ヴィヤーサとは?

ヴィヤーサ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/06/05 13:14 UTC 版)

ヴィヤーサVyāsa, デーヴァナーガリー表記:व्यास)は、インド神話の伝説的なリシ(聖仙)。「編者」の意。パラーシャラ仙とサティヤヴァティーの子。クル王ヴィチトラヴィーリヤの2人の寡婦のうちアムビカー英語版との間にドリタラーシュトラ英語版アムバーリカー英語版との間にパーンドゥを、またアムビカーの侍女との間に賢者ヴィドゥラをもうけた。




[ヘルプ]
  1. ^ 上村勝彦訳(2002)「バラタ族の離間」『原典訳 マハーバーラタ 第1巻』241頁。


「ヴィヤーサ」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ヴィヤーサ」の関連用語

ヴィヤーサのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

宮崎・境海岸

ジャワマメジカ

谷井孝行

ウィーク グリップ

流し雛

ボルボC30

キングリバー号

2100系





ヴィヤーサのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのヴィヤーサ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS