懸けとは?

かけ【掛(け)/懸(け)】

【一】[名]

売り値対す卸値また、本来の値段対する、値引きして売る値段割合

掛け売り」「掛け買い」の略。「—で買う」

売掛金」「買掛金」の略。「—がたまる」

掛け蕎麦(そば)」「掛け饂飩(うどん)」の略。

打ち掛け」の略。

黒塗り箪笥(たんす)から—を出し女に着せた」〈鴎外ヰタ‐セクスアリス

掛け布団(ぶとん)」の略。

相撲で、足を相手の足に掛けて倒す技の総称内掛け外掛けなど。

女帯の、締めはじめるほうの端。

名詞について、かけること。また、かけるもの。「洋服—」

10 言葉掛けて言うこと。

「児(こ)らが名に—のよろしき朝妻片山崖(ぎし)にたなびく」〈万・一八一八〉

11 掛け緒

折烏帽子に—して」〈義経記・二〉

【二】接尾

動詞連用形に付く。

動作途中である意を表す。「読み—」「食べ—」「吸い—」

㋑その動作が起ころうとする直前の状態であることを表す。「つぶれ—」

㋒その動作のついでである意を表す。「帰り—」

助数詞

一人で担ぐ程度の物を数えるのに用いる。

衣櫃(きぬびつ)二—にてあるを」〈源・松風

細長いものを数えるのに用いる。

中御門御亭馬手綱、二—、弁に一—」〈言継卿記

掛け鯛数えるのに用いる。

親仁には、角樽一荷塩鯛一—、銀一枚」〈浮・永代蔵・六〉


がけ【掛(け)/懸(け)】

接尾

名詞に付く。

㋐それを身につけている意を表す。「たすき—」「ゆかた—」

㋑(「心」あるいはそれに類する語に付いて)心の中にいつもあることを抱いている意を表す。「心—」「思い—ない」

㋒それを賭けることを表す。「命—」

人数を表す語に付いて、その人数だけ腰かけられることを表す。「三人—の椅子

漢語数詞に付いて、その数の割合であることを表す。「定価の八—で卸す

和語数詞に付いて、その数だけの倍数であることを表す。「その五つ—」

動詞連用形に付いて、その動作途中、その動作のついで、の意を表す。「帰り—」「行き—の駄賃


かけ【懸・掛・賭】

1動詞「かける(懸)」の連用形名詞化

言葉出して言うこと。また、その言葉

万葉(8C後)一〇・一八一八子らが名に関(かけ)のよろしき朝妻片山岸たなびく

② 物を留めたりひっかけたりする部品、ひも、道具など。

太平記14C後)二三「懸もはづさぬ車より、飛下ける程に

近世の上婦人の上着。うちかけ

滑稽本浮世風呂(1809‐13)三「『お規式(ぎしき)の時にはお下髪で、お眉を遊して、地黒地白や時々のお襠(カケ)を召て』『お襠(カケ)とはへ』『お襠(うちかけ)さ』」

④ 帯の部分の名。帯をしめ始めるとき、腰に回して短いほうの端をいう。→垂(た)れ。

つゆのあとさき1931)〈永井荷風〉三「君江は男の胸の上に抱かれたまま、羽織の下に片手を廻し、帯の掛けを抜いて引き出したので」

(5) 金銭支払い後でする約束行なう売買かけ売りかけ買い

浮世草子好色一代女(1686)四「店に掛(カケ)はかたくせぬ事なれども

(6) 支払約束で、まだ払われていない金。かけ金

多聞院日記天正九年(1581)六月六日薬屋方かけ今日迄は悉済了」

浄瑠璃丹波与作待夜の小室節(1707頃)中「よっぽどあいつにかけも有。丸はだかにして成共、かけを取て」

(7) かけ売り代金取り立てること。また、その人かけこいかけとり

俳諧俳諧三部抄(1677)上「せむる懸やらふ声には鬼もなし〈正休〉」

(8) 前々からの予定計略。〔日葡辞書(1603‐04)〕

仮名草子犬枕(1606頃)「いやなる物〈略〉かけの有夜のなが客人

(9) 相撲の手で、足を相手の足にからませて倒すわざの総称内がけ外がけ切り返しなどの類。

江戸繁昌記(1832‐36)初「投・繋(カケ)・捻・(そり)、啻だ力を闘はすならず、知を闘し術を闘す

(10) 相撲で、引き分けになること。勝負なしあずかり

歌舞伎極附幡随長兵衛(1881)序幕角力掛けになった上、明日興行にも拘はる仕儀

(11) 柔道などで、相手投げるために技を掛けること。

(12) 囲碁で、高い位の石から低い位の相手の石に対して高圧する手段

(13)かけそば掛蕎麦)」「かけうどん掛饂飩)」の略。

雑俳歌羅衣(1834‐44)三「がっかり・屋で掛ケを喰って帰り

(14)かけぶとん掛蒲団)」の略。

温泉宿(1929‐30)〈川端康成秋深き敷きのやうに固い掛けなのだが」

(15) =かけじ(懸路)〔日葡辞書(1603‐04)〕

(16) (賭)

(イ) 互いに金銭物品出し合って、勝ったほうがそれを手に入れるという約束勝負を争うこと。かけごと

玉塵抄(1563)一七「大擲は大がけをして百貫とも二百貫ともかけをして打たぞ」

(ロ) 結果を運にまかせてする行為成功する可能性少ない危険な行為。「かけに出る」

(17)フランス pari訳語実存主義哲学の用語。自己の実存意識の中で、自分現状を十分に認識した上で未来あるべき自分自身になろうと決意すること。

2接尾

数量表わす語に添えて、一人背負える程度の物を数えるのに用いる。

宇津保(970‐999頃)国譲下「山籠にとらせ給ふべき物とて、御衣櫃ひとかけに、ひとかけ持たせ給ふ

数量表わす語に添えて、細長いものを数えるのに用いる。

言継卿記大永七年(1527)四月一八日「法印同罷候、中御門御亭馬手綱、二懸、弁に一懸遣候」

③ 鐙(あぶみ)、鞦(しりがい)などの一対また、、特に二匹(たい)を向かい合わせにした、掛鯛(かけだい)を数えるのに用いる。

*伊京集(室町)「一懸 ひとカケ

④ (動詞連用形に付けて

(イ) その動作をし始めて、まだ中途であることをあらわす。

*家(1910‐11)〈島崎藤村〉上「終(しまひ)には玩具(おもちゃ)にも飽いて、の食ひかけをの上なすりつけ

(ロ) その動作が起ころうとする直前の状態であることを表わす。「死にかけ」「つぶれかけ」

(ハ) その動作のついでである意を表わす。がけ。

石山本願寺日記宇野主水日記天正一一年(1583)七月四日岸和田中村孫平次へも、内匠のぼりかけに、御案内として罷越、頼廉より折紙之」


がけ【掛・懸】

接尾〕 (動詞「かける(掛)」の連用形から) 名詞または動詞連用形に付く。

名詞に付いて、それを身に着けている意を表わす

浄瑠璃鑓の権三重帷子(1717)下「草鞋(わらんぢ)がけの体(てい)」

② 「心」あるいはこれに類する名詞に付いて、心中にいつもあることを抱いている意を表わす。常に気にしている意。「心がけ」「思いがけない」など。

名詞に付いて、それを賭けることを示す。

浄瑠璃吉野都女楠(1710頃か)二「命がけの盗して」

動詞連用形に付いて、その動作途中、その動作のついでの意を表わす。かけ。

玉塵抄(1563)三七故人の所えとまりがけに行とき路に迷たことか」

*虎明本狂言腰祈室町末‐近世初)「もどりがけに都へ参て、あふてはぐろへかへらふ」

*生(1908)〈田山花袋一一今日は廉かったと夫が帰り懸(ガ)けに見て来ていふ」

(5) 和語数詞に付いて、指一本の幅を単位とした長さを示す。ふせ。

義経記室町中か)四「三人張十三束三つがけ取って交ひ、よく引きてひゃうど射る

(6) 和語数詞に付いて、その数だけの倍数であることを示す。

御伽草子平野よみがへりの草紙室町時代物語所収)(室町中)「鬼のいろは、あをく、あかく、つめながく、まなこは日月のことし、せいのたかさは、人だけ三つがけなり」

(7) 漢語数詞に付いて、その数の割であることを示す。「八がけ」は八割の意。

(8) 人数表わす数詞に付いて、いすなどがその人数だけ腰かけられることを示す。「三人がけ」など。


かけ【駆・駈・懸】

〔名〕 (動詞「かける(駆)」の連用形名詞化

① 馬を疾走させること。

浄瑠璃大磯稚物語(1694頃)御狩馬揃お馬少老けたれども、かけに早く落ちず」

攻撃すること。合戦をしかけること。

平家13C前)九「さてこそ熊谷平山一二のかけをばあらそひけれ」

浮世草子新色五巻書(1698)五「あげやの二階に恋のかけ」


懸け

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「懸け」の関連用語

懸けのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



懸けのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館

©2022 GRAS Group, Inc.RSS