七月の青嶺まぢかく熔鑛炉とは?

Weblio 辞書 > 趣味 > 現代俳句一覧 > 七月の青嶺まぢかく熔鑛炉の意味・解説 

七月の青嶺まぢかく熔鑛炉

作 者
季 語
季 節
夏 
出 典
前 書
 
評 言
 この句は、昭和2年山口誓子九州出張した時の作で、『山口誓子自選自解句集』に次のように書いている。
 <熔鑛鑪は、製鉄所心臓部だった、私は熔鑛鑪の見学希望した。
 鉱石を溶かしている炉は、鉄扉開けると、真紅の火が流出した。
 ひどい熱気だった、そんな熔鑛鑪を見て外に出た私は、製鉄所の直ぐ南に聳える青嶺見た
 熱気から脱け出た私は、その青嶺がじつに美しいと思った。
 その青嶺夏の盛り青嶺あったから、私はそれを「七月青嶺」と表現せずにはいられなかった、「七月」は伊達ではない六月でもない、八月でもない「七月」である。>
 又誓子は、俳誌自鳴鐘」にも、真赤な熔鑛鑪の火の熱さと、外のすぐ眼の前の真っ青な山、その内と外との間の非常に激し変化対立が私に感動与えた、と書いている。
 この句は、誓子の静と動を表した句と思う。
  七月青嶺まぢかく熔鑛鑪    山口誓子
  霏々舷梯のぼる眸ぬれたり  横山白虹
 昭和48年7月29日青嶺皿倉山東田第一号熔鑛鑪の見え北九州市高炉公園に、上記の二句が刻まれた壮大な句碑建立された。
 当日は、誓子波津女・實花の諸先生始め、「天狼」関係の方々北九州市長及び、地元有志白虹房子先生と「自鳴鐘」の人々大勢出席であった。
 この日誓子は、謝辞に「ひとつひとつ物は感覚でとらえて、それを知覚結合してゆく、これが俳句です」と結んだ。
 誓子白虹亡き後もこの「友情句碑」は、青嶺と熔鑛鑪を見ながら悠然と立っている。

出典:『現代俳句世界<4>山口誓子集』(朝日文庫)「凍港」より
季題別山誓子句集本阿弥書店 
評 者
備 考
 


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「七月の青嶺まぢかく熔鑛炉」の関連用語

七月の青嶺まぢかく熔鑛炉のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



七月の青嶺まぢかく熔鑛炉のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
現代俳句協会現代俳句協会
Copyright(C) 現代俳句協会

©2020 Weblio RSS