紅型とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 難読語辞典 > 紅型の意味・解説 

びん がた [0] 【紅型】

沖縄発達した型染め型紙一枚で、多彩な色挿しとぼかしの技法によって複雑な色調を表す。花鳥山水などの絵画風の文様が多い。 → あい)型

紅型

読み方:ビンガタbingata

沖縄産の模様


紅型

名称
紅型
びんがた

区分
重要無形文化財

保持
玉那覇有公
<たまなは ゆうこう>
沖縄県

解説
紅型は,固有の色遣い意匠により沖縄伝統文化伝え染色技法で,それが大きく発展したのは18世紀頃のことである。琉球王府時代,紅型衣裳着用できるのは士族階級上の人たちに限られた
伝統技法は,ルクジュウ(豆腐陰干しして固めたもの)を下敷きにして彫刻された型紙や糊筒を用いて布地に糊を置き,模様部分には染料顔料色差をして隈取(暈し)を行い,糊状にした後,地色染め仕上げるものである


紅型(ビンガタ)

沖縄代表的染物一つで、女踊りには欠くことのできない衣裳。「びんがた」または「かたちき」ともよばれ、500年上の歴史をもって今に継承されている。1719年尚敬王冊封記録中山伝信録』をみると、当時からすでに紅型は踊り衣裳として用いられていたことがわかる。

紅型

読み方びんがた

沖縄染められる色鮮やかな染めもの。独特の色彩顔料を用いるせいです。手描き型染めありますが、今はほとんどが後者です。紅型の型染めどんなに多彩色のものでも型紙一枚染められます。

紅型

名称: 紅型
ふりがな びんがた
芸能工芸区分 工芸技術
種別 染織
認定区分 各個認定
指定年月日 1996.05.10(平成8.05.10)
解除年月日
指定要件
備考
解説文: 紅型は、固有の色遣【いろづか】いや意匠により沖縄伝統文化伝え染色技法で、それが大きく発展したのは十八世紀ころのことである。琉球王府時代、紅型衣裳着用できるのは士族階級上の人たちに限られ、ことに華やかな大模様のものは王族など特定の階級のみに許されるものであったといわれる
 伝統技法は、ルクジュウ(豆腐陰干しして固めたもの)を下敷きにして彫刻された型紙や糊筒【のりづつ】を用いて布地に糊を置き、模様部分には染料顔料【がんりよう】で色差いろざし】をして隈取くまどり】(暈【ぼか】し)を行い、糊伏【のりぶせ】した後、地色染め仕上げるものである
 特有の意匠および顔料摺込【すりこみ技法等から琉球王府日本本土中国東南アジアとの文化交流認められる紅型は、友禅染小紋染等と並び工芸史的芸術的価値が高く、かつ、地方特色顕著に示すわが国代表的染色技法である。
工芸技術のほかの用語一覧
染織:  経錦  献上博多織  江戸小紋  紅型  佐賀錦  刺繍  首里の織物

紅型

作者大城立裕

収載図書大城立裕全集 第8巻(短編 1)
出版社勉誠出版
刊行年月2002.6


紅型

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/13 15:16 UTC 版)

紅型(びんがた)とは、沖縄を代表する伝統的な染色技法の一つ。14世紀の紅型の裂が現存しており、技術確立の時間を考慮すると、その起源は13世紀頃と推定されている。


  1. ^ 「『紅型』という名前」、久貝典子、沖縄学研究所紀要『沖縄学』、第9号、2006年NAID 40015565223NCID AA11260778


「紅型」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「紅型」の関連用語

紅型のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



紅型のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
文化庁文化庁
Copyright © 2019 The Agency for Cultural Affairs. All rights reserved.
沖縄県総合教育センター沖縄県総合教育センター
Copyright(C) 2003-2019 Okinawa Prefectural General Education Center. All Rights Reserved.
伝統的工芸品産業振興協会伝統的工芸品産業振興協会
Copyright (C) 2019 (財)伝統的工芸品産業振興協会 All rights reserved.
文化庁文化庁
Copyright (c) 1997-2019 The Agency for Cultural Affairs, All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの紅型 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS