掻き雑ぜるとは?

Weblio 辞書 > 品詞の分類 > 動詞 > 下一段活用 > ザ行下一段活用 > 掻き雑ぜるの意味・解説 

かき‐ま・ぜる【×掻き混ぜる/×掻き雑ぜる】

[動ザ下一][文]かきま・ず[ザ下二

きまわし一つにまぜ合わせる混合させる。「砂利セメントを—・ぜる」

かき乱す混乱させる。「議論を—・ぜる」


かき‐ま・ぜる【掻混・掻雑】

〔他ザ下一〕 [文]かきま・ず 〔他ザ下二

いろいろな物事を、秩序なくまぜ合わせる。かきまわしてまぜる。

源氏100114頃)総角あじろの氷魚も心よせ奉りて、いろいろの木の葉かきまぜもて遊ぶをしも」

弦楽器を弾いて、他の楽器の音にまじるようにする。

夜の寝覚(1045‐68頃)一「箏の琴の時々かきまぜたるは、いとすぐれてきこゆ」

混乱を起こさせる。紛糾させる。かき乱す

野の花(1901)〈田山花袋〉九「自分の恋の悲しさといふ事やら、運命恐ろしさといふ事やらが、〈略〉自分の脳をかきまぜて了ふ」




品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「掻き雑ぜる」の関連用語

掻き雑ぜるのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



掻き雑ぜるのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館

©2021 GRAS Group, Inc.RSS