後藤夜半とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 作家 > 歌人 > 歌人 > 後藤夜半の意味・解説 

後藤夜半


後藤夜半

後藤夜半の俳句

あやまたず沈む冬至の日を見たり
かりそめの世とは思はじ古稀の春
さし招く団扇の情にしたがひぬ
しつかりと降りしつかりと梅雨晴間
その花を都忘と覚えゐて
つく息にわづかに遅れ滴れり
てのひらにのせてくださる柏餅
ひらきたる秋の扇の花鳥かな
クリスマスカード消印までも読む
乙訓の四方の薮なり畑打
人形に愛憎すこし冬籠
傘さして都をどりの篝守
国栖人の面をこがす夜振かな
大阪はこのへん柳散るところ
幼な顔ときどきに上げ麦踏めり
廓女の植女なりせば眉目透く笠
心消し心灯して冬籠
探梅のこころもとなき人数かな
早乙女の一枚の田に下りそろふ
春の月上がりて暗き波間かな
暗りをともなひ上る居待月
曼珠沙華消えたる茎のならびけり
桃生けて菜の花生けて不足なし
水べりに嵐山きて眠りたる
瀧の上に水現れて落ちにけり
狐火に河内の国のくらさかな
着ぶくれしわが生涯に到り着く
破れ傘一生涯と眺めやる
童女ゐて頬杖をして涅槃像
端居して遠きところに心置く
老の掌をひらけばありし木の実かな
薄日とは美しきもの帰り花
逢ひがたく逢ひ得し一人静かな
道のべに牡丹散りてかくれなし
遠鹿にさらに遠くに鹿のをり
金魚玉天神祭映りそむ
難波橋春の夕日に染まりつつ
飯白き柿の葉鮓をいただきし
香水やまぬがれがたく老けたまひ
鰻の日なりし見知らぬ出前持
 

後藤夜半

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/08/31 16:12 UTC 版)

後藤 夜半(ごとう やはん、1895年(明治28年)1月30日 - 1976年(昭和51年)8月29日 )は、大阪府出身の俳人。本名は潤。高浜虚子に師事、「諷詠」を創刊、主宰。「ホトトギス」同人。喜多流の能楽師で人間国宝の後藤得三、喜多流十五世宗家の喜多実はともに実弟。後藤比奈夫は息子。


  1. ^ a b 後藤比奈夫 「後藤夜半」 稲畑汀子編 『ホトトギスの俳人101』 新書館、2010年、30-31頁。
  2. ^ 山本健吉 『俳句鑑賞歳時記』 角川書店〈角川ソフィア文庫〉、2000年、107頁。
  3. ^ 三村純也 「後藤夜半」 『現代俳句大事典』普及版、三省堂、2008年、228-229頁。


「後藤夜半」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「後藤夜半」の関連用語

後藤夜半のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



後藤夜半のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
株式会社思文閣株式会社思文閣
Copyright(c)2019 SHIBUNKAKU Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.
現代俳句協会現代俳句協会
Copyright(C) 現代俳句協会
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの後藤夜半 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS