フェライト磁石とは?

Weblio 辞書 > 工学 > マグネット用語 > フェライト磁石の意味・解説 

フェライト磁石

【英】:Ferrite Magnet

酸化第二鉄Fe2O3主成分とする磁性酸化物からなる磁石実用磁石においてはBaバリウム)やSrストロンチウム)を含有しているので、バリウムフェライト磁石あるいはストロンチウムフェライト磁石とも呼ばれる主成分酸化物で、価格が安い、耐食性が高い、比電気抵抗が高い等の特長持っている。ただし磁気特性希土類磁石比較すると低く、最大エネルギー積希土類磁石の約1/10である。

フェライト磁石

ごく一般的な磁石の名称。
MO・6Fe2O3M=Baバリウム)またはSrストロンチウム)、O=酸素Fe〕の 基本組成を持つ、酸化鉄材料とする永久磁石
磁気特性希土類磁石アルニコ磁石及ばない安価生産量は最も多い。

フェライト磁石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/02 07:26 UTC 版)

フェライト磁石 (Ferrite magnet) は、フェライト磁性体による磁石である。特に強磁性のハード・フェライトが、一般にいう磁石の性質を持つ。軟磁性のソフト・フェライトは(軟磁性であるため)フェライトコアなどに使われる。


  1. ^ a b c 日刊工業新聞社編 『モノづくり解体新書』 日刊工業新聞社 2007年10月28日初版第1刷発行 ISBN 9784526059490
  2. ^ 田口仁, 武石卓, 諏訪建一郎. "高飽和磁化 LaZn 置換 M 型フェライト磁石." 日本応用磁気学会誌 21.5 (1997): 901-906.
  3. ^ 田口仁, 武石卓, and 諏訪建一郎. "フェライト磁石の高性能化に関する研究." 粉体および粉末冶金 44.1 (1997): 3-10.
  4. ^ フェライトマグネットの低温減磁について


「フェライト磁石」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「フェライト磁石」の関連用語

フェライト磁石のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



フェライト磁石のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
信越レア・アースマグネット信越レア・アースマグネット
Copyright © 2019 Shin-Etsu Chemical Co.,Ltd. All rights reserved.
材料屋.com材料屋.com
Copyright(c) 2004-2019 (有)イーマテリアル
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのフェライト磁石 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS