四大奇書とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 四大奇書の意味・解説 

しだい‐きしょ【四大奇書】

読み方:しだいきしょ

中国代表的な四つ長編小説水滸伝」「三国志演義」「西遊記」「金瓶梅」の称。


四大奇書

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/05 15:53 UTC 版)

四大奇書(しだいきしょ)とは、中国代から代にかけ、俗語体で書かれた4つの長編小説の総称。「奇書」とは「世に稀なほど卓越した書物」という意味である。「四大奇書」は代前期の書店が販売促進用につけたキャッチフレーズであり[1]、その名は清中期の乾隆年間(1736年 - 1795年)に芥子園刊本において確立した[2]




  1. ^ 『「四大奇書」の研究』(小松謙、汲古書院、2010年、ISBN 9784762928857)序。
  2. ^ 『明代小説四大奇書』(浦安迪(Andrew.H.Plaks)、中国和平出版社、1993年)第一章「文人小説的歴史背景」。
  3. ^ 川越泰博編『中国名数辞典』国書刊行会、1980年、p. 51。
  4. ^ 中国文学者井波律子は、『中国の五大小説』(上下、岩波新書, 2008-09年)で、講演体で設立順に論じている。
  5. ^ なお、「四大名著」の記載によれば「四大名著」に『金瓶梅』を加えて「五大名著五大奇書)」、さらに『儒林外史』を加えて「六大名著六大奇書)」と呼ぶ場合があるが、出典は不明である。
  6. ^ ただし、ここで注意を要するのは日本における三大奇書、四大奇書は誰が提唱したかが不明であること。さらに、これから先この奇書と呼ばれる作品が今の四つより増えて、五大奇書、六大奇書に拡張されていかないとは言い切れない。


「四大奇書」の続きの解説一覧

四大奇書

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/09 03:26 UTC 版)

三大奇書」の記事における「四大奇書」の解説

上で挙げた3作品に、さらに「第四奇書」として竹本健治匣の中の失楽』(1978年)を加えて、「四大奇書」と呼ぶことがある

※この「四大奇書」の解説は、「三大奇書」の解説の一部です。
「四大奇書」を含む「三大奇書」の記事については、「三大奇書」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「四大奇書」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

四大奇書のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



四大奇書のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの四大奇書 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの三大奇書 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS