スイートピーとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 植物 > > 一年草 > スイートピーの意味・解説 

スイートピー [4] 【sweet pea】

マメ科つる性一年草地中海沿岸原産は高さ1~2メートル羽状複葉葉腋から長い花柄出し,白・紫・淡紅色などの香りのよい大きな蝶形花数個つける。園芸品種多く切り花などにする。花豌豆麝香連理草(じやこうれんりそう)麝香豌豆[季] 春。

スイートピー

作者山口瞳

収載図書梔子(くちなし)の花
出版社新潮社
刊行年月1987.5
シリーズ名男性自身シリーズ

収載図書梔子の花
出版社新潮社
刊行年月1995.5
シリーズ名新潮文庫


スイートピー

作者高橋三千綱

収載図書花言葉愛の劇場42
出版社集英社
刊行年月1994.12
シリーズ名集英社文庫


スイートピー

作者壺井栄

収載図書壺井栄全集 6
出版社文泉堂出版
刊行年月1998.4


スイートピー

作者桜井健二

収載図書オペラとマシュマロ
出版社東京図書出版会
刊行年月2007.12


スイートピー

Lathyrus odoratus

Lathyrus odoratus

Lathyrus odoratus

Lathyrus odoratus

Lathyrus odoratus

レンリソウ属は、地中海沿岸中心に110種ほどが分布しています。本種はシチリア島原産です。蔓性で、長さは3~4メートルにもなります。イギリス品種改良が行われ、わが国へは明治時代渡来しました。夏咲き系や冬咲き系があり、花色も豊富です。別名で、「かおりえんどう(香豌豆)」とか「じゃこうれんりそう麝香連理草)」と呼ばれます。
マメ科レンリソウ属一年草で、学名Lathyrus odoratus。英名は Sweet pea
マメのほかの用語一覧
ルピナス:  黄花ルピナス  傘葉ルピナス
レダマ:  連玉
レンリソウ:  スイートピー  黄花の連理草  広葉の連理草  浜豌豆

スイートピー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/04/29 18:15 UTC 版)

スイートピー (Sweet pea,学名Lathyrus odoratus) は、マメ科レンリソウ属植物。和名では、ジャコウエンドウ(麝香豌豆)やカオリエンドウ(香豌豆)、ジャコウレンリソウ(麝香連理草)などと呼ばれている。


  1. ^ W.ベイトソン 『scientific papers of william bateson』 1928年
    p.52 他
  2. ^ 中日新聞三重版2006年1月28日記事
  3. ^ Colin Hambridge:著 『The unwin book of sweet peas』 (ISBN 978-1851830954) Silent Books:刊 1996年


「スイートピー」の続きの解説一覧





スイートピーと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「スイートピー」の関連用語

スイートピーのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



スイートピーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ボタニックガーデンボタニックガーデン
Copyright 2001-2018 shu(^^). All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのスイートピー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS