鬼籍とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 道具 > 帳面 > 鬼籍の意味・解説 

鬼籍

作者村上政彦

収載図書トキオ・ウィルス
出版社角川春樹事務所
刊行年月2000.3
シリーズ名ハルキ文庫


鬼籍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/07/28 15:54 UTC 版)

鬼籍(きせき)とは死者漢語で言う「」)のであり、仏教や民間信仰などで地獄閻魔大王の手元で管理されているとされる書類である。鬼録(きろく)、生死簿(せいしぼ)、閻魔帳(えんまちょう)とも呼ばれる。




  1. ^ 澤田瑞穂 『修訂 鬼趣談義』 平河出版社 1990年 106-130頁 ISBN 4-89203-181-X
  2. ^ 小野忍 訳『西遊記』(1) 岩波文庫 1977年 83-87頁 ISBN 4-00-320201-5
  3. ^ 加藤咄堂 『死後はどうなる』 大東出版社 1938年 40-41頁
  4. ^ 澤田瑞穂 『修訂 鬼趣談義』 平河出版社 1990年 131-133頁 ISBN 4-89203-181-X


「鬼籍」の続きの解説一覧



鬼籍と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「鬼籍」の関連用語

鬼籍のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



鬼籍のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの鬼籍 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS