慶応義塾とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 慶応義塾の意味・解説 

慶應義塾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/14 01:41 UTC 版)

慶應義塾(けいおうぎじゅく)は、日本学校法人福澤諭吉1858年中津藩江戸藩邸で開いた蘭学塾が起源。シンボルマークは、ペンマーク。


注釈

  1. ^ 紀州藩親藩だったために、幕末には長州征伐に出陣したりするのだが、地理的環境から京都大阪を通じて反幕勢力の状態も知り、彼らに倣って早くから英学を採り入れたのである。鎌田栄吉の自伝によると廃藩前に紀州藩で福澤諭吉を破格の待遇で招こうとしたのだが、すでに慶應義塾を開いていたので不可能だった。そして紀州出身で福澤門下の松山棟庵が和歌山に帰って藩立の共立学舎という英学校を作った。その助教がやはり慶應出身の吉川泰次郎(後の郵便汽船三菱会社社長)だった。明治五年になって藩学は県学となって吉田政之丞が慶應から帰って来て、数人の助手を抱えて英学を教えた。鎌田栄吉はここで理学初歩、地理初歩に初まって、ギゾーの文明史、テーラーの英国史、ウエーランドの経済書などをすべて慶應流で教えられたとのことである。前記のように旧藩時代から小泉信吉横浜正金銀行の創立者)らが福澤門下となっていたが、「福翁自伝」にも塾には紀州の学生が多いと書いている。当時の慶應義塾では福澤の属した中津藩出身者、越後長岡藩出身者、紀州藩出身者が学生の主流だったということである。また、岸幹太郎徳川家家令)、草郷清四郎(紀州藩騎兵指揮官)、三宅米吉歴史学者)、巽孝之丞ら初期の藩士だった
  2. ^ また、維新後の和歌山における慶應義塾を範にとった変則中学の展開や、中井芳楠長屋喜弥太が創設した私塾自修社(後の自修学校)、同地の義田結社「徳義社」の結成など、紀州藩との密なる関係がみてとれる。
  3. ^ 開校当初は塾生の代表が塾長となり、学生として在籍する傍ら教壇に立つことが多かった。
  4. ^ 明治維新後に洋学・特に英語を学習する生徒が殺到し、校舎の増築がままならなかったため。
  5. ^ 正則科は修業年限7年、変則科は満17歳以上を入学の条件として修業年数を定めなかった(歴史:[慶應義塾])。
  6. ^ 鹿児島出身の塾生のなかには西郷軍に加わり戦死した者もいたという(『慶應義塾百年史』 上巻、726頁)。
  7. ^ 翌年専修学校の開校にともない廃止され、一部の学生は専修学校法律科2年に編入された(学校法人専修大学 『専修大学百年史』 下巻、1696頁)。
  8. ^ 三田英学校、錦城学校を経て現・錦城学園(慶應義塾150年史資料集編集委員会 『慶應義塾150年史資料集 2 基礎資料編』 2016年、25頁)。
  9. ^ この頃、攻玉社同人社と共に「三大義塾」として並び称され、代表的な各種学校となる。
  10. ^ このときハーバード大学から教員3名を招聘した(『慶應義塾七十五年史』 164頁)。
  11. ^ 大学部は定員割れの状況が続いていたため、中上川彦次郎などは大学部を廃止して高等科を拡充すべきだと訴えていた(『慶應義塾百年史』 中巻(前)、189-199頁)。
  12. ^ 翌年大学科を大学部、普通学科を普通部と改称(『慶應義塾百年史』 中巻(前)、269頁)。
  13. ^ 当初は三田の旧普通部教室を主に使用した(『慶應義塾七十五年史』 223頁)。
  14. ^ 常議員会の設置により1946年廃止。
  15. ^ 東京横浜電鉄(現東急電鉄)が誘致し、校舎用地の提供を受けた(『慶應義塾百年史』 中巻(後)、297-330頁)。
  16. ^ 当初は文学部心理学研究室、法学部法律鑑定部などが置かれ、1943年からは慶應義塾大学亜細亜研究所の施設となったが(1946年廃止)、昭和26年(1951年)から慶應義塾女子高等学校となった(『慶應義塾百年史』 中巻(後)、522-523頁)。
  17. ^ 藤原工業大学は藤原銀次郎の寄付により1939年に開校、当初から慶應義塾への統合を前提としていた。
  18. ^ 旧東邦電力の東邦産業研究所跡地を、同窓の松永安左エ門による寄付によって取得。
  19. ^ 5年卒業生と4年修業生は旧制最後の大学予科へ、3年修業生は新制高校へ進学(『慶應義塾百年史』 下巻、177-178頁)。
  20. ^ 一校あたりの定員数制限が緩和されたため(『慶應義塾百年史』 下巻、166頁)
  21. ^ キャンパスの使用方法が戦前の予科(新制の高等学校3年および学部1・2年に相当)と大学の区分に戻る。
  22. ^ 旧小金井キャンパス跡地の一部はグラウンドとして学生や地域住民に利用されたが、1991年までにすべて売却された(『慶應義塾 歴史散歩』 キャンパス編、148頁)。

出典

  1. ^ 飯田鼎『福沢諭吉——国民国家論の創始者』中央公論社〈中公新書722〉、1984年3月。ISBN 4-12-100722-0
  2. ^ 江川坦庵の知名度 桜井祥行(高32)
  3. ^ a b c 慶應義塾図書館史
  4. ^ 石河幹明・前揚第一巻
  5. ^ a b 「慶應義塾七十五年史」210頁
  6. ^ 上田正一, 「上田貞次郎伝」泰文館 1980年, NCID BN01322234
  7. ^ 「紀州塾」[リンク切れ]
  8. ^ 慶應キャンパス新聞 塾統~慶應義塾の伝統 第40回 「塾長経験・歴代最長」 鎌田栄吉 at Archive.is (archived 2006-11-10)
  9. ^ 『慶應義塾百年史』 上巻、236頁
  10. ^ [慶應義塾豆百科] No.7 塾名の由来
  11. ^ 慶應義塾七十五年史』 54-74頁
  12. ^ [慶應義塾豆百科] No.39 慶應義塾維持法案
  13. ^ a b 塾旗も含めて制式化されるのは1964年である([慶應義塾豆百科] No.51 『三色旗』)。
  14. ^ a b 慶應義塾機関誌|三田評論 第91回 陸上・水上運動会の変遷 2014年6月号
  15. ^ 慶應義塾七十五年史』 201-202頁
  16. ^ 慶應義塾七十五年史』 202-203頁
  17. ^ 『慶應義塾百年史』 中巻(前)、417頁
  18. ^ 『慶應義塾百年史』 中巻(前)、415-416頁
  19. ^ ステンドグラス 塾生の制服
  20. ^ 官報』 1904年01月09日
  21. ^ 『慶應義塾百年史』 中巻(前)、673-676頁
  22. ^ 『慶應義塾百年史』 中巻(前)、669-671頁
  23. ^ 『慶應義塾百年史』 中巻(前)、747-750頁
  24. ^ 『慶應義塾百年史』 中巻(前)、671-672頁
  25. ^ 慶應義塾150年史資料集編纂委員会編 『慶應義塾150年史資料集 第2巻』 慶應義塾、2016年、426頁
  26. ^ 慶應義塾看護教育の原点「看護婦養成所」
  27. ^ 慶應義塾七十五年史』 223頁
  28. ^ 官報』 1922年3月11日
  29. ^ 塾監局が見つめる歴史 2020年10月14日閲覧。
  30. ^ 『慶應義塾百年史』 中巻(後)、300頁
  31. ^ 慶應義塾大学医学部二十周年記念誌』 1940年、21-22頁
  32. ^ 三田評論 第51回 天現寺界隈、そして幼稚舎
  33. ^ 塾歌・カレッジソング:[慶應義塾]
  34. ^ a b 『慶應義塾百年史』 下巻、219-223頁
  35. ^ a b [慶應義塾豆百科] No.75 厚生女子学院
  36. ^ 2 「登戸」以降の跡地 - 明治大学
  37. ^ 『慶應義塾百年史』 中巻(後)、1054-1055頁
  38. ^ 『慶應義塾百年史』 中巻(後)、1051-1052頁
  39. ^ [慶應義塾豆百科] No.25 福澤記念園
  40. ^ 『慶應義塾百年史』 下巻、225-227頁
  41. ^ 【文化人シリーズ】福沢諭吉|日本郵便趣味協会
  42. ^ 『慶應義塾百年史』 下巻、24頁
  43. ^ 日吉記念館建て替え計画について:[慶應義塾] 2020年10月12日閲覧。
  44. ^ 慶応義塾100年|記念・特殊切手|日本郵便趣味協会
  45. ^ [ステンドグラス] 三色旗あれこれ
  46. ^ 慶應義塾命名100年記念式典|写真に見る戦後の義塾|三田評論ONLINE
  47. ^ [慶應義塾豆百科] No.26 福澤諭吉終焉之地記念碑
  48. ^ 沿革|センター紹介|慶應義塾福沢研究センター
  49. ^ [慶應義塾豆百科]No.81 幻の門
  50. ^ 東日本大震災への対応:[慶應義塾]
  51. ^ 新・日吉記念館が竣工:[慶應義塾] 2020年10月12日閲覧。
  52. ^ 慶應義塾の「三藩」[リンク切れ]
  53. ^ 築地鉄砲洲に 慶應義塾が建学されたころ塾には三つの大きなグループがあった。一つは九州中津の奥平藩、これは福澤先生の出身地。二つ目が紀州藩、三つ目が越後長岡藩だった。[リンク切れ]
  54. ^ 『慶應義塾入社生徒表』1882年
  55. ^ 石川幹明・『福澤諭吉伝』第一巻
  56. ^ 石川幹明・前揚第一巻
  57. ^ 慶應義塾、共立薬科大と合併へ -義塾に薬学部・薬学研究科設置か- ∣ SFC CLIP
  58. ^ Keio Top News 2008年4月1日の合併に向け、学校法人慶應義塾と学校法人共立薬科大学が合併契約を締結 2007/3/26[リンク切れ]
  59. ^ [1]
  60. ^ [慶應義塾豆百科] No.7 塾名の由来、慶應義塾大学。
  61. ^ [慶應義塾豆百科] No.8 「義塾」という名のおこり
  62. ^ 福澤諭吉、『学問ノスゝメ』
  63. ^ [慶應義塾豆百科] No.60 独立自尊
  64. ^ 独立自尊の4字は、福澤諭吉の戒名「大観院独立自尊居士」にも取り入れられている。この名は、高弟・小幡篤次郎の撰によるとされる。
  65. ^ 福澤諭吉、「西洋の実学」、『福澤諭吉著作集』第5巻
  66. ^ a b c 福澤諭吉、「慶應義塾改革の議案」
  67. ^ a b [慶應義塾豆百科] No.53 「慶應義塾の目的」
  68. ^ 最終の在学生は1946年9月まで在籍(『慶應義塾百年史』 付録、386頁)。
  69. ^ 慶應義塾規約 (PDF) 第7条
  70. ^ 次期塾長に、長谷山彰常任理事が選任される:[慶應義塾]
  71. ^ a b 伊藤公平塾長および常任理事が就任 慶應義塾 (2021年5月28日) 2021年6月10日閲覧。
  72. ^ [ステンドグラス] 世紀送迎会
  73. ^ 慶應義塾「世紀送迎会」
  74. ^ 両陛下、慶應義塾創立150年式典に[リンク切れ]
  75. ^ 【慶應義塾 創立150年】三田、湘南、大阪に生中継
  76. ^ 主な式典におけるおことば(平成20年):天皇陛下のおことば - 宮内庁
  77. ^ 両陛下、「小泉信三展」ご鑑賞 慶應義塾図書館旧館
  78. ^ 慶應義塾の周年行事[リンク切れ]
  79. ^ 加山雄三さんらコンサート、慶應義塾創立150年記念[リンク切れ]
  80. ^ 東京国立博物館 - 展示 表慶館 慶應義塾創立150年記念 「未来をひらく福澤諭吉展」
  81. ^ 文政12年(1829年)の記録(大郷信斎『道聴塗説』第19編)には、「三田島原侯の別邸に住む老狐は、数百年の星霜を経ていて神霊に通じる力がある」との噂を載せている[慶應義塾豆百科] No.32 稲荷山
  82. ^ [ステンドグラス] 義塾の学園祭、その起源を探る ~三田祭、四谷祭、秋祭、矢上祭、芝共薬祭~
  83. ^ 新病院棟建設 | 慶應義塾大学病院
  84. ^ 日本ワックスマン財団 概要





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「慶応義塾」の関連用語

慶応義塾のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



慶応義塾のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの慶應義塾 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS