咲-Saki-の登場人物とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 咲-Saki-の登場人物の意味・解説 

咲-Saki-の登場人物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/11 07:40 UTC 版)

咲-Saki-の登場人物(さきのとうじょうじんぶつ)では、小林立漫画作品『咲-Saki-』及びそれを原作としたドラマCDテレビアニメ・ゲームの登場人物について解説する。




注釈

  1. ^ アニメではお菓子に変更されている。
  2. ^ それまでは出来ても崩していた。
  3. ^ 実はこの役が好きになった理由には姉の照が関係している。咲自身はそのことを自覚していないが、夢の中の過去の回想で明らかになっている。
  4. ^ 親リーに対しての槓や大明槓、加槓など
  5. ^ どちらも迷子になっているシーンである。
  6. ^ 当の本人はそれしかできなかったと語っているが靴下を脱ぐことを忘れていた。
  7. ^ 原作では個人戦の具体的な描写はなく、第57局でアニメ版のダイジェスト的に語られたのみである。
  8. ^ ただし、全国大会以降は左側をサイドアップしたヘアスタイルとなっており、右側にはリボンがない。
  9. ^ 作者の小林によれば、作品開始当初はJカップで、その後数カ月でKカップへと成長している。その際、B100ということも判明している(作者公式ホームページ2014年5月21日の記述より)。
  10. ^ のどっちが和であるのを知っているのは清澄麻雀部部員程度。ただ同じデジタル打ちの透華はほぼ看破している。
  11. ^ エトピリカになりたかったペンギン」という架空の絵本の主人公
  12. ^ 透華や憧など。
  13. ^ 久から警戒するよう伝えられてはいたものの、ほとんど気に留めていなかった。
  14. ^ アニメ版のみ合同合宿において2人が下の名前で呼び合うようになる経緯が描かれている
  15. ^ ペンや箸を左手で持つ描写が見える(麻雀は基本的に右手で打つのがマナーであるため、作中では分かりにくい)。
  16. ^ 逆にある程度の時間を置きすぎるとこの力が急激に低下減少する(いわゆるタコス切れ状態)。その為にタコスを常時補給する必要がある。なお、純正タコス以外の場合はこの力は実力(パワー)も持続力も実質純正時以下になる。
  17. ^ 大会前の注意事項の1つとして伝えられていたにもかかわらず、優希本人が聞いていなかったのが原因。
  18. ^ タコス切れによるモチベーションの低下も一因。
  19. ^ 清澄高校では「生徒会」ではなく「学生議会」と呼ぶ。
  20. ^ 久自身は、当時の福路のことはあまり覚えていない。
  21. ^ ただし、「半分くらいネタのつもりだった」とも発言している
  22. ^ ただし、藤田靖子によると「あの試合はアマもプロも本当に強いヤツは来てなかった」。
  23. ^ 県予選決勝大将前半戦の南三局と南四局の衣の打ち回しがその異常性を物語っている。
  24. ^ 今年の県予選決勝戦ではほぼ満月だが、昨年は県予選、インターハイ共に満月ではない。その他にも月齢、時間帯の条件が悪い中で圧倒的な描写を残している。
  25. ^ 加治木ゆみによると「去年の天江の牌譜を見る限り県予選では二度海底を和了っているが全国では一度も見せていない どちらかといえば高い手を直撃するタイプだったはず」
  26. ^ その後、エトペンのぬいぐるみ(の片翼の付け根)が破れてしまったが、ハギヨシに修理してもらい元の持ち主である和へ返した。
  27. ^ 麻雀において対局者を絶望させ自身が孤立してしまうほど強すぎる力を持っていた衣は、自身と対等に渡り合える存在を探していた。ゆえに衣は心のどこかで自身の敗北を望んでいた。
  28. ^ 一は「透華が衣の従姉妹なんだと痛感させられる」と評しており、この打ち方が一種の能力であることを示唆している。
  29. ^ この際に咲・衣両者の場の支配を完全に封じており、衣はその様子を治水と表現した。
  30. ^ かなり曖昧な表現であり、単行本第7巻時点では詳細は不明。
  31. ^ 一によると「去年の透華はバカヅキだったが、福路が他家をうまく使って抑えていた」。
  32. ^ この時既にダマで11600点が確定しており、本来なら闇聴にする場面だったが、「リーチをかけてなおかつ和了り、パーフェクトを阻止して和より目立つ」ためだけにわざわざリーチをかけ、控室の一に呆れられた。しかしその結果、本来親満だったのが親倍に跳ね上がっている。
  33. ^ 天江衣との初対局以前は月のマークだったが、その時のことを思い出すのが嫌で変更した。
  34. ^ 左目の色はブラウン、右目はブルー。
  35. ^ アニメ版ではパソコンを触ると暴走させ、ケーブルが暴れたり電撃が走ったりする描写がある。
  36. ^ 国士無双、四暗刻(単騎)、リーチ一発ツモタンヤオドラ9が各1回ずつ。
  37. ^ 原作をはじめとする漫画媒体ではふきだしの外に「ワハハ」と書かれる形で表現されている。アニメではセリフの最初に「ワハハ」と言っている。
  38. ^ シートベルトが付いていないモデルで雑誌掲載時はシートベルト無しで運転するシーンが描かれていたが、単行本ではシートベルトが描き足されていた。
  39. ^ 存在感の薄さを強調する演出として、原作では決勝副将戦前半終了時まで顔が登場するコマがない。また、アニメ版スペシャルサイトのキャラクター紹介ページではAdobe Flashを用いてキャラクター画像を蜃気楼のように表示していた。アニメ版では1対1で面と向かって会話をしていたはずのゆみがその会話の最中、唐突にモモの姿を見失った挙句背後から声をかけられて驚くなど極端な演出を施された場面が付け加えられた。
  40. ^ 警戒されないことにより、相手はリーチ宣言などの行動を見逃してしまう。
  41. ^ 一回戦で戦った裾花高校相手には南二局、決勝戦では前半戦南四局一本場までかかっている。
  42. ^ のどっち状態における和はゲーム画面として卓上を見ているため、前述したカメラを通した視点と同様の状態になる。
  43. ^ 前述しているように、そもそもゆみにスカウトされた理由がネット麻雀での実力を見こまれたからである。
  44. ^ 原作ではふきだしに隠れていたが、アニメ第14局にて判明。
  45. ^ アニメ版第8局の和の回想シーンより。
  46. ^ その際、列車の上り下りを何度も間違えてしまった結果、清澄の副将戦の途中で会場入りする羽目になった。
  47. ^ 一索を「けじらみ」と呼ぶ、タコスにタコは入っていないからとイカを入れるなど。
  48. ^ 原作第57局での藤田靖子のセリフによればプロ雀士。久保貴子は祖父は知っていたものの、数絵の存在は「驚き」と述べている。
  49. ^ ただし、この大将戦自体は咲が東福寺高校の大将を飛ばして勝利したと観客によって語られただけで、棟居本人は直接作品内には登場していない。靖子が持っていた資料の写真でのみ、その姿が確認出来る。
  50. ^ 麻雀部結成以前のエピソードなどでは阿知賀の制服を着ている場面もある。
  51. ^ 実写版ではジャージにスカートを着用している。これにより一部の特典などで実写にあわせたジャージ+スカート姿も描かれるようになっている。
  52. ^ ただし、彼女自身も姉に負けないほどの胸を持っている。
  53. ^ 麻雀牌34種のうち、 - の20種となる。
  54. ^ その一方で憧が「(奈良)県民未踏のベスト4」と発言しており、全国での成績は最高でもベスト8止まりとなっていることがわかる。
  55. ^ 憧によると「あたしは余裕(で合格)だけどしず(は合格できるか)大丈夫なの?」とのこと。
  56. ^ 暗槓した牌に裏が乗れば三倍満であったが、乗らなかったために跳満止まりだった。そのため仮に2位抜けを嫌わずに直撃で和了っていれば、チームは敗退しているところだった。
  57. ^ アニメ本編1期1クール目OP内で、当時2年生の宮永照、当時1年生の荒川憩、そして当時3年生の名前不明の選手(※原作第108局にて3年生であることが判明)と同卓している描写がある。
  58. ^ これらの中で、たびたび長ドスを引き抜いて斬りかかるイメージが現れている。
  59. ^ 第105局では雑誌掲載時はダヴィンとなっていたが、単行本ではダヴァンに修正されている。
  60. ^ そのため、唯一対局中に歌うことが許されている欧州選手権では圧倒的な強さを発揮したとのこと。
  61. ^ 役満の和了牌を食い取られる、親満確定を見て降りようとして跳満を当てられる、通常飛び出るはずの当たり牌を止められ、親倍を阻止される、等
  62. ^ 「サカルトヴェロ」はグルジア語(カルトリ語)、「グルジア」はロシア語に基づく国号である。
  63. ^ この際、和了るごとにグルジア語で1(エルティ)、2(オリ)、3(サミ)とカウントしている。
  64. ^ この時、發のみの手をわずか4巡で張っていたが、その時に2回も鳴いたことが皮肉にも南家のヴィルサラーゼの手を進める結果となってしまった。
  65. ^ 1回戦では「卯」と書かれており、2回戦でも「末」と書かれてしまった。しかし準決勝では活躍したため、口紅で花丸を書かれた。
  66. ^ 実は密かに家で二巡先を見る練習をしており、何度か意識を失ったりしながらも、ある程度は使いこなせるようになっていた。
  67. ^ 漫画版では着ているタンクトップに「千里山」の文字が入っているが、アニメでは入っていない。
  68. ^ 久からは桃子ほどではないが、一番オカルトと言われている。
  69. ^ 能力を増幅するために、トシのモノクルを着用している。
  70. ^ なお、チームメイトとの出会いの際、赤口という能力も利用している。
  71. ^ ただし、手牌全てが当たり牌となる時は無効。
  72. ^ 持ち手のところに算用数字で翻数が、その下に場(風(英字)-局―本の順。例えば東一局一本場なら「E-1-1」となる)が書かれている。姫子の手元に届く際には手のひらサイズだが、利用する際には彼女の身長と同程度まで巨大化する。
  73. ^ しかし、淡からはその実力を高く評価された。
  74. ^ 船久保の分析によると「満貫以上」
  75. ^ 準決勝では索子が集まっていたが、これ限定なのかは不明。
  76. ^ この時ヴィルサラーゼは爽が何か特殊なものを隠し持っていることを勘づいていただけで、その効能までは分かっていなかった。
  77. ^ そのため、事実上単なる阿知賀への嫌がらせになってしまった。
  78. ^ この時の当たり牌である一筒は前巡に八木原が捨てており、さらに上家の清水谷が筋の四筒を通していたため、致し方のない放銃ではあった。
  79. ^ 母親がアングロサクソン系の為。
  80. ^ 鳥瞰に目覚める前は片翼だったが、覚醒後は両翼となった。
  81. ^ シノハユの団体戦は本編・阿知賀編と異なり各ポジションごとに3万点持ちで点棒引き継ぎはなく、1位を3回取れば勝ち抜けとなる。
  82. ^ 千沙の中学時代、スパルタ教育で仲間が潰れてしまったことに起因する。
  83. ^ オーラス開始時点で、万原は総合点で湯町に6万点以上の差をつけており、無理に区間1位を狙わずとも、湯町の1位3回の可能性さえ潰せば大将戦で悠々と勝てる状況だった。
  84. ^ 八筒、六筒と切ってからの九筒単騎で引っかけたかと思えば、普通に三面張に受けるなど。
  85. ^ 全小の地区予選である松江こども麻雀大会は、江津から会場までの距離が小学生にとって遠すぎるため不参加だった。
  86. ^ 他家全員がそのように打っても、千尋の親を流せるチャンスは数局に一局程度。
  87. ^ 終了時の点数から逆算すると19本場まで連荘し、ギリギリまで削ってから親役満をツモったことになる。
  88. ^ 柚葉の勝ちへのこだわりと慕の強さを見誤っていたと、千尋は洞察している。
  89. ^ 4翻の手でリーチしても打点が伸びない可能性が高く、期待値的にはダマが良いとされる。
  90. ^ 唯一、南三局だけは慕の鳴き阻止よりも麻衣子の現物を優先して食い取られており、麻衣子に振ってでも慕を鳴かせなければ逃げ切れた可能性がある。
  91. ^ 曖奈に差し込んだ場合、点差は38500まで広がってしまい逆転勝利が遠のくため、やむを得ない選択ではあった。
  92. ^ 慕が全員テンパイを警戒してオリていれば、次巡で高目をツモりトップに立つところだった。
  93. ^ はやりには当たり牌を止められたが、佐知子の手はツモり四暗刻であり、三暗刻トイトイ直撃よりも大きな痛手を与えた。
  94. ^ 慕にとっては、一索を断固切らない柚葉を削るためにツモ和了る必要があり、トップをまくる前にツモでラスをトバす心配がないのは好都合だった。
  95. ^ 先鋒戦でチームメイトの依奈が混一色を和了った局では、柚葉に索子を三鳴きさせて清一色を張られていたので、菰沢の染め手気配を恐れるのも仕方ない話だった。
  96. ^ 咏がオリなければそのままツモられ、出和了りしなければ次巡で慕にツモられていたというきわどい状況であり、晴絵の情報が勝利の決め手となった。
  97. ^ 心が知代子を狙っていることに菜緒子は気付いたが、当の知代子が気付かずに振り込んだため、巻き込まれる形での敗退となった。

地名

  1. ^ 東京都江東区にある公園であり、自身の作品である『FATALIZER』にも登場する。
  2. ^ 2005年まであった旧東筑摩郡明科町で、現在の安曇野市の北東地区の公園の名。
  3. ^ 飯田市にある、または郵便局や高校など。実際の読み方は「ふうえつ」(コミック2巻カバー後面にて福路が着用しているエプロンに「Fuetsu」とプリントされている)または「かざこし」。なお、飯田風越郵便局の取扱局番号は「11111」である。
  4. ^ 長野市にある地名。鶴賀地区には長野市役所(鶴賀緑町)がある。
  5. ^ 上伊那郡飯島町にある駅名
  6. ^ 下水内郡栄村にある駅名
  7. ^ 飯田市にある地名。
  8. ^ 1966年まであった篠ノ井市の地名で、現在の長野市篠ノ井東福寺。
  9. ^ 千曲市
  10. ^ 吉野郡下市町北部にある地名。過去には同名の小学校も実在したが、2011年3月に下市小学校へ統合されている。
  11. ^ a b c 五條市の北端(御所市大淀町にも近い)にある神社の名。
  12. ^ a b 吉野郡吉野町の地名。
  13. ^ 橿原市にある同名の小学校・幼稚園から。
  14. ^ 東牟婁郡串本町にある地名、駅名和歌山県代表として団体戦に出場している。
  15. ^ 府中市の東端にある地名および駅名。なお、同じヤングガンガンにて連載されている「DUEL!」(藍井彬作)の舞台も白糸台高校である。
  16. ^ 江戸川区にある地名および同名の小学校。(※なお、江東区にも同名の小学校がある)
  17. ^ 大阪市阿倍野区同名の停留場があり、1973年まで同市西成区の町名に「姫松通」(現在の西成区玉出地域の一部)があった。住吉津の松原の美称「岸の姫松」に由来。
  18. ^ 吹田市にある駅名および地域。地理上での千里山地区は吹田市の中心部から西寄りにあたる。
  19. ^ 高槻市南部の地名。もともとは1955年まであった旧三島郡三箇牧村で、現在の高槻市玉川、唐崎、西面(さいめ)、三島江、柱本各地区にあたる。なお、現在の住居表示としての「三箇牧」は、府道16号線府道138号線が交差する西面交差点の南西側にあたる。
  20. ^ 霧島町の地名で、現在の霧島市霧島永水。地理上では霧島市東部に所在。なお、校名の読みは「えいすい」だが、住居表示上の読みは「(きりしま)ながみず」となっている。
  21. ^ 上閉伊郡宮守村で、現在の遠野市宮守町および同名の駅。地理上の旧宮守村地区は現在の遠野市西部地域にあたる。
  22. ^ 那覇市の地名。
  23. ^ 北九州市小倉南区にある地名。最寄り駅はJR日田彦山線石原町駅
  24. ^ 佐賀県小城市(旧小城郡牛津町)にある地名、及び同地にある遺跡。
  25. ^ 有珠郡壮瞥町にある活火山
  26. ^ 越谷市
  27. ^ 芦屋市北部にある地名。住居表示上は新字の「剣谷」と表記されることもある。
  28. ^ 耶麻郡北塩原村檜原にある小字。磐梯高原の別名称でもある。
  29. ^ 射水市
  30. ^ 1950年代まであった旧讃甘村で、現在の美作市東部にあたる地域。住居表示としては残っていないが、「讃甘」を冠した郵便局(美作市下庄町)や神社(美作市宮本)が現存している。
  31. ^ 呉市倉橋町にある字名および島の名。
  32. ^ 名古屋市千種区にある地名(覚王山通)および覚王山日泰寺を中心とした地域を指す。なお、覚王山通にある駅は池下駅であり、1駅東の覚王山駅は千種区末盛通にある。
  33. ^ 浜松市にある神社
  34. ^ 市川市にある地名
  35. ^ 茅野市にある公園。
  36. ^ 土浦市
  37. ^ 横浜市中区にある寺院および地名(妙香寺台)。
  38. ^ 新居浜市の西端にある地名および小学校、中学校。また、大生院女子は作中において、愛媛県代表として団体戦に出場しており、全国編での解説のさいに母校の1回戦敗退についても言及していた。
  39. ^ 松江市の東部の地名。
  40. ^ 松江市の中心部、松江城の北にある地名。
  41. ^ 1975年まであった旧芦品郡駅家町の地名で、現在の福山市駅家町万能倉。同所にはJR西日本の駅もある。
  42. ^ a b 松江市玉湯町の地名。宍道湖の南東に位置する。
  43. ^ a b 松江市美保関町の地名。平成4年(1992年)に同地の民家に隕石が落下している。
  44. ^ 松江市北部の日本海沿岸の地名。
  45. ^ 江津市にある池および公園。千尋の話に出てきた浅利富士(室神山)の東麗にある。
  46. ^ 益田市にある山。権現山とも呼ばれる。
  47. ^ 出雲市姫原町および出雲市姫原。JR山陰本線出雲市駅より北へ1kmにある地域。
  48. ^ 名護市の北部、屋我地島にある地名。
  49. ^ かつて琉球王国の王都として栄えた地域で、現在は那覇市首里地区となっている。
  50. ^ 横浜市中区にある地名。
  51. ^ 郡山市安積町。かつては安積郡が存在した。
  52. ^ 名古屋市東区にある地名。
  53. ^ 新潟市中央区にある地名。越後線白山駅付近。

出典

  1. ^ 咲-Saki- Characters
  2. ^ “「咲-Saki-」実写版で浜辺美波が主演、映画は2017年2月公開”. 映画ナタリー. (2016年10月27日). http://natalie.mu/eiga/news/207012 2016年10月27日閲覧。 
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s “実写版「咲-Saki-」原村和役のスパガ浅川梨奈ら、オールキャスト一挙解禁”. コミックナタリー. (2016年10月27日). http://natalie.mu/comic/news/207075 2016年10月27日閲覧。 
  4. ^ アニメスペシャルサイトの竹井 久のキャラクター紹介より。
  5. ^ 『ヤングガンガン』公式サイトに基づく。
  6. ^ a b c d 『咲-Saki- ラブじゃん♥ マホちゃんの必殺技完成!』 スクウェア・エニックス2010年
  7. ^ アニメスペシャルサイトの染谷まこのキャラクター紹介でも「広島弁」と明記されている。
  8. ^ アニメ版第20局より。
  9. ^ 『阿知賀』編単行本第4巻182pより。
  10. ^ a b c d “実写「咲」藤田プロは夏菜、風越のコーチは佐野ひなこ、ハギヨシは玉城裕規”. コミックナタリー. (2016年11月9日). http://natalie.mu/comic/news/208639 2016年11月9日閲覧。 
  11. ^ アニメ版第21局より。
  12. ^ 『本編』単行本第8巻78pより。
  13. ^ a b 『咲-Saki-Official Fan Book』 学研パブリッシング2009年
  14. ^ 『本編』単行本第2巻60pより。
  15. ^ 『阿知賀編』第2巻のカバー裏イラストより。
  16. ^ 『咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A OFFICIAL FANBOOK』より。
  17. ^ a b c d ヤングガンガン2013年12月20日号『咲-Saki-』第120局及びビッグガンガン2014年 Vol.01『咲日和』「愛宕の巻(2)」より
  18. ^ 『阿知賀編』単行本第5巻187pより。
  19. ^ 【3/20春分の日】AT-Xが日本橋ストリートフェスタに初参戦!”. AT-X (2012年3月9日). 2012年8月28日21:49閲覧。
  20. ^ 船久保浩子 キャスト変更のお知らせ”. 清澄高校麻雀部れんらく帳. テレビアニメ「咲-Saki-」シリーズ スペシャルサイト (2012年12月12日). 2012年12月13日11:24閲覧。
  21. ^ 『阿知賀編』単行本第2巻50pより。
  22. ^ 『本編』第11巻77pより。
  23. ^ 『阿知賀編』第1巻191pより。
  24. ^ 『本編』第9巻18pより。
  25. ^ a b 咲日和「宮守の巻2」のキャラクター紹介欄より。
  26. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 『咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A』アニメBD封入特典「プロ麻雀煎餅カード」での記述より。
  27. ^ 『本編』番外編 ふくよかにすこやかにより。
  28. ^ 『本編』単行本第8巻60-61pより。
  29. ^ 『阿知賀編』単行本第1巻48pより。
  30. ^ dreamscape(小林立公式サイト)2013年5月17日付の記述より。プロ麻雀煎餅カードに記載のあった長野県は誤植としている。
  31. ^ 獅子原爽にパウチカムイを使われて恥ずかしい姿を晒したくないため。
  32. ^ 『本編』単行本第7巻96pより。
  33. ^ a b c d 作者公式ホームページ2014年5月21日の記述より。
  34. ^ 作者公式ホームページ2015年2月25日の記述より(※なお、愛知県には「丹羽郡」(にわぐん)が存在している)。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「咲-Saki-の登場人物」の関連用語

咲-Saki-の登場人物のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



咲-Saki-の登場人物のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの咲-Saki-の登場人物 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS