鬼門とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 宗教 > 信仰 > 鬼門 > 鬼門の意味・解説 

鬼門

読み方:きもん

「鬼門(きもん)」とは、北東方角のこと。陰陽道において鬼が出入りするとされ、万事において忌むべき方角とされている。八卦では、丑(うし)と寅(とら)の間の方角であるため艮(うしとら)と呼ばれる。鬼門とは反対方角、つまり南西未申ひつじさる)を裏鬼門といい、こちらも鬼門と同様に嫌われる。

鬼門や裏鬼門は、適切な対策をおこなうことで、鬼門除けや鬼門封じをすることができるとされる。たとえば、家づくりにおいては、その中心から見た鬼門の方向白い石を敷いたり(鬼門除け石)、南天を植える、鬼瓦飾り瓦を配置するといった方法がある。

こうした本来の意味から派生して、現代では、ろくな目に遭わない場所や、苦手としている人物事柄などの意味で使われる。日常的言葉遣いとしては、こちらの意味の方が多い(「このゴルフ場は、ぼくにとって鬼門で、ご覧の通りOB連発だよ」など)。

なお、鬼門は常に北東決まっており、方位神移動することによって毎年方角が変わる恵方とは異なる。

き もん [0]鬼門

陰陽道おんようどう)で、鬼が出入りするとされる不吉方角。艮(うしとら)(東北)の方角 -にあたる
俗に、行くとろくな目にあわない所。また、苦手とする人物事柄


鬼門(きもん)

家相で意味するところ東北方角。昔、陰陽家では鬼が出入りしやすい所として忌み避けるべき所とされた。

鬼門

読み方:キモン(kimon)

丑寅東北方角


鬼門

作者小林力

収載図書深川隠居父子目付手成
出版社学習研究社
刊行年月2008.9
シリーズ名学研M文庫


鬼門

読み方:きもん

  1. 自分の一番都合の悪い方角をいふ。鬼門は方角が悪いからいつたもの。
  2. 自分不都合方角や人のことをいふ。
  3. 自分都合の悪い方角や人のこと、陰陽道から出た語。
  4. 東北方角。鬼門は陰陽家において万事忌み避け方位。〔俗〕

分類 俗語、俗/一般

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

鬼門

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/21 02:43 UTC 版)

鬼門(きもん)とは、北東=うしとら:の間)の方位方角のことである。 鬼門とは反対の、南西、ひつじさる)の方角を裏鬼門(うらきもん)と言い、この方角も鬼門同様、忌み嫌われる。 北東()を「鬼門」、南東()を「風門、地門」、南西の裏鬼門を(人門、病門)、北西を(天門)とし、それぞれの四隅の方位、方角のあくまでも陰陽道上の門の名である[1]




「鬼門」の続きの解説一覧



鬼門と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「鬼門」の関連用語

鬼門のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



鬼門のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
地球丸地球丸
Copyright© The Whole Earth Publications Co.,Ltd. All Rights Reserved.
地球丸ログハウス用語集
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2020 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの鬼門 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS