紋とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > 模様 > の意味・解説 

もん【紋】

常用漢字] [音]モン(呉) [訓]あや

模様。あや。「紋様衣紋(えもん)・小紋(こもん)・指紋地紋蛇紋掌紋声紋波紋斑紋(はんもん)・風紋無紋

家のしるし。「紋章紋所(もんどころ)・紋服家紋金紋定紋(じょうもん)」

名のり]あき


もん【紋/文】

物の表面に表された図形。あや。紋様。「波形の—を描く」

代々その家定め伝えられる家のしるし。紋所定紋(じょうもん)。「—のついた羽織


もん【紋・文】

〔名〕

模様。あや。

大和(947‐957頃)一五九「雲鳥のもんの綾をや染むべき」〔礼記‐楽記〕

古くから家々定めている、その家表わすとしての図柄紋所紋章

増鏡(1368‐76頃)一三萌黄下襲御家のもんのもかうを色々に織りたりしにや」

楊弓で当たった矢数を示すそろばん状の道具

楊弓射礼蓬矢追考(1688)紋の次第乳母の矢一つあたれば紋に二つに立つ」


あや【文・紋・綾・絢】

1⃣ 〔名〕

[一] (文・紋・綾)

① ななめに線が交錯している綾織り模様斜線模様また、一般物の面に現われさまざまな形、模様をいう。〔十巻本和名抄(934頃)〕

後撰(951‐953頃)春上・一一水の面(おも)にあや吹き乱る春風や池の氷を今日はとくらむ〈紀友則〉」

② (模様色彩美しさから) いろどり美しさ。見事さ。おもむき

読本昔話稲妻表紙(1806)三「頭(かしら)に似合振袖の、綾(アヤ)の小袖模様さへ」

金色夜叉(1897‐98)〈尾崎紅葉〉前「彼の整へる面(おもて)は如何なる麗はしき織物よりも文章(アヤ)ありて」

物事筋目条理理屈理由。→あやない

平中(965頃)二七「あなさがな。などて寝られざらむ。もし、あややある」

文章言葉のかざり。修辞いいまわし表現仕方

俳諧三冊子(1702)白双紙「ことば書、その書やう、和にならひなし。漢には其綾(あや)も有事となり」

(5) 音楽曲節ふしまわし節奏

俳諧筑波(1638)二「声のあやあくめもなひぞねり雲雀(ひばり)〈良徳〉」

(6) 木やのかたい筋。葉脈木目

石山寺本法経玄賛平安中期点(950頃)六「を折るに、其の木の理(アヤ)に随ふときには、柁に作れり」

(7) よごれ。汚点。しみ。→あや(文)が抜ける。

評判記野郎大仏師(1667‐68松本小太夫「座はいちとぜひなひきざし也お手おぼえずせっしゃうをするあや有」

(8) 両者の間に立って連絡をとる人。仲介人仲裁人とりもち役。

日葡辞書(1603‐04)「Ayani(アヤニ) ナル〈訳〉和合させるために、不和になっている人たちの間仲裁人となる」

(9) 長期にみた相場動きの中での特別な理由のない小さな変動。「あや押し」「あや戻し

[二] (綾・絢)

① 綾模様織り出した絹。綾織り絹地

万葉(8C後)九・一八〇七「錦(にしき)綾(あや)の 中につつめる 斎(いは)ひ児も 妹にしかめや」

② 「あやとり綾取)」の略。

雑俳柳多留‐三二(1805)「遣り手が綾いく度取って俣」

③ 「あやだけ綾竹)」の略。

④ 「あやおり綾織)④」の略。

2⃣ =あやのこうじ綾小路(一)


紋(もん)

の上部に、銘文添え刻する紋は、古く後鳥羽上皇が自らの作刀に記した菊紋菊御作)にみられるが、新刀期に入ってから紋を刻する刀工は増え、その種類急増した。井上真改伊賀守金道の菊紋康継葵紋主水正正清及び一平安代一葉葵紋幕末では烈公菊紋変わり菊紋あるいは時計紋ともいわれる)の他、枝菊紋裏菊紋・牡丹紋等、多くの紋がある。

紋(もん)

太刀拵装着されている鐔や縁頭等の金具高彫あるいは据文された紋は、所持者の家紋のみならず葵紋桐紋菊紋が多い。これは糸巻太刀拵天皇家や将軍家からの恩賞品として用いられたり、贈答品とされたことによるもの。金具類の紋の数は定められてはいないが、総計二十前後が最も多く、鞘に描かれた紋は奇数、また鞘には紋を入れない例も多い。

「紋」

作者黒島傳治

収載図書定本黒島傳治全集 第1巻 小説 1
出版社勉誠出版
刊行年月2001.7


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/03/08 02:20 UTC 版)




出典:『Wiktionary』 (2017/09/13 13:51 UTC 版)

発音

名詞

  1. モン模様
  2. モン紋所定紋家紋

発音

も↘ん

※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.



紋と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「紋」の関連用語

1
96% |||||


3
76% |||||

4
76% |||||


6
76% |||||

7
76% |||||

8
76% |||||

9
76% |||||

10
76% |||||

紋のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



紋のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
銀座長州屋銀座長州屋
Copyright (c)1998-2021 Ginza Choshuya Co.Ltd. All rights reserved
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの紋 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS