛力士立像2体を国宝追加へ 読売新聞、2017年3月11日
  4. ^ 『週刊朝日百科 日本の国宝』21号(朝日新聞社、1997年)
  5. ^ 『月刊文化財』382号(第一法規、1995年)
  6. ^ 平成29年9月15日文部科学省告示第117号
  7. ^ a b 観光情報 臼杵市役所
  8. ^ 土橋 通過予定時刻表 (PDF) 大分バス
  9. ^ 臼杵駅 通過予定時刻表 (PDF) 大分バス
  10. ^ 城北 通過予定時刻表 (PDF) 大分バス
  11. ^ 通過予定時刻表 (PDF) 大分バス
  12. ^ 白馬渓 通過予定時刻表 (PDF) 大分バス
  13. ^ レンタサイクル 臼杵観光情報協会


「臼杵磨崖仏」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「臼杵磨崖仏」の関連用語

臼杵磨崖仏のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



臼杵磨崖仏のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
文化庁文化庁
Copyright © 2019 The Agency for Cultural Affairs. All rights reserved.
文化庁文化庁
Copyright (c) 1997-2019 The Agency for Cultural Affairs, All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの臼杵磨崖仏 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS