空港整備特別会計とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ビジネス > 会計 > 会計 > 空港整備特別会計の意味・解説 

空港整備特別会計

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/05/10 13:57 UTC 版)

空港整備特別会計(くうこうせいびとくべつかいけい)とは、空港整備特別会計法に基づく日本国政府特別会計の1つであり、昭和45年予算より適用された。


  1. ^ 着陸料、停留料、保安料、航行援助施設利用料
  2. ^ 国が設置する空港の設置、改良、管理。国以外のものが管理する空港の設置・改良に対する助成。空港整備事業に占める大都市拠点空港(成田、関西、中部及び羽田)の歳出予算シェアは昭和55年(1980年)の18.1%から平成15年(2003年)には74.2%に達した。
  1. ^ 国土交通省所管 特別会計に関する情報開示 - 国土交通省” (日本語). www.mlit.go.jp. 2018年5月10日閲覧。
  2. ^ 「発着回数多くても赤字に 空港の個別収支試算」 2007年4月26日 共同通信
  3. ^ 森功「血税空港」ISBN 978-4-344-98127-0


「空港整備特別会計」の続きの解説一覧



空港整備特別会計と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「空港整備特別会計」の関連用語

空港整備特別会計のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



空港整備特別会計のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの空港整備特別会計 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS