ダービーマッチとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > ダービーマッチの意味・解説 

ダービー‐マッチ【derby match】

読み方:だーびーまっち

サッカーなどで、同一地域本拠地をおくチーム同士試合ダービー


ダービーマッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/27 16:44 UTC 版)

ダービーマッチ英語: Derby match)は、主にイギリスが発祥とされるフットボールサッカー)などの球技スポーツで広く使われている、ある共通の条件を持つクラブチーム同士の試合を指す言葉である。


  1. ^ ベン・メイブリー (2012年9月25日). “ベン・メイブリーの英国談義:「ナショナルダービー」?”. Goal.com. 2012年11月24日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao ap aq ar as at au av aw ax ay az ba bb bc bd be bf bg bh bi bj bk bl bm bn Classic Rivalries”. FIFA.com. 2012年11月10日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年3月17日閲覧。
  3. ^ バーミンガムが、ロンドンに次いでイングランド第2の人口を抱える都市であることから、「セカンド・シティ・ダービー」 (Second City derby) の異名がある。
  4. ^ ロンドンの中でも地域的に近く、労働者階級のサポーターの多いウェストハムとミルウォールのダービーは、荒れることが多く、フーリガンが大暴れすることでも有名。
  5. ^ ロンドンに在籍するクラブチームの中で、人気が高く実力が均衡したチーム同士の対決。激しいながらもクリーンな、好ゲームになるケースが多い。
  6. ^ ウェールズのリーグには参加しておらず、イングランドのリーグに越境参加しているクラブで、イングランドの最上位リーグでプレイしたウェールズのクラブはカーディフ・シティと、そのライバルのスウォンジ・シティの2クラブのみ。
  7. ^ スコットランド北東部の海岸沿いに位置する都市のクラブ同士の対戦。圧倒的な強さを誇るオールドファームの2チーム以外で、過去30年で最も成功しているチーム同士の対決であることから、ニューファームと呼ばれるようになった。
  8. ^ 「リンフィールド 対 グレントラン」の試合はベルファストBIG2ダービーと呼ばれる。「クリフトンビル 対 クルセイダース」の試合はノースベルファストダービーと呼ばれている。
  9. ^ 主にレアル・マドリードとアトレティコ・マドリードの対戦を指す。
  10. ^ 「アンダルシア・ダービー」は、スペイン語でそういった呼び名が無いことから、英国のメディアによる造語であると思われる。
  11. ^ 仲の良いダービー。お互いのサポーターが肩を組んで応援している珍しい試合で、バスク人の団結力を示している。
  12. ^ バレンシア市内にあるバレンシアとレバンテは以前からバレンシアダービーと呼ばれていたが、近年のビジャレアルの躍進によりバレンシアとビジャレアルの試合をバレンシア州ダービーと呼ぶようになった。
  13. ^ 最も盛り上がるのは「スポルティングCP 対 SLベンフィカ」の試合。
  14. ^ 2002-03UEFAチャンピオンズリーグ準決勝戦での対戦では「ユーロダービー」とも呼ばれた。伝統的にインテルは中産階級・富裕層や左翼にサポーターが多く、ミランは右翼・労働者階級に支持者を抱えるとされる。
  15. ^ 首都ローマ市内と労働者階級に支持を集めるローマと、保守系のラツィオが対決。カルチョ4大ダービーの中で最も熱狂度が高い。ラツィオの方が先に設立しているが、成績面においては(タイトル数や過去対戦成績も含めて)ローマに大きく水を上げられている。更にローマは、リーグ11連勝(2005-06シーズン、当時のセリエA新記録)とリーグ24戦無敗(2009-10シーズン)のクラブレコードをこのカードで樹立している。
  16. ^ 全国レベルでの人気を誇り、国際的にも有名なユヴェントスと、地元で絶対的な人気を誇るトリノFCが対決。
  17. ^ スクデット9回獲得の古豪ジェノアは労働者層、サンプドリアは中産・富裕層に支持を集める。
  18. ^ ナントは歴史的なブルターニュ地方の都市で、かつてはレンヌとともに首都であったが、現在はレンヌとは違いロワール=アトランティック県に属している。
  19. ^ 「スパルタ・プラハ 対 スラビア・プラハ」の試合はプラハ“S”ダービーと呼ばれる。プラハ市内の同じ地区を本拠地とする「スラヴィア・プラハ 対 ボヘミアンズ1905」の試合はブルショビツェダービーと呼ばれている。
  20. ^ “聖戦”とも呼ばれている。
  21. ^ 古くから伝統があるのは「ディナモ・モスクワ 対 スパルタク・モスクワ」のみ。
  22. ^ 伝統的なダービーマッチはレッドスター・ベオグラードとパルチザン・ベオグラードのヴェチティ・デルビのみ。
  23. ^ 最も盛り上がるのは「フェレンツヴァーロシュTC 対 ウーイペシュト」と「フェレンツヴァーロシュTC 対 MTKハンガリア」の試合。
  24. ^ 古くから伝統があるのは「レフスキ・ソフィア 対 CSKAソフィア」のみ。
  25. ^ ボテフ・プロヴディフとロコモティフ・プロヴディフの両クラブともにブルガリアの最上位リーグの常連であり、両チーム間のライバル意識は、ソフィアを本拠地とするレフスキ・ソフィアとCSKAソフィアのダービーよりも激しいと言われている。。
  26. ^ 主にFKサラエヴォとFKジェリェズニチャルの対戦を指す。
  27. ^ イスタンブールに本拠を置くクラブには他にもイスタンブール・バシャクシェヒルFKカスムパシャSKがあるが、歴史や実績の違いから、これらのクラブが先の3クラブと対戦しても、ダービーの範疇には入れられないことが多い。
  28. ^ 1948年、クラブ内でギリシャ内戦への政治的立場をめぐる対立が起こり、APOELを追放された左翼主義者たちは後に最大のライバルとなるオモニア・ニコシアを創設。2010-2011シーズン時点で、国内最多の優勝回数(20回)で並ぶAPOELとオモニアの対決は、国中の注目を集める伝統の一戦。
  29. ^ コリチーバFCとアトレチコ・パラナエンセとの対戦はアトレチバ (Atletiba) 、コリチーバFCとパラナ・クルーベとの対戦はパラチバ (Paratiba) と呼ばれる。
  30. ^ ブエノスアイレスのボエド地区を本拠地とするサン・ロレンソと、この地区に隣接するパルケ・パトリシオス地区のウラカンの対戦。この対戦と他のブエノスアイレスのクラブとの対戦がクラシコ(ダービーマッチ)として扱われる。
  31. ^ ブエノスアイレスの西部に本拠地を構えるチーム同士の対戦。この対戦と他のブエノスアイレスのクラブとの対戦がクラシコ(ダービーマッチ)として扱われる。
  32. ^ 「クルブ・アメリカ 対 UNAMプーマス」の試合はクラシコ・カピタリーノ(首都ダービー)と呼ばれ、「クルブ・アメリカ 対 クルス・アスル」の試合はクラシコ・ホベン(若いダービー)と呼ばれている。
  33. ^ 主にピルズィ(ペルセポリス)とエステグラルの対戦を指す。
  34. ^ 「FCポルト 対 スポルティングCP」の試合もクラシコと呼ばれるが、主に「FCポルト 対 SLベンフィカ」の試合を指す。
  35. ^ セリエAで唯一、インテルとユヴェントスの2チームが一度もセリエBに降格した事がこれまでなかった事も「イタリアダービー」と呼ばれる由縁だった。しかし、2006年に発覚したカルチョ・スキャンダルによりユヴェントスがスクテッドを剥奪され、それに加えて勝ち点-9のペナルティでセリエBへと降格する事になった。その影響で当初は最終順位が3位だったインテルが2005-06シーズンの繰り上げ優勝となった。なお、イタリアダービーは「一度も降格経験がない2チームだから」というのは俗説で、本当はイタリアの有名なジャーナリストのジャンニ・ブレラがインテルが1965-66シーズンに10回目のスクデットを獲得してラ・ステッラを付けられる2番目のチームになったとき(ちなみにその当時ミランは8回のスクデットで10回目を獲得するのは1978-79シーズンのこと)に「この常に優勝争いをしている2チームの対戦がイタリアのナショナルダービー」と言ったことから名付けられた。ちなみにこの当時はミランとボローニャも降格経験がなかった。(ミランは1979-80、ボローニャは1981-82シーズンが初降格)
  36. ^ デ・クラシケル』はアヤックスとフェイエノールトの対戦を指すが、『ナショナル・ダービー』はPSVを含む?
  37. ^ ボルシア・ドルトムントが1990年代にドイツ代表選手を次々に補強し、「バイエルンの最大のライバル」と呼ばれるようになったことに由来している。
  38. ^ デンマークで最も成功している2チームの試合。スコットランドのオールドファームに倣い、呼ばれるようになった。
  39. ^ 1934 FIFAワールドカップ(W杯イタリア大会)と1950 FIFAワールドカップ(W杯ブラジル大会)では両国が予選の同グループに組み込まれ、いずれもスペインが本大会に出場した。
  40. ^ 別名「ベネルクスダービー」とも呼ばれ、両国共に自国の国土が海面より陸地が低い「低地国」同士。また、オランダはベルギーの旧支配国という因縁もある。攻撃的で、アクの強い選手の多いオランダに対し、ベルギーはまとまりと守備力をベースとしたチーム作りが目立つなど対照的。国際舞台での実績はW杯準優勝2回、欧州選手権優勝1回のオランダが上だが、W杯の出場回数はベルギーの方が多い。
  41. ^ 特にイングランドと他の3カ国が戦う場合が盛り上がる。ちなみに、「イングランド 対 スコットランド」は1872年に初戦が行われた世界最古のナショナルチーム同士の対戦である。
  42. ^ W杯ドイツ大会の決勝戦を始めとする数々の因縁から。
  43. ^ a b W杯で最も対戦回数が多いカード。
  44. ^ 両国にはチェコがまだチェコスロバキアだった頃からの因縁があり、W杯の欧州大陸予選からEURO 欧州選手権の予選や本大会で幾度と無く対戦している。ただ、両国ともに「ドイツ」という共通の宿敵もいる。(オランダはW杯西ドイツ大会の決勝戦で、チェコはEURO96の決勝戦で共にドイツから敗れている。)
  45. ^ 旧ユーゴ分裂などの因縁から。最近ではユーロ2000予選で同組となり、直接対決は2試合とも引き分けている。
  46. ^ 諸説あるもののエルサルバドル・ホンジュラス両国の政治的背景や緊張により1970 FIFAワールドカップ・予選を端に戦争や国交断絶を引き起こすなど両国の対戦における両国民の思いは激しく熱い。サッカー戦争の詳細はサッカー戦争の項を参照。
  47. ^ 歴史的な背景から2ヵ国に分断されている国同士の対戦である。なお、韓国側では北朝鮮側に対しては「同じ民族(同胞)」という事から比較的親近感を持って迎え入れているが、北朝鮮側は政治的な背景もあって闘争心むき出しで対戦する場合が多い。ちなみに、2010 FIFAワールドカップ本大会出場を賭けた2010 FIFAワールドカップ・アジア予選では最終予選で同グループに入り、両国共に本大会出場権を獲得した。
  48. ^ 隣国同士であることや歴史的な遺恨から、アジア大陸地区の中でも白熱したカードの一つである。近年では韓国代表の選手の多くが日本のJリーグでプレーし、クラブの同僚が代表戦で対決する場合もある。
  49. ^ 歴史的な遺恨が色濃く反映される対戦であるが、近年は中国側の悪質なプレーが問題にもなっている対戦である。
  50. ^ 日本政府は北朝鮮による日本人拉致問題核問題の解決を求め、北朝鮮政府は日本による植民地統治への謝罪や経済支援を求める政治的な緊張関係により、両国間の国交は未だなく、スポーツ以外の部分で大変に注目されやすい対戦である。2014 FIFAワールドカップ(W杯ブラジル大会)ではアジア3次予選で対戦し、両国代表チームの相手国への入国や国内活動に際し強い規制がかけられた事に相互から問題提起された。
  51. ^ W杯ドイツ大会のグループリーグ初戦でオセアニア代表として出場したオーストラリアと対戦し、終了間際に3失点喫して逆転負けをした因縁がある対戦。
  52. ^ 両国は地理的に隣接している。また、イラン・イラク戦争の歴史的な遺恨もある。
  53. ^ 両国は地理的に隣接している。また、印パ戦争の歴史的な遺恨もある。
  54. ^ 元々は1982年に勃発したフォークランド紛争の歴史的遺恨から由来する。その一方で、W杯フランス大会では決勝トーナメントの1回戦でイングランド代表主将(当時)のデビッド・ベッカムがアルゼンチン代表(当時)のディエゴ・シメオネが仕掛けた挑発に報復して一発退場処分になり、イングランドもアルゼンチンにPK戦(4-3)で敗れてベスト16に終わった。しかし、その4年後のW杯日韓大会では再び本大会のグループリーグ(グループF)で両者が対戦する事となり、ベッカムがPKを決めてイングランドが1-0でアルゼンチンに勝利した。また、アルゼンチン代表(当時)のディエゴ・マラドーナにまつわる最も有名な逸話である「5人抜きドリブル」や「神の手ゴール」はW杯メキシコ大会の準々決勝、対イングランド戦で起こった。
  55. ^ 湾岸戦争イラク戦争があった経緯から現在も国交が断絶している。
  56. ^ W杯歴代優勝国同士で最も対戦回数が多いカード。


「ダービーマッチ」の続きの解説一覧

ダービーマッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/22 16:37 UTC 版)

上海申花足球倶楽部」の記事における「ダービーマッチ」の解説

同じ上海に本拠地を置く上海海港との対戦上海ダービーとなる。

※この「ダービーマッチ」の解説は、「上海申花足球倶楽部」の解説の一部です。
「ダービーマッチ」を含む「上海申花足球倶楽部」の記事については、「上海申花足球倶楽部」の概要を参照ください。


ダービーマッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/06 21:38 UTC 版)

トッテナム・ホットスパーFC」の記事における「ダービーマッチ」の解説

同じ北ロンドン本拠構えクラブ同士としてアーセナルとは激しライバル関係にあり、サポーター同士いがみ合い強く両者間に争いごと絶えない。それをよく象徴するのがかつて同クラブ移籍したソル・キャンベルに対してトッテナムファンがユダ呼んだという出来事である。両チーム対戦ノース・ロンドン・ダービー呼ばれマンチェスター・ダービーマージーサイド・ダービー並びリーグ三大ダービー一つ数えられている。同じロンドン本拠地とするチェルシーウェストハム・ユナイテッドとの対戦ロンドン・ダービー一つである。

※この「ダービーマッチ」の解説は、「トッテナム・ホットスパーFC」の解説の一部です。
「ダービーマッチ」を含む「トッテナム・ホットスパーFC」の記事については、「トッテナム・ホットスパーFC」の概要を参照ください。


ダービーマッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/11 08:19 UTC 版)

サウサンプトンFC」の記事における「ダービーマッチ」の解説

サウサンプトンからわずか17マイル(約27km)の位置本拠地構えポーツマスとは、その距離の近さいずれも港町であるということからライバル関係にある。ポーツマスとの一戦は「サウスコースト・ダービー(South Coast derby、ハンプシャー・ダービー)」と呼ばれ過去71回の対戦サウサンプトン352115引き分け2019年現在となっている。直近の対戦は、2019年9月フラットン・パーク行われたアウェイゲーム(カラバオ・カップ)で4-0勝利を収めた

※この「ダービーマッチ」の解説は、「サウサンプトンFC」の解説の一部です。
「ダービーマッチ」を含む「サウサンプトンFC」の記事については、「サウサンプトンFC」の概要を参照ください。


ダービーマッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/14 09:01 UTC 版)

浦和レッドダイヤモンズ」の記事における「ダービーマッチ」の解説

ナショナルダービーvsガンバ大阪国内突出したJリーグクラブ同士対戦さいたまダービーvs大宮アルディージャ埼玉県さいたま市ホームタウンとするJリーグクラブ同士対戦

※この「ダービーマッチ」の解説は、「浦和レッドダイヤモンズ」の解説の一部です。
「ダービーマッチ」を含む「浦和レッドダイヤモンズ」の記事については、「浦和レッドダイヤモンズ」の概要を参照ください。


ダービーマッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/12 02:05 UTC 版)

アーセナルFC」の記事における「ダービーマッチ」の解説

同じ北ロンドン本拠構えクラブ同士としてトッテナム・ホットスパーとは激しライバル関係にあり、サポーター同士いがみ合い強く両者間に争いごと絶えない。それをよく象徴するのがかつて同クラブから移籍してきたソル・キャンベルに対してトッテナムファンがユダ呼んだという出来事である。両チーム対戦ノース・ロンドン・ダービー呼ばれマンチェスター・ダービーマージーサイド・ダービー並びリーグ三大ダービー一つ数える。アーセナルトッテナムに通成績大きく上回っている。 また同じく長い歴史伝統を持っているマンチェスター・ユナイテッドとも互いに強いライバル意識を持っていると言われている。 詳細は「アーセナルFC対マンチェスター・ユナイテッドFCを参照

※この「ダービーマッチ」の解説は、「アーセナルFC」の解説の一部です。
「ダービーマッチ」を含む「アーセナルFC」の記事については、「アーセナルFC」の概要を参照ください。


ダービーマッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/12 19:44 UTC 版)

リヴァプールFC」の記事における「ダービーマッチ」の解説

マンチェスター・ユナイテッドとは昔からライバル関係にあり、ノースウェスト・ダービー(あるいはイングランド・ダービーナショナル・ダービー)と呼ばれる伝統の一戦を通じて白熱した試合繰り広げる。イングランドサッカーを引っ張チーム同士対戦あるためサポーター試合前から歌歌い士気高めている。選手同士もこの試合に関してはとても熱く過去にリオ・ファーディナンドピーター・クラウチ乱闘寸前劇や、ガリー・ネヴィルのリヴァプールファンへの挑発などが見られた。またリヴァプール出身ライバルエヴァートンからマンチェスター・ユナイテッド移籍したウェイン・ルーニーへのブーイングなども見られ好ゲームが多い。 2004年ラファエル・ベニテス監督に就任して以来リーグ戦マンチェスター・ユナイテッド勝利を挙げたことがなかったが、2008-09シーズンの第4節ホーム逆転勝利挙げると、アウェイでも快勝した。 同じマージーサイド州リヴァプール本拠を置くエヴァートンFCライバル関係にある。両クラブ試合マージーサイド・ダービー呼ばれマンチェスター・ダービーノース・ロンドン・ダービータイン・ウェア・ダービーなどと並びイングランドでも最も盛り上がるダービーマッチの一つである。

※この「ダービーマッチ」の解説は、「リヴァプールFC」の解説の一部です。
「ダービーマッチ」を含む「リヴァプールFC」の記事については、「リヴァプールFC」の概要を参照ください。


ダービーマッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/09 08:37 UTC 版)

上海上港集団足球倶楽部」の記事における「ダービーマッチ」の解説

同じ上海に本拠地を置く上海申花との対戦上海ダービーとなる。

※この「ダービーマッチ」の解説は、「上海上港集団足球倶楽部」の解説の一部です。
「ダービーマッチ」を含む「上海上港集団足球倶楽部」の記事については、「上海上港集団足球倶楽部」の概要を参照ください。


ダービーマッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/29 16:04 UTC 版)

上海海港足球倶楽部」の記事における「ダービーマッチ」の解説

同じ上海に本拠地を置く上海申花との対戦上海ダービーとなる。

※この「ダービーマッチ」の解説は、「上海海港足球倶楽部」の解説の一部です。
「ダービーマッチ」を含む「上海海港足球倶楽部」の記事については、「上海海港足球倶楽部」の概要を参照ください。


ダービーマッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/31 23:30 UTC 版)

メルボルン・シティFC」の記事における「ダービーマッチ」の解説

同じメルボルン本拠地とするメルボルン・ビクトリーFCとは「ダービー」を演じライバル関係

※この「ダービーマッチ」の解説は、「メルボルン・シティFC」の解説の一部です。
「ダービーマッチ」を含む「メルボルン・シティFC」の記事については、「メルボルン・シティFC」の概要を参照ください。


ダービーマッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/07 16:42 UTC 版)

広州足球倶楽部」の記事における「ダービーマッチ」の解説

同じ広州本拠地を置く広州城との対戦広州ダービーとなる。

※この「ダービーマッチ」の解説は、「広州足球倶楽部」の解説の一部です。
「ダービーマッチ」を含む「広州足球倶楽部」の記事については、「広州足球倶楽部」の概要を参照ください。


ダービーマッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/30 22:04 UTC 版)

香港飛馬足球隊」の記事における「ダービーマッチ」の解説

大埔太陽飛馬2000年代入ってから発足した地域密着型クラブで、大埔大埔区の、太陽飛馬元朗区の代表である。両チーム共に新界ホームタウンしている事から「新界ダービー」と呼ばれている。

※この「ダービーマッチ」の解説は、「香港飛馬足球隊」の解説の一部です。
「ダービーマッチ」を含む「香港飛馬足球隊」の記事については、「香港飛馬足球隊」の概要を参照ください。


ダービーマッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/05 13:54 UTC 版)

広州城足球倶楽部」の記事における「ダービーマッチ」の解説

同じ広州本拠地を置く広州足球倶楽部との対戦広州ダービーとなる。

※この「ダービーマッチ」の解説は、「広州城足球倶楽部」の解説の一部です。
「ダービーマッチ」を含む「広州城足球倶楽部」の記事については、「広州城足球倶楽部」の概要を参照ください。


ダービーマッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/14 09:00 UTC 版)

鹿島アントラーズ」の記事における「ダービーマッチ」の解説

茨城ダービーvs水戸ホーリーホック茨城県のJリーグクラブ同士対戦初の公式戦2004年11月13日茨城県民の日)の天皇杯4回戦で、水戸ホームである笠松運動公園陸上競技場対戦し13,393人が来場した。また、2005年提携を結び、いばらきサッカーフェスティバルプレシーズンマッチ)としてシーズン開幕前に対戦している。なおスタジアム毎年交互となっている。

※この「ダービーマッチ」の解説は、「鹿島アントラーズ」の解説の一部です。
「ダービーマッチ」を含む「鹿島アントラーズ」の記事については、「鹿島アントラーズ」の概要を参照ください。


ダービーマッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/10 17:12 UTC 版)

チェルシーFC」の記事における「ダービーマッチ」の解説

同じ西ロンドン本拠を置くフラムQPRとはライバル関係にあり、両クラブ試合ウェスト・ロンドン・ダービー呼ばれるマンチェスター・ダービーノース・ロンドン・ダービータイン・ウェア・ダービーなどと並ぶダービーマッチの一つである。上位争っているアーセナルとの戦いビッグロンドン・ダービー呼ばれる。 特にフラムとの縁は深く1905年チェルシークラブ創設以来続いているスタンフォード・ブリッジフラム本拠地として使用依頼を受けていたものの、金銭面折り合いがつかず拒絶されたことにある。その結果宙に浮いたスタジアム有効利用のためにスタジアムオーナーは自ら「チェルシーFCという名の新しクラブ立ち上げた経緯がある。

※この「ダービーマッチ」の解説は、「チェルシーFC」の解説の一部です。
「ダービーマッチ」を含む「チェルシーFC」の記事については、「チェルシーFC」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ダービーマッチ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ダービーマッチのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ダービーマッチのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのダービーマッチ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの上海申花足球倶楽部 (改訂履歴)、トッテナム・ホットスパーFC (改訂履歴)、サウサンプトンFC (改訂履歴)、浦和レッドダイヤモンズ (改訂履歴)、アーセナルFC (改訂履歴)、リヴァプールFC (改訂履歴)、上海上港集団足球倶楽部 (改訂履歴)、上海海港足球倶楽部 (改訂履歴)、メルボルン・シティFC (改訂履歴)、広州足球倶楽部 (改訂履歴)、香港飛馬足球隊 (改訂履歴)、広州城足球倶楽部 (改訂履歴)、鹿島アントラーズ (改訂履歴)、チェルシーFC (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS