ケジラミ症とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > ケジラミ症の意味・解説 

ケジラミ症

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/08/13 01:14 UTC 版)

毛じらみ症(けじらみしょう)とは、ケジラミ(毛虱)という吸血昆虫による性感染症である。成虫の大きさは1mm~2mmで肉眼的には、陰毛の毛根にしがみついている時は「シミ」に、陰毛を移動中には「フケ」にしか見えないため、発見には苦労する。成虫は陰毛の毛根にフック状の鈎爪で身体を固定して皮膚から吸血する。卵は陰毛に粘着している。




「ケジラミ症」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ケジラミ症」の関連用語

ケジラミ症のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ケジラミ症のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのケジラミ症 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS