オニフスベとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 生物 > 菌類 > キノコ > オニフスベの意味・解説 

オニフスベ

読み方:おにふすべ
別表記:鬼燻

オニフスベ(鬼燻)はハラタケ科大型キノコ大きな白い球のような外観や、一夜にして忽然現れたかと思わせるような成長速度で知られる。山林限らず人家の庭やなどに発生することもある。

オニフスベは、傘や柄といった典型的キノコの形にならず、白い球形の塊のまま膨張してゆく。その大きさ直径2030センチ以上、固体によっては直径4050センチほどに成長することもある。ある程度大きくなる球形多少いびつになる。このような塊が人家庭先草むら一夜で生じることがあるそのため夜のうちに誰かが白骨化した人間頭骨遺棄ていったのかと見紛われることがままある

オニフスベは食用適する(食べられる)。ただし特に美味というわけではないとされる子実体が若いうちは独特の食感楽しめる成熟が進むと子実体内部崩壊進んでグズグズになり、とても食べられたものではなくなる。子実体崩壊して粉末状胞子となり、やがて表皮まで破れると、胞子風に乗って飛散する。

オニフスベの仲間世界の広い範囲見られるが、それらは近縁であって同一種ではない。日本でオニフスベと呼ばれる日本生息する)種は、学名をCalvatia nipponicaといい、日本固有種とされるちなみに、英語では(欧米生息する近縁種を)Giant puffballという。puffballは「ホコリタケ」を指す呼び名である。オニフスベは従来ホコリタケ科に区分されていたが、近年では別種として再区分されている。

於爾布須倍

読み方:オニフスベ(onifusube)

ホコリタケ科の腹菌類薬用植物

学名 Lanopila nipponica


鬼燻

読み方:オニフスベ(onifusube)

ホコリタケ科の腹菌類薬用植物

学名 Lanopila nipponica


鬼燻

読み方:オニフスベ(onifusube)

ホコリタケ別称
ホコリタケ科のキノコ

学名 Lycoperdon perlatum


鬼贅

読み方:オニフスベ(onifusube)

ホコリタケ科の腹菌類薬用植物

学名 Lanopila nipponica


オニフスベ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/02/22 21:57 UTC 版)

オニフスベ(鬼燻、鬼瘤、学名Calvatia nipponica)はハラタケ科キノコ。「フスベ(贅)」とはこぶ・いぼを意味する。別名:薮玉(ヤブダマ)、他にヤブタマゴ、キツネノヘダマ、テングノヘダマ、ホコリダケなど。江戸時代は、他のホコリタケ類とあわせ馬勃(バボツ)とも呼ばれた。


[ヘルプ]
  1. ^ Coetzee, Johan C and van Wyk, Abraham E (2007). “(1770) Proposal to conserve Calvatia nom. cons.(Basidiomycota, Lycoperdaceae) against an additional name, Lanopila”. Taxon 56 (2): 598-599. http://www.ingentaconnect.com/content/iapt/tax/2007/00000056/00000002/art00035. 
  2. ^ おにふすべ 日本テレビ
  3. ^ 根田仁 『きのこミュージアム』 八坂書房、2014年、pp37-40
  4. ^ オニフスベ・ホコリタケの話 独立行政法人 森林総合研究所九州支所 特用林産研究室


「オニフスベ」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「オニフスベ」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
98% |||||

5
98% |||||

6
98% |||||

7
98% |||||

8
98% |||||

9
98% |||||

10
98% |||||

オニフスベのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



オニフスベのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのオニフスベ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS