中華圏とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 中華圏の意味・解説 

中華圏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/12 23:12 UTC 版)

中華圏(ちゅうかけん)または大中華地区(だいちゅうかちく、簡体字: 大中华地区繁体字: 大中華地區)とは、漢民族文化的特色が支配的な地域の総称。


  1. ^ a b c d Harding, Harry (Dec 1993). “The Concept of 'Greater China': Themes, Variations and Reservations”. The China Quarterly (136, Special Issue: Greater China): 660. 
  2. ^ a b Aretz, Tilman (2007). The greater China factbook. Taipei: Taiwan Elite Press. ISBN 978-986-7762-97-9. OCLC 264977502. http://www.books.com.tw/exep/prod/booksfile.php?item=0010380377 
  3. ^ Prospectus - ING Global and International Equity and Fixed-Income Funds - Class A, B,”. INGグループ (2009年2月27日). 2009年9月3日閲覧。
  4. ^ Dreyfus Greater China Fund (prospectus)”. ドレイファス・コーポレーション (2009年3月1日). 2009年9月3日閲覧。
  5. ^ J.P. Morgan Country/Region Funds: Class A, Class B & Class C Shares”. JFグレーター・チャイナ・ファンド (2009年2月28日). 2009年9月2日閲覧。
  6. ^ HSBC Chinese Equity Fund (Factsheet)”. HSBC Global Asset Management (UK) (2005年12月15日). 2009年6月30日閲覧。
  7. ^ Langston, Rob (2009年2月23日). “HSBC announces changes to Greater China fund”. FTアドバイザー. http://www.ftadviser.com/InvestmentAdviser/Investments/AssetClass/Equities/Growth/News/article/20090223/380253ec-fe75-11dd-ac57-00144f2af8e8/HSBC-announces-changes-to-Greater-China-fund.jsp 2009年6月30日閲覧。 
  8. ^ Shambaugh, David (Dec 1993). “Introduction: The Emergence of 'Greater China'”. The China Quarterly (136, Special Issue: Greater China): 654. 
  9. ^ Aihwa Ong (1999). Flexible Citizenship: The Cultural Logics of Transnationality. Duke University Press. pp. 60. ISBN 0-8223-2269-2. https://books.google.co.jp/books?id=7ziMg9du5jwC&pg=PA60&lpg=PA60&dq=greater+china+overseas+chinese&redir_esc=y&hl=ja 


「中華圏」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

中華圏のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



中華圏のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの中華圏 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS