アルファルファとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 生物 > 植物 > マメ科 > アルファルファの意味・解説 

アルファルファ

英語:alfalfa

アルファルファの意味

アルファルファとは、スプラウト一種のこと。スプラウトは、植物の新芽一般を指す言葉で、発芽の際にカリウムベータカロチンといったさまざまな栄養素が生み出されるため、成熟した野菜比べてもその栄養価値は高いと言われている。アルファルファという言葉語源は、牧草という意味の英単語であり、日本名ではムラサキウマコヤシと呼ばれている。かつては文字通り牧草として馬や牛などの家畜の餌に用いられたり、ハーブ一つとして家庭で栽培されたりしていたが、その栄養素の高さから「野菜王様」と呼ばれるようになったことで価値見直され、スーパーマーケット野菜売り場などでも頻繁に目にする機会が増えてきている。なお、このアルファルファがはじめて国内生産されるようになったのは1981年のことであるが、それ以前アメリカはじめとする海外ではすでに食用として栽培が行われていた。

アルファルファの用途

アルファルファは、もともとは中央アジアヨーロッパ原産地とする植物で、古代においては地中海沿岸北アフリカなどを中心に生息していた。そのため当時文献にもその存在はしばし登場している。店頭目にする姿から、根とだけのイメージ持っている人が多いかもしれないが、実際に6月から8月にかけての夏場になると紫色美し花を咲かせるなど観賞用としての価値も有している。また、種は着物などの衣類染料として利用されており、乾燥させて湯を注げばハーブティーになるなど、幅広い用途使える便利な植物のである

アルファルファに似た野菜

アルファルファに似た野菜には、もやしやかいわれ大根などがあるが、これらはいずれもスプラウト一種であり、豊富な栄養分を含んでいるという点では共通である。これらに加えブロッコリースプラウトやマスタードスプラウトといった同じスプラウト分類される野菜数多く存在しており、国内外幅広く食用として用いられている。

アルファルファの栽培方法

アルファルファをスーパーなどで購入すると、それなりに値が張るため何とかして自宅栽培できないか考える人もいるだろう。実はアルファルファの栽培それほど難しくない。用意するのは、竹製のざる、少し厚めポリ袋ボウル、アルファルファの種の4つだけでよく、これらはすべて大型ホームセンターに行けば購入することが可能である。

具体的な栽培方法としては、まず最初にボウルを入れて5時間ほど種を浸し、その後に種を竹ザル並べて水気をとった上でポリ袋被せるだけである。成長促すためにザルごと水洗いすれば、5日ほどでが出てくるはずだ。注意点としては、夏場腐敗しやすいため、水気をよく切らず放置していると腐ってしまうということである。乾燥しすぎるのもよくないが、あまり水浸しにしないようにしっかり管理する必要があるまた、が出てしばらく経つと栄養分分散してしまうため、食用にするのであればなるべく早めに収穫した方が良いだろう。

アルファルファモザイク

インターネットで「アルファルファ」という単語検索すると、<アルファルファモザイク>というサイトが見つかるだろう。こちらは、様々なニュース雑学アニメなどの情報まとめサイトとなっており、その情報ソースは主にオンライン総合掲示板であるとされている。なぜ「アルファルファ」という言葉が用いられているのかという点については必ずしも明確ではないが、一説には栄養豊富なアルファルファに因んで、役に立つ情報が詰まったサイトにしたいという願い込められて名付けられたのではないかとも言われている。生活に役立つ情報から、ちょっとした雑学に至るまで、多種多様情報掲載されているため、時間がある人は一度見てみると良いだろう。

アルファルファ【alfalfa】

マメ科多年草。高さ3090センチは3小葉からなる複葉で、縁にぎざぎざがある。夏、淡紫色蝶形の花が多数咲く。最古飼料作物の一。もやしはサラダなどにして食べる。ルーサンむらさきうまごやし


アルファルファ(ALFALFA)


アメリカではアルファルファ、ヨーロッパではルーサンLucerne>と呼ばれます。 古くからペルシャ地方飼料とされました。日本には江戸時代末期伝来しましたが、牧草としての栽培明治以降で、主に北海道定着しました。マメ科多年草で、は3小葉からなり草丈は1m程になります芽生えたばかりのものを、私たちは「アルファルファもやし」と呼びサラダおひたしにして食べますが、牛たちが食べる牧草とされるのは茎葉部です。


アルファルファ


アルファルファ

「紫花種」は、和名ムラサキウマゴヤシ紫色の花をつけ、温暖向き。ナツワカバはこの品種で 非休眠型と呼ばれ、刈り取り後の再生早いので、多回刈り利用に適します。「黄花種」は、黄色の花をつけ、寒さ強く北海道向きキタワカバがこの品種いづれも直根が数mの深さまで伸び乾燥強く日当たり水はけ良い土地好みます。


アルファルファ

紀元前ペルシャ攻め込んだアレキサンダー大王軍隊が、軍馬用のエサとして持ち歩いた、 というほど古くから使われてきた 乾草です。北米カナダからの輸入品多く人気が高い。 もっとも栄養価値の高い乾草


アルファルファ

牧草アルファルファを人工的火力乾燥して粉末固形したもの飼料加えると食欲増し乳量増加効果ありますアメリカから小型ペレット化して輸入され、濃厚飼料に混ぜて使用されています。良質のものは、タンパク質2023%を含みミネラルビタミン供給源として活用されています。

<ミルククラブ情報誌'93 SUMMER vol.8より>

アルファルファ

アルファルファは、草丈が1m程度豆科多年草です。中央アジア原産牧草で、日本名ムラサキウマゴヤシ種子発芽させてもやしにしたもので、このもやしを健康食品として使用します。

アルファルファ

豆科多年生牧草で、粗蛋白質多く含み牧草王様とも呼ばれる馬の飼料には欠かせない牧草品種により寒地暖地にも向くが日本に多い酸性土壌は嫌う。
アルファルファ

ムラサキウマゴヤシ

(アルファルファ から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/24 22:16 UTC 版)

ムラサキウマゴヤシ(紫馬肥やし、: AlfalfaMedicago sativa)は、マメ科ウマゴヤシ属多年草中央アジア原産。アルファルファルーサンとも呼ばれる。


  1. ^ a b c 米倉浩司; 梶田忠 (2003-). “「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList)”. 2012年6月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年5月17日閲覧。


「ムラサキウマゴヤシ」の続きの解説一覧



アルファルファと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「アルファルファ」の関連用語

アルファルファのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



アルファルファのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2021 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
一般社団法人中央酪農会議一般社団法人中央酪農会議
(C) 2021 Japan Dairy Council All right reserved.
Supplement Kuchikomi RankingSupplement Kuchikomi Ranking
(C)2021 All Rights Reserved. 健康食品のあり方を考える日本サプリメント評議会の運営です。
JRAJRA
Copyright 2021 Japan Racing Association.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのムラサキウマゴヤシ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS