空隙とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > 空隙 > 空隙の意味・解説 

くう‐げき【空隙】

すきま。間隙。「空隙を埋める」「心の空隙」


エアギャップ

別名:エアーキャップ,空隙
【英】air gap

エアギャップとは、情報セキュリティの用語としては、コンピューターネットワークが、いかなる外部ネットワークからも物理的にも論理的にも隔離されている状況のことである。

エアギャップは、不正アクセスサイバー攻撃可能性極限まで減らすことが求められる環境において構築される。たとえば国家・経済産業および軍事分野において中枢のインフラを担うよなシステムは、高度な機密性求められるため、エアギャップにより隔離されたシステムとして構築される。

エアギャップが正しく構築され運用されても、エアギャップ内に人が直に侵入して(記憶メディア接続し)データを盗むという突破方法可能性として残る。その意味ではエアギャップの完璧防御策とまではいえない。しかし不正アクセスからシステムを守る手段としてはエアギャップは最も確実性の高い方法といえる


空隙

作者カール・エドワード・ワグナー

収載図書カッティング・エッジ
出版社新潮社
刊行年月1993.2
シリーズ名新潮文庫


空隙

出典:『Wiktionary』 (2018/07/06 10:27 UTC 版)

名詞

 くうげき

  1. 隙間間隙

発音

く↗ーげき



空隙と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「空隙」の関連用語

空隙のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



空隙のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2020 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリエアギャップの記事を利用しております。
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの空隙 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS