弥陀とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 宗教 > 仏教 > 弥陀 > 弥陀の意味・解説 

みだ【弥陀】

読み方:みだ

阿弥陀(あみだ)」の略。


弥陀

読み方:ミダ(mida)

阿弥陀の略


弥陀

名字 読み方
弥陀みだ
名字辞典では、珍しい名字を中心に扱っているため、一般的な名字の読み方とは異なる場合がございます。

弥陀

読み方
弥陀みだ

阿弥陀如来

(弥陀 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/03/16 20:05 UTC 版)

阿弥陀如来(あみだにょらい)は、大乗仏教における信仰対象である如来の一尊。浄土教系の仏教では、「南無阿弥陀仏」という称名念仏により浄土に往生できるという阿弥陀信仰を説く。西方にある極楽浄土という仏国土(浄土)の教主とされる(東方は薬師如来)。五智如来においては、西方に位置する観自在王如来と同一視するが、真言宗では阿弥陀が法蔵菩薩であったときに師事した仏として、別尊とする。


注釈

  1. ^ 五劫思惟(ごこうしい)…「五劫」とは、無限に近い、非常に長い期間のこと。思惟とは、「作是思惟」とは、心を集中し、物事の道筋を立てて深く願が進むこと。
  2. ^ 生まれる方法…浄土教諸宗各々で、「浄土三部経」の解釈が異なるため、このことに関しての詳細は省略する。それぞれの宗旨・宗派のページを参照。
  3. ^ 阿弥陀如来の本願力…阿弥陀如来のはたらき。
  4. ^ 「自力」とは、「自己に備わった能力」をいう。「仏・菩薩などのはたらきを意味」する「他力」に対する[3]
  5. ^ ここでの「他力」は、阿弥陀仏の本願力(はたらき)のこと。
  6. ^ 阿弥陀仏を念ずることによる精神統一。
  7. ^ 新義真言宗等一部宗派では『オン・アミリタ・テイイ・カラ・ウン』と読む

出典

  1. ^ a b 「阿弥陀仏」 - 日本大百科全書(ニッポニカ)
  2. ^ 『うちのお寺は浄土宗』2015年、双葉文庫、14ページ。
  3. ^ 『岩波仏教辞典』岩波書店、2002年、560頁より引用。
  4. ^ 聖教電子化研究会 仏説無量寿経巻上 p.30聖教電子化研究会 仏説無量寿経巻上 p.158聖教電子化研究会 仏説無量寿経巻上 p.323
  5. ^ 中村玲太「法然門流における弥陀法身/報身説の検討」『現代と親鸞』第30巻、真宗大谷派 親鸞仏教センター、2015年、19-22頁、doi:10.24694/shinran.30.0_2ISSN 1347-4316 
  6. ^ 筑波大学教授の平山朝治は、阿弥陀信仰の成立にはキリスト教のインド西漸の影響があり、阿弥陀という名の由来を聖トマスの遺骨がある都市「アミダ(Amida)」に求めている(平山朝治「大乗仏教の誕生とキリスト教」、『筑波大学経済学論集』第57号 (2007年3月)p.155)
  7. ^ a b 阿彌陀佛心咒及祈請文 - 侯松蔚
  8. ^ Buddha Amitabha mantra and seed syllable in Siddham and Tibetan - including Amitayus mantra, the Shingon Amitabha Mantra, and the Nembutsu. (Jayarava ATTWOOD)
  9. ^ 金色堂堂内諸像及天蓋 - 国指定文化財等データベース(文化庁
  10. ^ 銅造阿弥陀如来坐像 - 国指定文化財等データベース(文化庁
  11. ^ 木造阿弥陀如来坐像〈定朝作/(鳳凰堂安置)〉 - 国指定文化財等データベース(文化庁
  12. ^ 木造阿弥陀如来坐像(講堂安置) - 国指定文化財等データベース(文化庁
  13. ^ 木造阿弥陀如来及両脇侍像(金堂安置) - 国指定文化財等データベース(文化庁
  14. ^ 木造阿弥陀如来坐像(阿弥陀堂安置) - 国指定文化財等データベース(文化庁
  15. ^ 木造阿弥陀如来及両脇侍坐像(往生極楽院阿弥陀堂安置) - 国指定文化財等データベース(文化庁
  16. ^ 木造阿弥陀如来及両脇侍坐像(棲霞寺旧本尊) - 国指定文化財等データベース(文化庁
  17. ^ 木造阿弥陀如来坐像(本堂安置) - 国指定文化財等データベース(文化庁
  18. ^ 銅造阿弥陀如来及両脇侍像(伝橘夫人念持仏) - 国指定文化財等データベース(文化庁
  19. ^ 木造阿弥陀如来及両脇侍立像(浄土堂安置) - 国指定文化財等データベース(文化庁
  20. ^ 木造阿弥陀如来坐像 他 - 国指定文化財等データベース(文化庁
  21. ^ 絹本著色山越阿弥陀図 - 国指定文化財等データベース(文化庁
  22. ^ 絹本著色山越阿弥陀図 - 国指定文化財等データベース(文化庁
  23. ^ 絹本著色阿弥陀二十五菩薩来迎図〈/(早来迎)〉 - 国指定文化財等データベース(文化庁
  24. ^ 宇津野善晃 『よくわかる仏像の見方』 JTB


「阿弥陀如来」の続きの解説一覧

弥陀

出典:『Wiktionary』 (2021/08/15 03:22 UTC 版)

名詞

(みだ)

  1. 弥陀仏の

発音(?)

み↗だ

翻訳


「弥陀」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



弥陀と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「弥陀」の関連用語

1
100% |||||


3
己身の弥陀 デジタル大辞泉
100% |||||


5
己心の弥陀 デジタル大辞泉
100% |||||

6
100% |||||


8
96% |||||

9
96% |||||


弥陀のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



弥陀のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
名字見聞録名字見聞録
copyright©1996-2024 SPECTRE all rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの阿弥陀如来 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの弥陀 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS