XXXとは? わかりやすく解説

XXX

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/02 23:56 UTC 版)

XXXまたはxxx




「XXX」の続きの解説一覧

X X X

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/30 16:19 UTC 版)

X X X」(キス・キス・キス)は、日本のロックバンドL'Arc〜en〜Cielの38枚目のシングル2011年10月12日発売。発売元はKi/oon Records


  1. ^ ゴールドディスク認定 2011年10月 - 日本レコード協会
  2. ^ ダウンロード認定 2014年1月 - 日本レコード協会
  3. ^ a b 著者:寶井秀人『THE HYDE』、p.6、ソニー・マガジンズ、2012年1月29日
  4. ^ a b c d e f g h i シングル『X X X』インタビュー(hydeインタビュー)
  5. ^ A Debut in New York, 20 Years in the Making- The New York Times
  6. ^ a b c d 『フライデー』でL’Arc~en~Cielまさかの熱愛スクープ!? 実は新曲プロモーション - AdverTimes
  7. ^ CD&DLでーた』2011年9・10月号「tetsuya's PRESS」tetsuyaコメントより
  8. ^ a b シングル『X X X』インタビュー(tetsuyaインタビュー)
  9. ^ 現メンバーがシングルのジャケットとなるのは「Link」の初回仕様限定盤を含めば2回目。また、配信限定シングル「I Love Rock'n Roll」を含めば3回目。
  10. ^ ラルク新曲3年半ぶり首位
  11. ^ BUTTERFLY<通常盤>- TOWER RECORDS ONLINE
  12. ^ 著者:寶井秀人『THE HYDE』、p.7、ソニー・マガジンズ、2012年1月29日
  13. ^ FM802系ラジオ番組『REDNIQS2012年2月12日放送分
  14. ^ シングル『X X X』インタビュー(yukihiroインタビュー)
  15. ^ ミュージックビデオサーチ - X X X - SPACE SHOWER TV


「X X X」の続きの解説一覧

.xxx

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/29 23:19 UTC 版)

.xxxは2011年にIFFORにより認可されたインターネットポルノ向けのトップレベルドメイン[1]




  1. ^ International Foundation for Online Responsibility”. Iffor.org. 2011年3月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年3月21日閲覧。
  2. ^ Previous post Next post (2011年3月19日). “ICANN Approves .XXX Red-Light District For The Internet | Epicenter”. Wired. オリジナルの2011年3月22日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110322164758/http://www.wired.com/epicenter/2011/03/icann-approves-xxx/ 2011年3月21日閲覧。 
  3. ^ MSNBC: Agency votes against '.xxx' domain for porn. Retrieved 11 July 2007.
  4. ^ ICANN Board – dot xxx decision – March 18, 2011”. Wwwhatsup (2011年3月20日). 2011年3月21日閲覧。
  5. ^ XDnet Web Hosting Blog » Blog Archive » .XXX – What’s it all about?”. Xdnet.co.uk (2011年7月27日). 2011年11月11日閲覧。


「.xxx」の続きの解説一覧

XXX

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/02 17:31 UTC 版)

魔王様、リトライ!」の記事における「XXX」の解説

極東都市 魔都」のプレイヤーGAMEには参加しなかった。

※この「XXX」の解説は、「魔王様、リトライ!」の解説の一部です。
「XXX」を含む「魔王様、リトライ!」の記事については、「魔王様、リトライ!」の概要を参照ください。


XXX

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/12 02:40 UTC 版)

デストロイヤー (釣り竿)」の記事における「XXX」の解説

2018年、メガバスアメリカより米国モデルとしてOrochi XXの名称で発売された。

※この「XXX」の解説は、「デストロイヤー (釣り竿)」の解説の一部です。
「XXX」を含む「デストロイヤー (釣り竿)」の記事については、「デストロイヤー (釣り竿)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「XXX」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「X X X」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

XXXのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



XXXのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
拡張子辞典拡張子辞典
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ.xxxの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのXXX (改訂履歴)、X X X (改訂履歴)、.xxx (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの魔王様、リトライ! (改訂履歴)、デストロイヤー (釣り竿) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS