国家体制とは? わかりやすく解説

政治体制

(国家体制 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/23 08:50 UTC 版)

政治体制(せいじたいせい)とは、ある国家における政治的諸制度の総体のことを指す。


  1. ^ 山口定『政治体制』東京大学出版会、1989年、13頁。
  2. ^ 阿部斉内田満編『現代政治学小辞典』、1978年
  3. ^ 高橋昌二「資本主義と社会主義は収斂するか」秋元律郎他編『政治社会学入門─市民デモクラシーの条件』有斐閣、1980年、280頁。


「政治体制」の続きの解説一覧

国家体制

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/10 03:24 UTC 版)

アッシリア」の記事における「国家体制」の解説

アッシリア制度上の君主神格化され国土、あるいは主邑であるアッシュル神で、人間君主アッシュル副王名乗った伝統的なアッシリアの国家体制の中核機関はアールムと呼ばれた市民会であり、国家運営重要事項をここで審議決定し、この決定母国から遠く離れたアナトリア半島などの商業拠点植民市にも伝えられた。アールムの議長務めたと考えられる公職リンムがあり、毎年アッシュル市の有力者中からリンム選ばれ年代記録その年リンム職の人物の名前をもって行った。この紀年法は、その年コンスル職の人名をもってした古代ローマ制度に似ている。アッシリア歴史初期にはアッシリア王アッシュル副王)の権力はアールムとリンムによって制限されたものであった。アールムとリンム職務についた施設が「市の館」で、行政上署名捺印用いられる市の館の円筒印章アッシュル神の印章をも兼ねており、アールムとリンム伝統的に所持した権威がここにもうかがえる。やがて王権拡大と共に王がリンム兼ねることも行われるようになってアッシリア王強大な権力振るうようになり、アールムとリンム権限形骸化したが、この制度自体ローマ帝国時代にもコンスル元老院制度維持し続けた古代ローマと同様に、大帝国発展した新アッシリア王国期を経てアッシリア滅亡まで維持された。

※この「国家体制」の解説は、「アッシリア」の解説の一部です。
「国家体制」を含む「アッシリア」の記事については、「アッシリア」の概要を参照ください。


国家体制

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 07:50 UTC 版)

日本経済団体連合会」の記事における「国家体制」の解説

憲法改正道州制導入10程度道州再編

※この「国家体制」の解説は、「日本経済団体連合会」の解説の一部です。
「国家体制」を含む「日本経済団体連合会」の記事については、「日本経済団体連合会」の概要を参照ください。


国家体制

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/16 07:58 UTC 版)

白色彗星帝国」の記事における「国家体制」の解説

ズォーダー大帝頂点とし、人工都市である白色彗星本星とする帝政国家特定のモチーフとなる国は存在せずキャラクター名世界各国提督の名や武器の名をもじったものとなっている。 白色彗星によって宇宙旅し進路上の星々破壊侵略することで植民地としている。『ヤマト2』の劇中ではアンドロメダ星雲手中に収めたと語られており、次の目標として銀河系定め、その足掛かりとして地球侵略乗り出した国難回避目的ではなく、ガトランティスこそが全宇宙覇権を握るべきであるという思想基づいた侵略であり、ガトランティス人以外の種族には、「生存降伏」か「破滅=死」かの二択迫り、『さらば』の劇中では植民地となった惑星原住民強制労働駆り出され少しでも休むと銃で撃たれるなど、消耗品同然の扱いされているその一方、『ヤマト2』第15話晩餐会では将官下士官平等に扱われており(デスラー拘禁中であるにもかかわらずタランまで招待されていた)、側を歩いているズォーダー誰も敬礼すらしておらず、ガトランチス(ガトランティス)人の間で階級制度身分制度厳しいという描写はなされていない

※この「国家体制」の解説は、「白色彗星帝国」の解説の一部です。
「国家体制」を含む「白色彗星帝国」の記事については、「白色彗星帝国」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「国家体制」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「国家体制」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「国家体制」の関連用語

国家体制のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



国家体制のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの政治体制 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのアッシリア (改訂履歴)、日本経済団体連合会 (改訂履歴)、白色彗星帝国 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS