無戸籍者とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 無戸籍者の意味・解説 

無戸籍者

読み方:むこせきしゃ

戸籍がない者のこと。生後出生届提出受理されないと無戸籍者となる。いわゆる離婚後300日問題などで発生することがある

無戸籍者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/07 01:00 UTC 版)

無戸籍者(むこせきしゃ)とは、日本において戸籍を有しない個人


  1. ^ “出生届” (プレスリリース), 法務省, http://www.moj.go.jp/ONLINE/FAMILYREGISTER/5-1.html 2014年10月1日閲覧。 
  2. ^ 戸籍法第46条 届出期間が経過した後の届出であつても、市町村長は、これを受理しなければならない。
  3. ^ 戸籍法第110条 本籍を有しない者は、家庭裁判所の許可を得て、許可の日から十日以内に就籍の届出をしなければならない。
  4. ^ 手続き・届出110 就籍届
  5. ^ 就籍許可手続に関する諸問題宇野栄一郎、駒澤大学法学部研究紀要25、p114-p122、1967年3月15日


「無戸籍者」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「無戸籍者」の関連用語

無戸籍者のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



無戸籍者のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの無戸籍者 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS