明治十四年の政変とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > 事件 > 明治十四年の政変の意味・解説 

めいじじゅうよねん‐の‐せいへん〔メイヂジフよネン‐〕【明治十四年の政変】

読み方:めいじじゅうよねんのせいへん

明治14年(1881)国会開設憲法制定をめぐる政府内部対立から、漸進派の伊藤博文らが急進派参議大隈重信らを追放した事件政府10年後の国会開設約束し一方で薩長藩閥体制確立した


明治十四年の政変

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/05/16 13:27 UTC 版)

明治十四年の政変(めいじじゅうよねんのせいへん)とは、明治14年(1881年)10月に参議大隈重信明治政府中枢から追放された事件。自由民権運動が勃興する中で発生した開拓使官有物払下げ事件に端を発した事件であり、大隈と大隈系官僚が政府から去ったことにより政府内の構造が大きく変容した。


  1. ^ 関西貿易商会、関西貿易会社という表記も見られる[18]
  2. ^ 明治天皇の侍補を勤めていた土方久元の回想による。一方で参議のひとり山田顕義は、閣議では反対は出ず、大隈も補助金についてのみあとになってから反対したとしている(木曽朗生 2005, p. 126-127)
  1. ^ a b 伊藤之雄 2019, p. 248.
  2. ^ 伊藤之雄 2019, p. 254-259.
  3. ^ 伊藤之雄 2019, p. 263-265.
  4. ^ 伊藤之雄 2019, p. 251-252.
  5. ^ a b 伊藤之雄 2019, p. 265-266.
  6. ^ 伊藤之雄 2019, p. 266.
  7. ^ 伊藤之雄 2019, p. 266-267.
  8. ^ 伊藤之雄 2019, p. 269.
  9. ^ a b 木曽朗生 2005, p. 93-94.
  10. ^ 伊藤之雄 2019, p. 273.
  11. ^ 伊藤之雄 2019, p. 273-274.
  12. ^ 伊藤之雄 2019, p. 275-276.
  13. ^ a b 伊藤之雄 2019, p. 281.
  14. ^ 伊藤之雄 2019, p. 277-281.
  15. ^ 伊藤之雄 2019, p. 282.
  16. ^ 渡辺俊一 1994, p. 194-195.
  17. ^ 伊藤之雄 2019, p. 278.
  18. ^ 明治14年に五代友厚が関西貿易社を創立しているが、明治16年に解散しているようである。その間の詳細が分かる資料はあるか。”. レファレンス協同データベース. 2021年11月22日閲覧。
  19. ^ a b 伊藤之雄 2019, p. 282-283.
  20. ^ 木曽朗生 2005, p. 89-90.
  21. ^ 伊藤之雄 2019, p. 284.
  22. ^ 木曽朗生 2005, p. 109.
  23. ^ 宮地英敏 2014, p. 190.
  24. ^ 宮地英敏 2014, p. 191.
  25. ^ 宮地英敏 2014, p. 193.
  26. ^ 木曽朗生 2005, p. 129.
  27. ^ a b c 伊藤之雄 2019, p. 283.
  28. ^ 宮地英敏 2014, p. 182-183.
  29. ^ 宮地英敏 2014, p. 192-193.
  30. ^ 伊藤之雄 2019, p. 285.
  31. ^ 伊藤之雄 2019, p. 286.
  32. ^ 渡辺俊一 1994, p. 196-198.
  33. ^ 渡辺俊一 1994, p. 204.
  34. ^ 笠原英彦 2019, p. 6.
  35. ^ 渡辺俊一 1994, p. 242-243.
  36. ^ 渡辺俊一 1994, p. 200.
  37. ^ 伊藤之雄 2019, p. 288-289.
  38. ^ 伊藤之雄 2019, p. 289.
  39. ^ 伊藤之雄 2019, p. 290.
  40. ^ a b c d 伊藤之雄 2019, p. 291.
  41. ^ 木曽朗生 2007, p. 126-127.
  42. ^ 木曽朗生 2007, p. 227.
  43. ^ 木曽朗生 2007, p. 228.
  44. ^ 渡辺俊一 1994, p. 198-199.
  45. ^ a b 伊藤之雄 2019, p. 292.
  46. ^ 渡辺俊一 1994, p. 209-210.
  47. ^ 笠原英彦 2019, p. 3.
  48. ^ 渡辺俊一 1994, p. 215-216.
  49. ^ 渡辺俊一 1994, p. 216.
  50. ^ 伊藤之雄 2019, p. 299-302.
  51. ^ 木曽朗生 2005, p. 173.
  52. ^ 笠原英彦 2019, p. 23-25.


「明治十四年の政変」の続きの解説一覧

明治十四年の政変

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/03 21:34 UTC 版)

民法典論争」の記事における「明治十四年の政変」の解説

1881年、明治十四年の政変。ボアソナード政府諮問応えて大隈重信主張するイギリス流の議院内閣制採用時期尚早主張政府の方針決定にも影響与えた政変後、フランス参考参事院(現内閣法制局)が設置され民法編纂総裁伊藤議長代わる可能性があったが、元老院議官水本成美津田真道働きかけにより、大木がその地位止まった商法訴訟法からは撤退)。 その後商法ロエスレルに(明治14年)、民訴法ヘルマン・テッヒョーに(明治17年)、裁判所構成法オットー・ルードルフドイツ語版)(明治21年)に、いずれもドイツ人起草委嘱されたのを政変起因する政府の方針転換現れとする見方があるが、ロエスレルは反ビスマルク・反ドイツ危険人物目され伊藤承知していたが引き続き重用され憲法草案をも起草したという側面がある。また民訴法に関しては、テッヒョーが判事検事として実務経験があり、自国法にも固執しない立場だから適任だったに過ぎない染野義信)、あるいは仏民訴法典は民法比べて革命反動法の性格濃厚であり、ルイ14世時代の王令のほぼ焼き直しに過ぎないという悪評伊藤察知していたからだとする見方もある(鈴木正裕)。後述のようにルードルフ戸主制全廃論者同時代人による説明では、ほかにフランス人適任がいなかったのみならず仏法が古過ぎ、商法訴訟法最新法律模範にすべきとの趣旨からドイツ人委託したとされる志田鉀太郎明治商法起草補助者)。 仏法派も引き続き重用され岸本辰雄長谷川喬らは報告委員として商法編纂参加磯部民訴法審議重要な役割果たした

※この「明治十四年の政変」の解説は、「民法典論争」の解説の一部です。
「明治十四年の政変」を含む「民法典論争」の記事については、「民法典論争」の概要を参照ください。


明治十四年の政変

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/24 16:20 UTC 版)

九鬼隆一」の記事における「明治十四年の政変」の解説

明治14年1881年)に自由民権運動歯止めかけようとした伊藤博文らにより、いわゆる明治十四年の政変が起き大隈重信政府から追放された。この際に、大隈福澤諭吉藩閥政府代わる内閣組織しようとしていたとの疑惑から、福澤影響が強い慶應義塾出身官僚多数官を辞することになったこの中には犬養毅尾崎行雄などが含まれる。 しかし九鬼は、彼らと一線を画して文部省残り福澤文明開化主義反対する伝統主義的な教育政策実施となったこのため九鬼福澤の関係は極度に緊張し、後に福澤会合への招待状誤って九鬼送った事務担当者対す注意の中で、『九鬼存在座上犬ころがいるようなものだ』という過激な表現福澤用いている。なお、最終的に九鬼福澤謝罪する形で両者の間に和解成された。

※この「明治十四年の政変」の解説は、「九鬼隆一」の解説の一部です。
「明治十四年の政変」を含む「九鬼隆一」の記事については、「九鬼隆一」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「明治十四年の政変」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



明治十四年の政変と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「明治十四年の政変」の関連用語

明治十四年の政変のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



明治十四年の政変のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの明治十四年の政変 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの民法典論争 (改訂履歴)、九鬼隆一 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS